fc2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

マツダ・ディーゼル第2弾=「TAKERI」=次期アテンザ=CX-5以上の燃費!

以前、東京モーターショー周りの記事でご紹介した、
マツダのコンセプトカー「TAKERI」ですが、
その概要をご紹介します。

「TAKERI」は、
CX-5に搭載されたクリーンディーゼル「SKY-D」搭載第2弾。
さらに、エネルギー回生ブレーキシステム「i-ELOOP」が初搭載されます。

今回、
・注目の燃費性能(なんと、CX-5以上!!!)
・発売時期
が明らかになっています。
そして、「TKAERI」はMAZDA6=次期アテンザとして発売されることが明言されています。

マツダ「新型アテンザ」の最新記事をご覧になりたい方は、
特別編集:マツダ「新型アテンザ」の【最新記事】一覧

注目の内容は、「続き」をご覧下さい。
※出展はAUTOCAR

sponsored link


続報)マツダが公式画像を公開!全体像がはっきりと!
マツダ「新型アテンザ」公式画像がついに公開!変なラインが・・・

マツダが考える内燃機関の将来

カー・メーカーの多くがEVあるいはハイブリッドカー戦略に着手しているが、マツダはガソリンとディーゼルにも生き残る道があると固く決心しているようだ。
タケリ・コンセプトは、鼓動というデザイン言語が具現化されたモデルで、最新のプロダクション・モデルの方向性を示したモデルでもある。マツダ・ヨーロッパのデザイン・チーフ、ピーター・バートウィッスルによれば、タケリのおおよそ80%は来年発表されるマツダ6サルーンに受け継がれるという。
そして、その素晴らしいデザインの下に、2015年までに燃費を30%改善するというマツダのスカイアクティブ・テクノロジーが搭載されているのだ。2007年にマツダの社長によって宣言された、ハイブリッド並の効率を達成する内燃機関が与えられている。しかし、他のメーカーがEVへシフトしているのに、ガソリンやディーゼルを貫くのだろうか。参照)マツダCX-5 マツダのディーゼル戦略
「理由は2つある。」とマツダ・モーター・ヨーロッパの車両チームのマネージャー、ウヴェ・クラハトは言う。「第1に、われわれが内燃機関にはまた大きな可能性があると思っているからだ。というのも、まだ内燃機関が発するエネルギーの30%が浪費されているからだ。第2の理由は、2020年になってもクルマの80%以上が内燃機関を使うとわれわれは確信しているということだ。」
マツダは2015年時点で、全体の半分がハイブリッドカーで、そのうち4分の1が完全なEVとなると予測している。
スカイアクティブはファースト・ステップだ。その2015年の経済目標を達成する第一歩として、よりきれいなパワー・トレインと、軽いシャシーを持ったCX-5が生産される。もちろん、マツダは将来のために完全にEVを否定しているわけではない。来年デビューが予想されるハイブリッドのために、トヨタとライセンス取引を既にしているのだ。参照)SKYACTIVの未来図

クラハトは言う。
「更なる発展を目指した”ビルディング・ブロック”戦略のために、まずスカイアクティブがそのベースにある。われわれは電気関係のアプリケーションも開発するが、完全なEVが完成するまでには数回のステップが必要となるだろう。」参照)マツダCX-5最新情報 SKYACTIV-D徹底解説
スカイアクティブの基本は、ストップ・スタート・システムだった。i-ストップと名づけられたそのシステムは、既にマツダ3およびマツダ5のガソリンおよびディーゼル・エンジンに採用されている。最初の圧縮1サイクルでエンジンが再スタートする初めてのシステムだ。
更に、タケリ・コンセプトは、i-エループという再生ブレーキ・システムを搭載する。それは、他のスカイアクティブ・テクノロジーと共に導入され、画期的に燃料消費率を改善する。
タケリは、スカイアクティブ2.2リッター・ディーゼル・エンジンと、6速のオートマティック・トランスミッション、そして改善されたi-ストップとi-エループが採用したことによって1500kmの航続距離を稼ぎ出すことができる。」とクラハトは述べた。次期「アテンザ」は「i-ELOOP」でCX-5以上の燃費!
スカイアクティブ技術で、2008年レベルから20%の燃費改善ができた。i-ストップとi-エループで更にもう10%の改善がされ、2015年に目標であった30%の燃費改善が可能となった。われわれが、コンデンサーというアイディアを最初に考えたということに誇りを持っている。それは、エネルギーを保管する、本当に新世代の技術だ。」
タケリ・コンセプトは、106g/kmのCo2排出量を誇る。現在のマツダ6の最もクリーンなバージョンでも133g/kmという値だ。燃費もマツダ6ビジネス・ラインから5.3km/l向上した24.8km/lになった。
マツダは、トヨタとの提携によるハイブリッドや、ガソリンと水素によるハイブリッドといったEV技術の開発もするが、”ビルディング・ブロック”戦略も進歩を続けるという。
例えば、i-エループは、加速を補助するためのエネルギーを取り出すことができるようになるはすだ。
環境を考えるということは、力強いデザイン、そしてドライビング・プレジャーと共にマツダが将来のプロダクション・モデルに求める3つの要素のうちの1つだ。
「パッケージが重要だ。非常に効率的なエンジンと、コンパクトなトランスミッション、そして非常に軽いボディがこの構成要素となる。」とバートウィッスルは言う。「例え、それらクルマを勇ましくドライブしても問題ない。それでも、燃費とCo2排出量は良い数値なのだから。」
参照)マツダのディーゼル第2弾、新型「アテンザ」は25km/L!
マツダのコンセプト・デザイナーは新技術をタケリに取り込まなくてはならなかった。そして、スカイアクティブGダイレクト・インジェクション・ガソリン・エンジンの寸法は、クルマの形にも影響を及ぼした。
「排気ガスのきれいで効果的な流れをつくるために、スカイアクティブ・エンジンは斜めに出されたエクゾースト・マニフォールドが特徴だ。」とバートウィッスル。
「そのために、パッセンジャー・エリアを後方にずらす必要があった。この手のサイズのクルマでは、ショート・オーバーハングの古典的なスポーツ・リムジンのスタイルを取らざるをえないことが、かえってプラスになった。」参照)マツダのSKYディーゼル第2弾「次期アテンザ」は、超かっこいい!

タケリのデザインが大胆なのは、それはその下に隠されたテクノロジーによるところが大きい。
マツダは、複数のソリューションが環境問題を解決するためには必要だという。それは完全に電気的なテクノロジーが市場を支配するのでもないだろうし、かといって将来の車が化石燃料だけを頼るのたとも思っていないという。マツダの2020年の市場の読みは、内燃機関と、航続距離が伸びエミッションに優れた電気的なテクノロジーとが混在すると見ている。
ハイブリッドやストップ・スタート・システム、再生生ブレーキ・システムなど、そのスカイアクティブ技術があれば、マツダはパワー・ソースとしてガソリンやディーゼルが生き残っていると考えている。内燃機関の将来は、いままさに始まったばかりなのかもしれない。参照)マツダTAKERI最新情報 開発者インタビュー



こちらは、同じAUTOCARからジュネーブモーターショーへの出展概要として掲載された記事から



昨年の東京モーターショーでお目見えした、次世代サルーンの斬新なイメージであるマツダのコンセプトカー、タケリが来月のジュネーブ・モーターショーでヨーロッパで初めて公開される。

このタケリは、2013年に登場する予定の新しいマツダ6のベースとなるもので、ドアハンドル、ウイングミラーなどは生産時には変更される予定だ。

ハンサムなこのタケリは、マツダの新しいデザイン・コンセプト「魂動」を示したもので、そのコンセプトはCX-5のも見られるものだ。そのデザインは既存の6ライトサルーンに比べて非常に大胆なデザインがされている。独特のフロント・グリル、スリムなヘッドライト、パリッとしたクーペのようなボディラインなど。また、ジャガーXFにインスピレーションを受けたようなリアのトランクまわりなど。
参照)マツダ「TAKERI(タケリ:雄)」は次期アテンザ?=オスっぽいクルマ!

この新しいサルーンは、スカイアクティブ・テクノロジーを引き継ぐ。それは効果的なガソリンおよびディーゼル・エンジン、軽量なマニュアルおよびオートマチック・ギアボックス、新しいサスペンション、そして新しい鋼鉄製のプラットフォームなどである。また、タケリは、マツダ初のi-ELOOP(インテリジェント・エネルギー・ループの略)を備える。これは、マツダ初の回生ブレーキシステムで、減速の間、運動エネルギーを電気に変え二層式のコンデンサに蓄えるというものだ。この電気アシストのため、燃費は10%向上するという。
インテリアは4人のためのスペースに割り切られている。装備としては、BMWがiドライブと呼ぶ、回転型コントローラも採用されているのが注目だ。参照)マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」ムービー③:低燃費技術i-ELOOP

日本メーカーのテクノロジーのポテンシャルを見せるためでもある、とマツダの山内武社長はコメントしている。「スカイアクティブはEVやハイブリッドと同等の高効率を導き出す。われわれのプランによって、何が成し遂げられるか。それは、ドライブの喜びと高効率化だ。」 参照)マツダ新型「アテンザ」ディーゼル試乗記② アウトバーンで235km/h!

タケリは、173bhp、42.3kg-mの2.2リッター・ターボディーゼル・スカイアクティブDを搭載する。軽量で、摩擦の少ないのが特徴のエンジンで、かつてない低圧縮比と、スタート・ストップ・システム、回生エネルギー・システムを持ち、104g/kmという低いCo2排出量と優れた燃費を稼ぎだす。このエンジンはトルクコンバーターによるオートマチック・トランスミッションと組み合わせられるが、その経済性はマニュアル・トランスミッションと変わりないという。参照)次期アテンザ=セダン・スポーツ・スポーツワゴン・クーペの4タイプ?

スカイアクティブ・テクノロジーは、フォードから独立したマツダが、将来の厳しい排出ガス規制を乗り越えるために、メーカーとして成功するための試練となろう。そして、そのスカイアクティブ・テクノロジーは、2012年春に発売されるCX-5で具現化される。参照)CX-5開発物語 広島発クリーンディーゼルへの挑戦!

マツダ6は、スカイアクティブ・プラットフォームを採用した2台目のクルマとなろう。また、このプラットフォームは、マツダ3のようなファミリーハッチバックから、CX−9のようなフルサイズのSUVまで対応できるように、小さなセクションから構成される。

マツダのジュネーブ・モーターショーは、新しいCX-5、ヴェンチャー・エディションのMX-5、そして生産モデルと、スカイアクティブ・テクノロジーの展示となる。


2つの記事で若干違う部分もあるのですが、まとめますと、

TAKERIの市販時の概要は、
「TAKERI」=次期MAZDA6(アテンザ)
・「TAKERI」コンセプトの80%が市販版でも受け継がれる
・ドアハンドル、ウイングミラーなどは生産時には変更

そして、その中身は、
2.2LスカイアクティブD(ターボディーゼル)搭載 ※CX-5と同様
・i-stop搭載 ※CX-5と同様
i-ELOOP搭載 ※CX-5には非搭載。マツダ初の回生ブレーキシステム
マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」ムービー③:低燃費技術i-ELOOP

そして、その走行性能は、
・最高出力173bhp=175ps
・最大トルク42.3kgm

注目の燃費は、
106g/km(104g/kmとの記載も)
24.8km/l(おそらく欧州複合モード)

ちなみに、マツダCX-5ディーゼルは、
・最高出力175ps/4500rpm
・最大トルク42.8kgm/2000rpm
・燃費EU混合21.74km/L
・CO2排出量119g/km
ですので、
燃費周りはi-ELOOPの効果なのかCX-5よりもさらに進化しています。
※コスト換算すると、CX-5でも
マツダCX-5ディーゼル 実燃費はプリウスレベル!
マツダCX-5ディーゼル:実燃費を計測→20km/L超!

発売時期は、
2013年発売予定
(東京モーターショー時は、2012年秋という報道がありました)

★★続報★★
マツダのディーゼル第2弾、新型「アテンザ」は25km/Lで10月発売!

文中に出てきますが、
特徴的なデザインも、技術的な課題をクリアする意味もあったんですね。
CX-5への注目度の高さも含め、アテンザ発売時にはまた注目を集めそうです。
(個人的には、もう少しコンパクトなクラスにも、ディーゼルを・・・アクセラとかデミオとか・・・)
トヨタの1.4Lやホンダの1.6Lに期待しましょうか・・・
トヨタのクリーンディーゼル
 トヨタ「アベンシス」ディーゼルは、CX-5と同レベル?
ホンダのクリーンディーゼル
ホンダ「新型シビック」クリーンディーゼルは、CX-5以上の燃費?!

次期アテンザ関連エントリーは以下から。
マツダ【TAKERI】=【次期アテンザ】の情報一覧はこちらから
マツダ【CX-5】の情報一覧はこちらから
マツダ【SKYACTIV】の情報一覧はこちらから
【マツダ】の情報一覧はこちらから
【新型アテンザ関連エントリー】
発売時期に関する情報
新型「アテンザ」発売は、ディーゼル人気で前倒し→10月?!12月?
マツダのディーゼル第2弾、新型「アテンザ」は25km/Lで10月発売!

価格モデル(グレード)情報
マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」は、ディーゼルでも200万円台?
次期アテンザ=セダン・スポーツ・スポーツワゴン・クーペの4タイプ?
燃費性能
マツダのディーゼル第2弾、新型「アテンザ」は25km/Lで10月発売!
マツダ・ディーゼル第2弾=「TAKERI」=次期アテンザ=CX-5以上の燃費!
次期「アテンザ」は「i-ELOOP」でCX-5以上の燃費!
■プロトタイプ試乗レポート
マツダ新型「アテンザ」ディーゼル試乗記② アウトバーンで235km/h!

マツダSKYディーゼル第2弾「アテンザ」:開発車試乗レポート公開!
デザインについて
マツダ「TAKERI(タケリ:雄)」は次期アテンザ?=オスっぽいクルマ!
マツダのSKYディーゼル第2弾「次期アテンザ」は、超かっこいい!
マツダTAKERI最新情報 開発者インタビュー
コンセプトムービー
マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」ムービー③:低燃費技術i-ELOOP

マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」ムービー②:インテリア
マツダ「TAKERI」=次期「アテンザ」ムービー①:エクステリア
【CX-5ディーゼル関連エントリー】

マツダCX-5試乗記:「私がCX-5を購入した理由」
マツダCX-5試乗記:ディーゼル=10年乗っても良いと思わせる魅力
マツダCX-5:値引きはオートザム系が有利?CR-Vは35万引き?

マツダCX-5ディーゼルは補助金&減税で★40万以上お得★
【マツダのディーゼル車種展開】
マツダ、CX-5に続き「CX-3」発売も計画か?!

SKYディーゼル第2弾=マツダ「TAKERI」=次期アテンザはCX-5以上の燃費!
CX-5ディーゼル絶好調 ⇒ デミオ・アクセラにもディーゼル導入?!
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
sponsored link

Comment

No.238 / ティル缶 [#-] No Title

MTモデルを持って来なきゃどんな良いエンジン積んでも魅力半分。価値半分。

2012-10/02 03:39 (Tue)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/443-6c9a6ae6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
スポーツカー 日産 フェアレディZ 三菱 PHEV SUV デリカ ラリーアート アウトランダー アウトバック スバル ホンダ アキュラ NSX インテグラ シーマ 伊藤かずえ レストア ジムニー 商用車 スズキ オデッセイ ミニバン VIZIV WRX タンドラ タコマ ピックアップトラック トヨタ ランドクルーザー ビスポーク ワンオフ ロールスロイス プリウス エヴォルティス EV bZ4X ソルテラ アルピーヌ A110 クラウンミニバン クラウン ヴェルファイア ファントム 織部焼 ヤリス カローラSUV カローラ カローラクロス ローグ エクストレイル クラウンSUV ルノー MPV シトロエン ベルランゴ カングー シルフィ クラウンクルーガー C5 XM エグザンティア Xantia ワーゲンバス IDBUZZ T1 T6 VW アニメ スーパーカブ エイプリルフール ダイハツ ミラ EVスポーツ S1000 S660 スポーツ S2000 レクサス LF-Z 86 BRZ 小型SUV アイゴ AYGO アイゴX 軽トラ アイゴクロス AYGOX 愛車遍歴 ワゴニア GMC Jeep フォード ハマー ブロンコ ラングラー 308 プジョー ZSX PHV ハイブリッド ロードスター MX-30 マツダ フィット コンパクト Hondae 人気記事ランキング ランドクルーザー70 オフローダー ヤリスクロス Cクラス ベンツ ステップワゴン ロゴ モデル3 テスラ ヴェゼル CX-5 ハリアー キャシュカイ e-POWERターボ デュアリス e-POWER VEZEL スカイライン GT-R マスク キャデラック XT4 超高級車 ホンチー センチュリー リフレッシュプラン 新車販売スケジュール ジュリエッタ アルファロメオ ABARTH ロータリーエンジンEV OEM ロータリーエンジン FIAT 124スパイダー エアコン コンパクトSUV オートサロン キャンパー N-VAN 軽バン カスタム 高級車 センチュリーSUV 光岡 BUDDY バディ RAV4 500e 500 フィアット セコイア フォーランナー EVクラシック ブレイズ レトロ 試乗レポート HR-V CR-V リフター ハイゼット タフト コペン カスタムカー RX-7 ロータリースポーツ GT ami アミ マイクロモビリティ 超小型EV ランティス フェスティバ ハイオク レギュラー 4Cスパイダー 33ストラダーレ オープンカー 角田 F1 アルファタウリ シビック シビックタイプR 試乗動画 レヴォーグ 日本カーオブザイヤー カーオブザイヤー フリード シエンタ シエンタクロスオーバー プリウスα Sクラス メルセデス マイバッハ ノート セダンプラス ハイランダー セダン RX MAZDA6 P1800 ボルボ シアン ホンダe ロックスター 試乗 FR ラリー ポルシェ 911サファリ 911 MRJ 三菱重工 航空機 エクリプスクロス エクリプスクロスPHEV ハマーEV マグナイト ブレッツァ アーバンクルーザー ビターラ 節税 レンジエクステンダーEV アリア N-BOX 軽自動車 ジムニーシエラ コスモスポーツ DAMD LittleB Amazon EchoAuto NV200 NV350 オーテック セレナ 車中泊 マルチベッド ステランティス PSA アルティマ マキシマ シルフィー ティアナ 販売ランキング パトカー スーパーカー LC500 2シリーズ 2シリーズクーペ BMW カローラツーリング スウェイス N-ONE バレーノ スターレット サファリ 木村拓哉 ランボルギーニ ウルス キドニーグリル 4シリーズ ジープ グランドワゴニア アイサイト アイサイトX ハイラックス アルピナ TOM'S スープラ スーパースポーツ ケンタッキー ETC決済 シビックTYPE-R CAFE規制 パジェロ ARIYA ランキング MBUX 2000GT 復刻 アクロス ジュネーブモーターショー モーターショー MAZDA2 デミオ オープン キックス ハスラー 軽SUV GLA GLB SUVクーペ RX-VISION グランツーリスモ アテンザ 中国市場 LM 軽スポーツ AZ-1 ガラスルーフ コロナ レンタカー ハーツ ポリスカー シボレー タホ スピードスター ランドローバー レゴ ディフェンダー ペーパークラフト GRヤリス R360 ジューク 小型車 ミラージュ ディーラー フェラーリ クーペ ローマ 燃費ランキング パトロール Vクラス グランエース AUDI トレノ fitvsyaris TOYOTOWN トヨタウン ジュリア 電動バイク 白バイ タタ Honda e グロリア カクタスM ゲレンデタクシー レガシィ fitvstyaris N-WGN Nワゴン eVTOL 空飛ぶクルマ コンセプトカー FUTURO-e インド マカンGTS マカン ヤリスSUV GR イタリア警察 i3 初売り ネオクラシック 2020 センチュリーGRMN 箱根駅伝 ロードスターRF 100周年 ジャパンタクシー タクシー ロンドンタクシー X2 124spider アバルト 124rally ダカールラリー 自動運転 レジェンド スイフト サイバートラック ポルシェドライブ Gクラス ライズ スポーツセダン ラフジュアリー フライングスパー UX マツダ3 1シリーズ レンジローバー ヴィッツ CX-30 e-TPV ロッキー コペンGR ゴルフ ザ・ビートル ビートル 終売 CX-3 RX-9 プロエース ハイエース 豊田章男 鈴木修 DS3 DS メルセデス・ベンツ Bクラス SUVミニバン WR-V フィットSUV MAZDA3 SKYACTIV-X AWD シンメトリカルAWD フォレスター ホンダジェット GX LC RX-8 STI ワゴン アコード 商用バン MR2 Aクラス ステルヴィオ パジェロスポーツ インプレッサ タント C4カクタス 3列SUV GLE マークX ビーゴ FJクルーザー ラッシュ いすゞ C5エアクロス アクセラ mazda3 i-MMD Xクラス インフィニティ Q60 ソリオ アウトランダーPHEV ekワゴン ekクロス ウェイク デイズ C3 クラシックカー MINI ミニ 3シリーズ CX-6 CX-X 電気自動車 ルーチェ 魂動デザイン デリカD5 V60 S60 インサイト MX-5 ディーゼル A1 Q5 e-tron CX-4 Z4 アルト アルトワークス マクラーレン 記事ランキング スペーシア スペーシアギア イタルデザイン XC40 C-HR S660ネオクラシック マツダコネクト カルロス・ゴーン 大坂なおみ アルファード CX-8 T-ROC X1 レネゲード ソフトバンク 魁コンセプト エスティマ TDI ラグジュアリー プリウスPHV F-PACE ジャガー AMG シルビア トライトン ワゴンR ディーゼルHV リーフ コネクティッド アクセラHV XC60 ティグアン トゥーラン クラリティ モータースポーツ ミラトコット ミラココア カローラスポーツ 飛行機 パジェロミニ XV ボクサーエンジン ランサー i-MiEV エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA オーリス CarPlay Fjクルーザー FT-4X Tjクルーザー アセント パサート SGP ナビ AndroidAuto ランエボ 安全技術 年間ランキング クロスビー XBEE S-FR CX-9 SH-AWD ヴェヌーシア NISMO 中国 NONE プレマシー ビアンテ エクシーガ 東京モーターショー RVR 5008 GRMN スイフトスポーツ NBOX プラド ランドクルーザープラド HCCI B4 フィットシャトル ステップワゴンHV Z5 LX エスクード ウィッシュ NX シビック・タイプR カムリ カマロ グレイス ヴォクシー ノア エスクァイア JEEP ランサーエボリューション アクア ゴルフR e-power ミライース SKYACTIV グランドチェロキー Q2 アウディ 3008 リコール セレナHV C4ピカソ ディーゼルミニバン XVハイブリッド スティングレー CX-7 ヴィッツHV ネッツ スライドドア トール ムーヴキャンバス スイフトHV スペーシアカスタム ムラーノ タンク プチバン ルーミー ノートHV ディーゼルSUV カブリオレ ソリオHV ジャスティ ディーゼルハイブリッド グランツアラー SAI アイシス C4 シビック・ハッチバック 2008 燃費不正 フリード+ bB ピクシス プロパイロット QX50 S-CROSS プリウスSUV QX30 マーチ スパイダー トゥインゴ 自動運転技術 508 SCROSS SX4 ルーテシア ポロ XR-PHEV ATS NBOXスラッシュ CR-Z ハイゼットキャディー GRIPZ X4 パイロットドライブ マイクラ ティーダ 自動車ニュース オーリスHV パッソ BR-V ブーン i8 BMWi WCOTY ラクティス NS4 KOERU 試乗インプレッション FCV アクセラSUV アテンザSUV クロスポロ Q1 オデッセイハイブリッド トゥアレグ シビック・セダン ピュアテック GLC フィエスタ ダットサン GLS GLEクーペ レビン XC90 ベリーサ シビックセダン スマート スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 マイルドハイブリッド イグニス イグニスHV スカイラインクーペ Q50 プリウスハンター アイオニック ヒュンダイ キャプチャー レンジエクステンダー キャスト エスカレード G90 アクティブツアラー Q30 オデッセイHV タントカスタム シビック・クーペ 308SW カー・オブ・ザ・イヤー クラブマン フレンチディーゼル TMS2015 500X NMKV TEATRO エーゲ マツダスポーツコンセプト アベンシス ダウンサイジングターボ D-4D シャア専用オーリス イプシロン LX570 クーガ V40 スーペルレッジェーラ パサートディーゼル 208 IS シエンタHV エネチャージ グッドウッド iM-4 ボクサーハイブリッド インプレッサスポーツ コペンセロ プラドディーゼル セレリオ XE コンパクトFRスポーツ ジェイド ジェイドRS シャトル Q3 カクタス iA スカイアクティブハイブリッド スカイアクティブ G's TVCM クロスオーバー7 エクストレイルハイブリッド サイオン infiniti カローラフィールダー CX-3試乗 アルトターボRS カジャール LF-SA ボクサーディーゼル ビート MIRAI TT ピンククラウン 販売台数ランキング トヨタ初売り アルト試乗 人気記事 アクアX-URBAN ムーヴ デミオセダン エスクワイア グレース フィットセダン デミオ試乗 パンダ RC イエローマークX デカデカ ディスカバリースポーツ ディスカバリー イニシャルパリ エスパス S4 ゴルフGTI SHINARI X6 ハイブリッドエア ESQ NX試乗 ワゴンRハイブリッド ケータハム 自動車保険 C1 LEVORG試乗 LEVORG アルトエコ XL1 S-HYBRID アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 4C チェロキー 新型車解説 ラニアコンセプト GM HAZUMI e-UP! A3 GT500 EDT LF-NX パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 アクセラ発表後 GO レゾナンス i-ROAD クロスハイカー エネチャージⅡ i-ELOOP BMW2 108 CITY ノア試乗 デイズルークス ekスペース エルグランド VEZEL試乗 ハスラー試乗 新車販売ランキング ゴルフヴァリアント 2014初売り 第3のエコカー XVHV フィットHV試乗 アクア試乗 フィットHV ハスラークーペ COTY アクアG's UP! iV-4 デジール キャプテュル GC-PHEV クライスラー ツインエア アクセラ公式動画 ゴルフ7 新型タントカタログ エリシオン N-LIFE ライフ route3 フィット発表後 THSⅡ CMF ゴルフスポーツバン マジェスタ フィットHV発表後 ハイクロス エクストレム モモタロウ クラウンHV ダウンサイジング レジーナ カローラHV カローラHV発表後 ゴルフ試乗 スペイド ポルテ アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー 次期フィット i-DCD 新型車まとめ DAYZ DAYZROOX 208GTi カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ納期 アテンザ発表後 IS300h ekカスタム CX-5発売後 CX-5納期 DAYZハイウェイスター ヴァンガード XVHV試乗 スポーツハイブリッド パレット エコスーパーチャージャー ブルーモーション フォレスターライブ D-X CX-5納車 CX-5試乗 DIT メビウス アコードPHEV 実燃費 ムーヴ試乗 トッポ ルークス 投票 ノート試乗 コンパクトモビリティ 前田敦子 オッティ エコクール スズキグリーンテクノロジー クロスUP! ベンツAクラス Aクラス試乗 クラウン発表後 クラウン試乗 NCONCEPT クロスオーバー ジュークニスモ アテンザレース 特別編集 2012まとめ フォレスター試乗 NONE試乗 アテンザ試乗 UP!試乗 イーステクノロジー ワゴンR発売後 第3のエコカー ワゴンR試乗 Nスポ セレナ発売後 マイクロハイブリッド セレナハイブリッド セレナ試乗 UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー アテンザムービー ラティオ 世界戦略車 XV開発者インタビュー GTI NBOX+ XV発表後 XV試乗 TAKERI IMA プリウスα納期 アクア納期 アクア発売後 フィールダー アクシオ ワゴンR発表後 SKYACTIV説明 INVITATION エコカー 市販版アテンザ NBOX+発売後 86納期 C-MAX エコカー補助金 BRZ納期 ニスモ JUKE-R Mディーゼル X5 アクア納車後 アクア試乗動画 アクア実燃費 記事一覧 バモス ホビオ ホビー車 プリウス試乗 プリウスα試乗 フィットシャトル試乗 フィットシャトルHV ピクシスセダン BRZ試乗 FT-Bh 納期 Aセグメント A-STAR ジュネーブ BOXERD試乗 BMWM NBOX試乗 MTS アクア報道記事 燃費 ハイトワゴン 東京モーターショーホンダ 補助金 重量税 取得税 自動車税 東京モーターショースズキ フォルクスワーゲン 東京モーターショートヨタ 東京モーターショーマツダ 出展車一覧

NEWCAR-DESIGN