FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

マツダ「CX-30」受注開始で価格&スペックを公開!SKY-Xはガソリン車+100万円で...

マツダ「CX-30」が日本でも発表されました。期待のSKY-Xは、来年1月以降の発売で、
価格設定も、かなり強気なものになっており...
CX-30.jpg

sponsored link

ようやく、日本での正式発表を迎えた、マツダ「CX-30」。
最大の注目は、CX-3でもなく、CX-5でもない、そのコンセプト。
CX-30実車
もはや、SUVラインアップ増やしすぎてよくわからない問題はあるのですが、
いろいろな角度から、そのフォルムを紹介していますので、
ぜひ、ご覧ください。
マツダ「新型 CX-30」日本発表:デザインを徹底的に!
CX-30jp.jpgCX-30jp 14

sponsored link


あっ、先に言っておきますが、
期待のSKY-Xは、来年1月以降の発売...ということで、
MAZDA3同様に、かなり遅れていますね。

話は戻って、
デザインについては、公式でも言及されており、
●見るたび、触れるたびに感性を刺激するデザイン
エクステリア
  • シンプルな造形と光の移ろいにより、生命感と上品な美しさを表現する「魂動デザイン」の哲学にもとづき、ボディ上部にスリムで伸びやかなプロポーションと、下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さと安心感を同時に表現。
  • 書道の筆づかいの動きに着想を得て、フロントフェンダーからリアタイヤへとスピード感ある弧を描いたショルダー部は、ひと筆書きの強い光で動きを表現。その下のボディ面は、クルマの動きとともに周囲の景色がS字型に揺らめきながら映り込む、光の移ろいを表現。

ボディカラー
  • 外板色は全8色。「カラーも造形の一部」と考え開発された「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」に加え、MAZDA3で新開発の「ポリメタルグレーメタリック」も設定。

インテリア
  • コクピットは、ドライバー中心に表示機器、操作スイッチ等を左右対称にし、それらをドライバーへ向けて正対させるように配置。クルマとの一体感を強め、心地よい「包まれ感」を表現した。
  • 助手席について、メーターフードを起点に、助手席側のドアトリムまで美しくカーブを描くウイング状のフード造形を採用。前席乗員を包み込むようなデザインによって、コクピットとは対照的に居心地のよさと安心感を提供。またウイングの縁部分の縫製や末端部の金属加飾が、室内全体の上質さを引き立てる。

内装トリム
  • シックな大人の世界を表現するリッチブラウン内装と、モダンで知的な世界を醸し出すネイビーブルー内装をラインアップ。リッチブラウン内装には、黒と白の本革シートを設定*4。また、ネイビーブルー内装には、グレージュと黒のファブリックシートを設定*5。

エクステリアは、書道の筆使いですか、
もはや情緒不安定にも見える笑、そのこだわり。
マツダらしさでありながら、ちょっとついていけないレベル感に?

sponsored link


マツダの公式では、CX-30のコンセプトについても言及されているのですが、
読んでも、SUVだとはわかるのですが、、、笑
という感じ。一応。

外観デザインは、滑らかで伸びやかなボディ曲面による美しさと、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さを両立しました。また、ボディ曲面に写る景色が、クルマの動きとともに表情を変え、場所や季節などによって変化し、見る人の感性を刺激します。

また、高さ制限のある立体駐車場の利用が可能であり、市街地でも取り回しが良く運転しやすいボディサイズ、ベビーカーとキャリーオンバッグなどを同時に積載できる荷室、乗降しやすいシートの高さなど、日常の使いやすさを追求しました。新世代車両構造技術*2、「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)2.0」*3をはじめとする最新のエンジン、そしてAWD車には「オフロード・トラクション・アシスト」機能を採用して、安心感と自在感のある運転フィールを実現。これらにより、どこへでも気軽に出かけられる機動性を高めました。

さらに、大人4人がゆったりと過ごせる室内空間と高い静粛性、臨場感のあるオーディオシステム、細部までこだわった質感の高いインテリアが、大切な人と過ごす時間に彩りを添えます。運転しやすい広い視界、適度にホールド感のあるシート、そして先進の安全技術が、心に余裕のあるドライブを可能にしました。

丸本 明(まるもと あきら)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。「CX-30は、市場がSUVにシフトしている中、マツダの基幹車種の一つであるCX-5に続き、ブランドを牽引し、今後のマツダのビジネスを支えていく柱のひとつとなる、重要な商品です。これまで接点がなかったお客様も含め、広くマツダ独自の価値をご体感いただき、『お客様と最も強い絆で結ばれたブランド』になることを目指してまいります。」

sponsored link


非常に苦しい説明ですが、
いわゆるクーペSUVというスタイルで、立体駐車場も大丈夫!
という車高になっているのですが、
CX-3で不評だった、後部座席の狭さが解消されているのがポイント。
まあ、CX-3後継として発表するはずだった車種ですからね。
CX-3_201811080030497b9.jpg
CX-3との差別化という意味でも、
もっと、スポーティテイストを打ち出したほうがわかりやすいように思いますが。
CX-30 3
ここ最近のマツダ車は、本質的な走りではなく、
見かけというか、デザイン的な走りやスタイルに寄りすぎている気もします。

sponsored link


スペックについては、

●都市部でも扱いやすい車両寸法と、移動時間が心地よくなる室内空間の両立
外観寸法
  • 混雑した市街地や縦列駐車などでも取り回しができる全長として4,395mm、立体駐車場を気軽に使える寸法として全高1,540mm、全幅1,795mmを設定。クロスオーバーSUVとして最低地上高(175mm)を確保しながらも、地面から着座位置までの高さを最適化し、前後の席で自然な乗降性を確保した。

室内空間
  • 前席は、乗員間の間隔を「CX-5」同等に広く確保するとともに、幅広のセンターアームレスト・ドアアームレストを採用することにより、快適な着座姿勢を提供。
  • 後席は前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、大きな体格の乗員でも余裕を持って着座できる頭上空間を確保。
  • 全席の着座位置と距離を最適化。一人ひとりのスペースを確保しつつ、会話のしやすい室内空間とした。

荷室
  • 大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる430L*6の荷室容量と1,020mmの開口幅を確保し、さまざまな場面で使いやすい荷室を実現。さらに、開口部下端の高さを地上から731mmに設定し、大きな荷物や重たい荷物の積み降ろしでも、体への負担が最小限となるように造り込んでいる。
  • 「パワーリフトゲート」を、20Sを除くすべての機種に標準設定。「CX-30」では、リアゲートを開閉するダンパーの一部部品を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音を実現。

●人間中心の発想で、さらなる進化を遂げた「走る歓び」
パワートレイン
  • 3種類のSKYACTIV エンジンを設定。
    • 2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
    • 1.8リッター直列4気筒直噴クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」
    • 2.0リッター新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」*3
  • 「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-X 2.0」搭載機種には、6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」とともに、6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」を設定(「SKYACTIV-D 1.8」搭載機種には、「SKYACTIV-DRIVE」を設定)。クルマを積極的に操る楽しさを、クロスオーバーSUVでも提供する。
新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」
  • クルマに乗っているときにも人間に備わったバランス能力を発揮できる状態をつくるために、シート、ボディ、シャシーを連携させながら、人間の特性にもとづいた造り込みを徹底。違和感や不安感、不快感のない、人間の感覚にフィットした乗り心地と操縦安定性を実現。
  • シートについて、骨盤をしっかり立てると同時に、シートバック上部で胸郭重心を支えることで、脊柱のS字カーブを維持できる構造を採用。そのうえで座面やシートバックの形状、シートのバネ定数を最適化。歩行時のように、無意識のうちにバランスをとって、頭部を安定させることをサポート。
  • 剛性とエネルギー伝達効率をさらに高めたボディ構造により、ダンパーやタイヤの機能を最大限に発揮できるようにした。さらに、路面からのエネルギーを特定の部位へ集中させ、エネルギーを吸収させる効果を持たせた減衰構造により、騒音の原因となる振動を、効果的に低減。
  • マクファーソンストラット式(フロント)およびトーションビーム式(リア)のサスペンションシステムを採用。「MAZDA3」で新採用した技術や構造をもとに、高めの車高に合わせてロアアームの角度やロールセンター高を最適化。「意のままのコントロール性」をより精密に、自然に楽しめる操縦安定性を実現。
進化したAWDシステム「i-ACTIV AWD」
  • タイヤの動きやGセンサー等の情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測。雨や雪などの滑りやすい路面ではもちろん、ドライ路面においても4輪の力を効率的に引き出せるように自動的にトルクを配分し、スムーズで安定した走りを提供。新たにG-ベクタリング コントロール(GVC)*7との協調制御を採用し、これまで以上にニュートラルなコーナリング性能を実現する。
オフロード・トラクション・アシスト
  • 新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。様々な路面環境において安心・安全の走行性能を提供する。
●先進の予防安全技術と、移動時間が心地よくなる空間
  • 「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」の考え方にもとづき、わき見や居眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」*8、追従走行機能とステアリングアシスト機能により安心・安全な運転をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」*9など、最新の安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*10を搭載。
  • 騒音や振動を小さくするとともに、乗員が感じる音や振動を感覚に沿って変化させていくことで、居心地の良さを感じられる静粛性を追求。また音響システムでは、各スピーカーの位置と方向を刷新して、必要な音だけが心地よく耳に届くオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」(8スピーカー)を標準設定。また、音の立体感や明瞭度を磨き上げたBoseサウンドシステム(12スピーカー)を、メーカーオプションで設定*11。
  • すべての機種に車載通信機を標準設定。コネクティッドサービス*12とスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスの提供などにより、24時間さまざまな場面でお客さまをサポートし、CX-30と過ごす毎日をより快適、安全に、そして楽しくする。

sponsored link


冒頭で、SKY-Xの発売は、来年1月以降と紹介しましたが、
それぞれの価格設定を。
ガソリン、ディーゼル、新世代SKY-Xと3つのパワートレインがありますが、
ディーゼルは、ガソリン+50万円と、かなり割高感を感じますし、
それ以上に、SKYACTIV-Xは、ディーゼル+50万円とかなり高いですね...
■「MAZDA CX-30」のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり
(※写真掲載の機種)
機種名駆動エンジン変速機メーカー希望
小売価格
(消費税10%込)
 WLTCモード燃費(km/L)*13自動車税(環境性能割)/
エコカー減税対応レベル(重量税)*14
市街地
モード
(WLTC-L)
郊外
モード
(WLTC-M)
高速道路
モード
(WLTC-H)
20S2WD
(FF)
SKYACTIV-G
2.0
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,392,500円15.412.015.717.42%/対象外
SKYACTIV-
MT(6MT)
16.212.716.518.2
4WDSKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,629,000円14.811.714.816.7
SKYACTIV-
MT(6MT)
15.612.515.917.2
20S
PROACTIVE
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,612,500円15.412.015.717.4
SKYACTIV-
MT(6MT)
16.212.716.518.2
4WDSKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,849,000円14.811.714.816.7
SKYACTIV-
MT(6MT)
15.612.515.917.2
20S
PROACTIVE
Touring
Selection
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,733,500円15.412.015.717.4
SKYACTIV-
MT(6MT)
16.212.716.518.2
4WDSKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,970,000円14.811.714.816.7
SKYACTIV-
MT(6MT)
15.612.515.917.2
20S
L Package
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,794,000円15.412.015.717.4
SKYACTIV-
MT(6MT)
16.212.716.518.2
4WDSKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,030,500円14.811.714.816.7
SKYACTIV-
MT(6MT)
15.612.515.917.2
XD
PROACTIVE
2WD
(FF)
SKYACTIV-D
1.8
SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,887,500円19.216.119.320.9非課税/
免税
4WD3,124,000円18.415.518.520.0
XD
PROACTIVE
Touring
Selection
2WD
(FF)
3,008,500円19.216.119.320.9
4WD3,245,000円18.415.518.520.0
XD
L Package
2WD
(FF)
3,069,000円19.216.119.320.9
4WD
3,305,500円18.415.518.520.0
X
PROACTIVE
2WD
(FF)
SKYACTIV-X
2.0
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)/
SKYACTIV-
MT(6MT)
3,294,500円未定未定
4WD3,531,000円
X
PROACTIVE
Touring
Selection
2WD
(FF)
3,415,500円
4WD3,652,000円
X
L Package
2WD
(FF)
3,477,100円
4WD3,713,600円
  • - 上記価格には保険料、税金(消費税を除く)は含まれていません。また、購入時にリサイクル料金10,010円が別途必要となります。
  • - 特別塗装色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を選択した場合は、66,000 円高(消費税 10%込)。
  • - 特別塗装色「マシーングレープレミアムメタリック」を選択した場合は、55,000 円高(消費税 10%込)。
  • - 特別塗装色「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は、33,000 円高(消費税 10%込)。

sponsored link


SKY-Xは、その価格設定から、
MAZDA3でも苦戦している...という情報が入ってきています。
2019-mazda3 - Edited
さて、次世代モデルの第2弾「CX-30」では?
もう少し、価格設定、どうにかならないですかね...

この先に、電動化されたパワートレインもあるんですが、
おいくらになっちゃうのか???
mazda etpv

sponsored link


マツダの最新記事一覧は、こちらから
※マツダの最新モデルデザインギャラリーは、こちらから
MAZDA.jpeg
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/4242-003f0de3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
レストア 伊藤かずえ シーマ ビスポーク ロールスロイス ワンオフ ソルテラ bZ4X エヴォルティス A110 アルピーヌ クラウンミニバン ファントム 織部焼 カローラSUV カローラクロス クラウンSUV ベルランゴ カングー MPV シルフィ クラウンクルーガー エグザンティア Xantia XM C5 ワーゲンバス IDBUZZ T1 T6 アニメ スーパーカブ エイプリルフール ミラ EVスポーツ S1000 S2000 スポーツ LF-Z アイゴ アイゴX 小型SUV AYGO 軽トラ ピックアップトラック AYGOX コンパクトカー アイゴクロス 愛車遍歴 GMC ワゴニア Jeep ハマー ブロンコ ラングラー 308 ZSX 商用車 MX-30 Hondae 人気記事ランキング オフローダー ランドクルーザー70 ヤリスクロス Cクラス ロゴ モデル3 テスラ ヴェゼル e-POWER e-POWERターボ VEZEL マスク XT4 超高級車 ホンチー センチュリー リフレッシュプラン 新車販売スケジュール ジュリエッタ トナーレ ロータリーエンジンEV 124スパイダー ABARTH OEM エアコン コンパクトSUV カスタム 軽バン キャンパー オートサロン N-VAN センチュリーSUV 高級車 BUDDY 光岡 バディ セコイア タンドラ タコマ フォーランナー ブレイズ EVクラシック レトロ 試乗レポート HR-V リフター ハイゼット タフト カスタムカー RX-7 ロータリースポーツ アミ マイクロモビリティ ami 超小型EV フェスティバ ランティス ハイオク レギュラー 33ストラダーレ 4Cスパイダー オープンカー 角田 アルファタウリ 試乗動画 シビックタイプR レヴォーグ 日本カーオブザイヤー シエンタクロスオーバー メルセデス マイバッハ Sクラス セダンプラス MAZDA6 ボルボ P1800 シアン ホンダe ロックスター FR 911 911サファリ ラリー ポルシェ MRJ 航空機 三菱重工 エクリプスクロスPHEV エクリプスクロス PHEV ハマーEV マグナイト ビターラ ブレッツァ アーバンクルーザー 節税 レンジエクステンダーEV アリア ジムニーシエラ コスモスポーツ DAMD LittleB EchoAuto Amazon マルチベッド オーテック NV350 車中泊 NV200 ステランティス マキシマ シルフィー LC500 パトカー スーパーカー 2シリーズ 2シリーズクーペ カローラツーリング スウェイス スターレット バレーノ 木村拓哉 サファリ ランボルギーニ ウルス キドニーグリル 4シリーズ ジープ グランドワゴニア アイサイトX ハイラックス TOM'S アルピナ スポーツカー スーパースポーツ ETC決済 ケンタッキー シビックTYPE-R CAFE規制 ARIYA ランキング MBUX 復刻 2000GT アクロス モーターショー ジュネーブモーターショー MAZDA2 軽SUV GLA GLB SUVクーペ グランツーリスモ RX-VISION 中国市場 LM AZ-1 ガラスルーフ コロナ レンタカー ハーツ タホ ポリスカー シボレー スピードスター ランドローバー ディフェンダー レゴ ペーパークラフト GRヤリス R360 アトラージュ 小型車 ディーラー ローマ クーペ パトロール グランエース Vクラス トレノ fitvsyaris トヨタウン ジュリア 白バイ 電動バイク タタ e Honda グロリア カクタスM ゲレンデタクシー fitvstyaris Nワゴン 空飛ぶクルマ eVTOL コンセプトカー FUTURO-e マカン マカンGTS ヤリスSUV GR イタリア警察 ネオクラシック 2020 箱根駅伝 センチュリーGRMN ロードスターRF 100周年 ロンドンタクシー ジャパンタクシー タクシー X2 124rally 124spider アバルト ダカールラリー レジェンド サイバートラック ポルシェドライブ Gクラス ライズ フライングスパー ラフジュアリー スポーツセダン ベントレー マジェスティ グランヴィア T-Cross UX300e UX マツダ3 TCR 1シリーズ バカボン レンジローバー e-TPV CX-30 ロッキー コペンGR ボーイング ゴルフ8 終売 TYPE-R プロサングエ ハイエース プロエース キャンピングカー 豊田章男 鈴木修 DS3 SUVミニバン メルセデス・ベンツ GOLF8 ゴルフ8 WR-V MAZDA3 SKYACTIV-X S-AWC 4WD E-Four タイプS TLX ホンダジェット GXOR GX LCコンバーチブル LC 時計 STI ワゴン プロエースシティ 商用バン MR2 Cセグメント Aクラスセダン Aクラス コルベット C3エアクロスSUV ステルヴィオ パジェロスポーツ メガネ デザイナー e-mehari C4カクタス 3列SUV メルセデスベンツ GLE ビーゴ FJクルーザー ラッシュ カローラセダン いすゞ ID.R レーシングカー C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス ファミリア Q70 Q60 ソリオ 神田松之丞 R-Line 講談 コラボ ekクロス マツダ3 タントSUV ウェイク ミニランクル モデルY ゴーン 教習車 クラシックカー ミニ MINI セリカ 3シリーズ CX-X CX-10 CX-6 無印良品 MUJI+Car ルーチェ V60 S60 インサイト MX-5 KINTO サブスクリプション Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス 2050 アーバンEV レトロデザイン 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア ベビーカー サウンドシッター MX-6 イタルデザイン XC40 C-HR ダイソン S660ネオクラシック マツダコネクト 大坂なおみ カルロス・ゴーン 公用車 CX-8 世界販売 X1 T-ROC レネゲード MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI DS7 ラグジュアリー I-PACE F-PACE ジャガー AMG ブラバス イーロンマスク コネクティッド UBER カラシニコフ XC60 ティグアン トゥーラン クラリティ スパーカー モータースポーツ ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ウルヴァリン ヤマハ カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース スーパーキャリー 軽商用車 ランサー キャリイ SUZUKI スーパーキャリイ フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA 3輪 モーガン CarPlay RX-4 FT-4X Fjクルーザー FT-AC Tjクルーザー IMx GTクーペ アテンザワゴン 124GT E-PACE アセント パサート SGP デリカD6 VOLVO LF-1 レースクイーン BREEZE インフォテイメント AndroidAuto ナビ e-Palette 新年 賀詞交歓会 ランエボ 年間ランキング クロスビー GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR ft-ac ft-4x T70 ナバラ ヴェヌーシア C001 DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION XT5 メルセデス・ベンツ’ アルテオン e-evolution LS アストンマーチン 潜水艦 F-TYPE 5008 GRMN スイフトスポーツ brz T-SUV ハラックス ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア JEEP ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power ディザイア スイフトセダン 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー Q2 最新モデル アウディ Q8 Q4 X7 CROSSOVER7 GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナe-POWER セレナHV フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ クラウンTGR バイク S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ トール ムーヴキャンバス トヨペット スイフトHV XR ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー トールカスタム シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ bB ピクシスジョイ プロパイロット QX50 VC-Tエンジン DS4クロスバック GLT SX-4 S-CROSS プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 D-MAX ドライブパイロット Eクラス デザイン ヒナタ ムーヴコンテ 508 XR-PHEV IDSコンセプト NBOXスラッシュ プレミオ アリオン ウェイクバン ハイゼットキャディー GRIPZ パイロットドライブ レヴォーグSTI 排ガス不正 ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスワゴン オーリスHV オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY WCOTY iQ カローラルミオン イスト KOERU レヴァンテ ギブリ マセラティ 試乗インプレッション FCV アテンザSUV アクセラSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン トゥアレグ シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック スポーツクーペ LC500h ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX スペースツアラー スペースツアラーハイフンコンセプト フィエスタ GO-cross KWID GLSクーペ GLEクーペ GLS LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ アイオニック プリウスハンター ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN コペンワゴン コペンクーペ キャスト i5 エキスパート トラベラー 商用ミニバン エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー オデッセイHV 1シリーズ コンパクトセダン 1シリーズセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO TIPO エーゲ ヨタハチ KIKAI マツダスポーツコンセプト ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シビック・ツアラー GTE ゴルフGTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア Gripz レガシィB4 テリオス アップ クロスアップ LX570 エクスプローラー MKX フォーカス リンカーン V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iK-2 ブースタージェット iM-4 コペンセロ プラドディーゼル GLK Applecar icar Apple imove セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 エアクロス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー バス サイオンiA カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン TT スタイルLB 販売台数ランキング トヨタ初売り カローラ店 マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン グレース フィットセダン キックスコンセプト デミオ試乗 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-Golf e-up! up! ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x イニシャルパリ エスパス S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー X6 コンセプトクーペSUV ヴィターラ SPA ジュークRS ESQ NX試乗 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana VIZIV2 自動車取得税 消費税 アクセラ納車 GO X3 NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT City iPhone carplay セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー メガーヌ R-space GC-PHEV エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー BMWクーペ DUNK CB400

NEWCAR-DESIGN