FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

スバル「新型フォレスター」価格も判明!ハイブリッド「e-BOXER」は309万円〜!

 スバル「新型フォレスター」が先行予約を開始。
ハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルなど、価格も判明しています!
Advance.jpg



スバルがNYで先行公開していた「新型フォレスター」ですが、
早くも日本で先行予約を開始です。

まず、デザインなのですが、
基本モデルは以下のようなデザインに。
※デザイン詳細はそれぞれの画像クリックでギャラリーページへ
スバル「新型フォレスター X-BREAK」発売開始;公式デザインギャラリー!
X-BREAK.jpg

スバル「新型フォレスター Premium」公式デザインギャラリー!
Premium.jpg

sponsored link


注目は、e-BOXERと名付けられたハイブリッドモデルで、
デザインも差別化されています。
スバル「新型フォレスター」先行予約;e-BOXER搭載のAdvance設定!
Advance.jpg

エントリーモデルのTouringも。
スバル「新型フォレスター」国内での先行予約開始;公式カタログ公開!
Touring.jpg

sponsored link


公式では、まだ価格表等が出ていないのですが、
販売店周りでは、グレード設定や価格までわかっていますので、
まとめて価格情報まで。
以下、サンコーオートさんのブログから。

新型フォレスター グレードと、グレード間の差

●グレード
2.5L DOHCエンジン Touring 2,808,000~
2.5L DOHCエンジン Premium 3,024,000~
2.5L DOHCエンジン X-BREAK 2,916,000~
2.0L DOHC+e-BOXER Advance(ドライバーモニタリングシステム標準搭載)3,099,600~
全車サイドビューモニター標準装備

■2.5L DOHCエンジン Touring・・・スタンダードモデル
標準装備
17インチアルミホイル、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
電動パーキングブレーキ、ステアリングヒーター、フルオートエアコン、コンビ合皮シート
シートヒーター(運・助・後)、USB電源、アイサイト(ツーリングアシスト付)、サイドビューモニター、歩行者保護エアバッグ

■2.5L DOHCエンジン Premium・・・ハイグレードモデル
Touringから追加される装備
18インチアルミホイル、LEDフロントフォグランプ、光輝ウィンドーモール
アイサイトセイフティプラス(運転支援)

■2.5L DOHCエンジン X-BREAK・・・アクティブモデル
Touringから追加される装備
17インチ/ガンメタ塗装アルミホイル&オールシーズンタイヤ、LEDフロントフォグランプ
本革巻きステアリング/シフトブーツ/シフトパネル/専用撥水シート/センタートレイ/フロアコンソールリッド オレンジ加飾
LEDカーゴルームランプ/リヤゲートランプ、撥水カードフロアボード
専用オレンジルーフレール

■2.0L DOHC+e-BOXER Advance・・・e-BOXER搭載ハイブリッドモデル
Touringから追加される装備
18インチアルミホイル、LEDフロントフォグランプ、サテンメッキドアミラー、
専用コンビ合皮シート、光輝ウィンドーモール、メッキドアハンドル、ドライバーモニタリングシステム
アイサイトセイフティプラス(運転支援)

ハイブリッドモデルは、それほど価格差もないマイルドハイブリッドですが、
「e-BOXER」との名付け方含めて、
試乗レポートも非常に楽しみですね。

sponsored link


以下、スバル公式の新型フォレスターに関する
ニュースリリースです。

新型「フォレスター」 先行予約を開始

~SUBARU初の乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用、
水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」を設定~
SUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」*1を採用。車がドライバーを“おもてなし”して、安全な走行をサポート。
モーターアシストによる軽快な加速により、日常シーンでも走りが愉しめる「e-BOXER」*2を搭載。
「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用。クラストップレベルの快適性と安全性能を実現。
最新の先進安全装備「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車標準装備。

SUBARUは、新型「フォレスター」の今夏発売に先立ち、本日2018年5月18日より先行予約を開始します。

第5世代となる新型「フォレスター」は、SUBARUが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車です。
乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、 使い勝手の良い装備を採用。SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUV らしいたくましさや、機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現しました。
また、SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。さらにSUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加えることで、お客様が豊かさ、快適さ、愉しさ、冒険心といった気持ちを感じられるエモーショナルで身近な存在として、機能・性能を磨き上げました。

<SUBARUホームページ フォレスター>
https://www.subaru.jp/forester/forester/

*1:ドライバーモニタリングシステムは運転者に注意を喚起するものであり、ドライバーの前方不注意や、事故を防止するものではありません。
*2:SUBARUらしい走りの愉しさに加え、環境にも配慮した水平対向エンジン+電動技術の総称。

2018_0518_2-1.jpg2018_0518_2-2.jpg
新型フォレスター
X-BREAK (プロトタイプ)
新型フォレスター
Advance (プロトタイプ)

【商品の主な特徴】
1. デザイン

SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”に基づき、SUVらしい存在感、力強さ、機能性を表現しました。

(1) エクステリア
SUVらしいたくましさや躍動感、豊かな荷室空間や機能性の高さを、モダンキュービックフォルム*3で表現しました。

・LEDハイ&ロービームランプ

全車にLEDヘッドランプを標準装備。水平対向エンジンのピストンの動きを表現したCシェイプのポジションランプにより、力強さを感じさせる精悍なデザインを採用しました。

・LEDフロントフォグランプ

全車にフロントフォグランプを採用し、一部グレードには、3灯式LEDを採用してスポーティさを表現。左右側方の配光エリアを従来のバルブ式に対して拡大し、夜間の視認性を向上。またバルブ式に対して約53%の省電力化を実現しました。

・フロントバンパーガード/リヤバンパーガード

AdvanceとX-BREAKの前後バンパー下部にアンダーガードを採用し、SUVらしいタフさやプロテクションパーツにより守られている安心感を表現しました。またAdvanceはシルバー加飾、X-BREAKはオレンジのアクセントラインを加えて、アンダーガードの存在感を際立たせています。

・サイドクラッディング

ホイールアーチは新たにクラッディングを採用。ホイールまわりを強調したデザインとすることで、走りの力強さと悪路走破性の高さを表現しました。Advanceはシルバー、X-BREAKはオレンジのアクセントを加え、機能性の高さをさらに強調しました。

・アルミホイール

悪路でもしっかりとボディを支える安心感と、確実に大地をとらえる力強さの両面を表現したホイールデザインとし、AdvanceとPremiumは18インチを採用しました。

・ボディカラー

若々しいアクティブなイメージと深みを感じさせる新色「ホライゾンブルー・パール」、「ジャスパーグリーン・メタリック」や「クリムゾンレッド・パール」を含む全9色を展開。冒険心をかき立てられるようなたくましさや、長く乗っていたくなるような信頼感を抱かせるボディカラーをラインアップしました。

(2) インテリア
機能的かつ操作性のよい室内レイアウトを実現するとともに、インストルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現しました。
インテリアカラーは、ブラック、ブラウン、X-BREAK専用カラーの3色を設定しました。

・インストルメントパネル

中央から左右のドアまで一体感をもって広がるダイナミックな造形とし、ラウンド感のある形状とすることで、クルマに守られているような確かな安心感を表現しました。

・フロントドアトリム/リヤドアトリム

ドアトリムはステッチや立体感のあるツインキルト加工を施すことで、上質でゆったりとした雰囲気を感じさせる空間に仕上げました。

・シート

5種類のシートトリムを設定。表皮やステッチにこだわることでSUVならではのタフさや上質感を感じさせるシートとしました。

2. パッケージ/ユーティリティ

どんな場所でも使いやすいボディサイズで、家族全員が快適に過ごせる広い室内空間を実現し、気軽に荷物を積んで出かけたくなる使いやすい荷室や使い勝手を考えた装備を採用しました。

(1) ボディサイズ
全幅とホイールベースを拡大しながらも、最小回転半径を従来型比+0.1mの5.4mに抑えました。さらに低速域での取り回しの良さと高速域での直進安定性を両立したVGR*4ステアリングギヤボックスを採用して、運転のしやすさも向上。どのような場所でも取り回しがよく、狭い道でも安心して運転することができます。

(2) 室内空間
室内幅を拡大し、左右の乗員間の距離にもゆとりをもたせることで、圧迫感の少ないより広々とした空間を実現。またサンルーフの構造を薄くすることで、サンルーフ付き車でも頭上スペースにゆとりの感じられる室内空間を実現しました。
ホイールベース拡大分30mmすべてを後席スペースに活用することで、前後席間距離はクラストップレベルを実現しました。

(3) ラゲッジルーム
スクエアな荷室とし、リヤゲート開口部最大幅は歴代フォレスター最大の1300mmを確保することで、大きな荷物でも積み下ろしをしやすくしました。
パワーリヤゲートの駆動ユニットをゲートステーに内蔵することで、荷室をより広く使えるようにしました。また開閉速度を速くし、リヤゲートが閉まると同時に全ドアが施錠される新しいロック機構も採用。電源、荷室フックや荷室照明の配置を工夫することで、利便性が大幅に向上しました。

(4) 乗降性
リヤドア開度、開口エリア及びCピラーの形状を最適化することで、後席への乗降性が向上しました。
サイドシルをドアパネルで覆い、汚れが付着しにくいクリーンサイドシルを採用。リヤドア開口部のステップは、幅を広げフラットな形状に変更することで、乗降時をはじめ、ルーフレールに荷物を積んで固定する時や、洗車時などの足場としても活用できる仕様としました。

(5) 快適装備
・ドライバーモニタリングシステム*5(SUBARU初)

ドライバーの居眠りやわき見運転を検知する機能に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整する乗員認識技術をSUBARUとして初採用しました。

・シートバックポケット

前席のシートバックに雑誌やスマートフォンを収納できるよう、3つに仕切ったポケットを設定。
足が当たることで汚れやすいシートバック表皮には、さっと拭き取るだけで汚れが落とせる生地を採用しました。

・USB電源ポート

前席に加え後席用に最大2.1A出力の充電USBポートを採用。スマートフォンやタブレット端末の急速充電を可能としました。

・空調システム

きめ細やかな空調設定ができ、乗員数に応じた空調作動が可能なSUBARU初となる空調HMI*6を採用しました。

・オートドアロック/アンロック

車速が約20km/h以上に達すると自動ですべてのドアやリヤゲートをロックし、降車時にはインナーリモートレバー*7やセレクトレバー、エンジンOFFなどの操作により自動でアンロックするオートドアロック/アンロック機能を採用しました。

3. 安全性能

「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備。 乗る人全員が安心して愉しむことができるクルマを目指し、緊急時のみならずあらゆるシーンにおいて安全で愉しいドライブを提供する、SUBARUの総合安全の考え方のもと、クラストップの安全性能を実現しました。

(1) 0次安全
アイポイントの高さから見晴らしがよく、ピラー形状の最適化によって死角を減らし、優れた視界性能を確保。
シート形状やクッションの素材を最適化することで、ドライビング時の疲労を軽減します。

(2) 走行安全
・SUBARU GLOBAL PLATFORM

新プラットフォーム採用により、操舵応答性と操縦安定性を飛躍的に向上。車線変更などでは、操舵に対してクルマがリニアに反応することで、SUVの車高の高さを感じさせない、よりスムーズで安全な移動を可能としました。

・アクティブ・トルク・ベクタリング

アクティブ・トルク・ベクタリングを全車標準装備。旋回時のライントレース性を高め、危険回避とコーナリング性能が向上しました。

・オートビークルホールド

信号待ちなどの際にブレーキペダルを踏み続けなくても、車両の停止状態を保持するオートビークルホールドを採用し、日常領域の運転負荷を軽減しました。

(3) 予防安全
・アイサイト・ツーリングアシスト

アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。全車速追従機能付クルーズコントロールに加え、車線中央維持機能と先行車追従操舵機能をフォレスターとして初採用。全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御して運転を支援。自動車専用道路での疲労を大幅に低減します。

・後退時自動ブレーキシステム

後方障害物警報機能と後退時自動ブレーキの2つの機能を備えた、後退時自動ブレーキシステムを全車標準装備。後方の安全をサポートします。

・フロントビューモニター

フロントグリルに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示。見通しの悪い交差点での衝突事故防止に貢献するとともに、駐車・発進時などの前方確認をサポートします。

・サイドビューモニター

助手席側ドアミラー下部のサイドアンダーミラーをカメラ化し、マルチファンクションディスプレイに表示するサイドビューモニターを全車標準装備。死角が多い車両の助手席前方を視認でき、駐車時の幅寄せなど、様々なシチュエーションで運転をサポートします。

・スマートリヤビューミラー

リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートします。

・ドライバーモニタリングシステム*5(SUBARU初)

マルチファンクションディスプレイのバイザー部に設置した専用カメラがドライバーをモニタリングし、安全な走行をサポートします。ドライバーの居眠りを推定した場合は、メーターやマルチファンクションディスプレイへの警告表示と警報音で、ドライバーと同乗者に注意喚起。わき見を推定した場合には、メーターへの警告表示と警報音でドライバーに注意喚起を行います。

(4) 衝突安全
・SUBARU GLOBAL PLATFORM

新プラットフォーム採用により衝突安全性能が大幅に向上。衝突時のエネルギー吸収量を増大させて、乗員保護性能を一段と高めました。またボディ構造の最適化と高張力鋼板の適切な配置により、質量増を抑えながら、前面・側面・後面すべての衝突安全性を向上させました。

・歩行者保護エアバッグ

歩行者保護エアバッグを全車標準装備。バンパー内部の圧力センサーにより歩行者との衝突事故を検知し、瞬時にフロントガラスとAピラーの下端をエアバッグで覆うことで、歩行者の頭部へのダメージ軽減を図ります。

・運転席SRSニーエアバッグ

前面衝突時にドライバーの下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグを採用。従来からのデュアルSRSエアバッグ、側面衝突時に乗員を保護するためのSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグも含め、合計7つ*8の乗員保護用エアバッグを標準装備することで、トップクラスの乗員保護性能を目指しました。

4. 走行性能

新プラットフォーム採用により、操舵応答性と操縦安定性を一段と高めました。SUVとは思えないロールの少なさを実現するとともに、危険回避性能も大幅に向上。また、走りの基本性能だけではなく、乗り心地や静粛性も飛躍的に進化しました。

(1) 操縦安定性
新プラットフォーム採用により、車体とシャシーの大幅な剛性向上を実現。また、サスペンションなど足回り機構が進化。さらにVGR*4ステアリングギヤボックスの採用などにより、操舵応答性を向上。さらにペダルの踏み始めから制動力がしっかりと立ち上がる高性能ブレーキシステムを採用しました。

(2) 静粛性
新プラットフォームの採用によるプラットフォームと上屋骨格の結合強化や、リヤゲート開口部の骨格構造見直しなどにより、ねじり剛性などの車体剛性を大幅に向上し、振動・騒音を低減しました。さらに「入力分離式マウント」を採用することで、路面からの振動を効果的に遮断し、上質な乗り心地を実現。段差を乗り越えた際の振動も短時間で収束させるようにして、快適性を高めています。
騒音については、吸音材の使用拡大などによりエンジンやトランスミッションから伝わる高周波音を可能な限り遮断。また制振材の配置を最適化し、長距離ドライブで疲労の原因となる、高周波ノイズやロードノイズを低減しました。

(3) 快適な乗り心地
サスペンションの取付け部剛性を高めることで、しっかりとダンパーを動かせるようにするとともに、ダンパーの減衰力を最適化。さらにリヤスタビライザーを車体に直接取り付けることでサブフレームへの入力が減り、車体の揺れを抑えました。

5. パワートレイン

新開発の2.0リッター直噴エンジンとモーターアシストにより、日常シーンでも走りが愉しめる「e-BOXER」を搭載。また進化したX-MODEを採用することで、SUVとしての本格性能もさらに高めました。

(1) e-BOXER
SUBARU独自の、2.0リッター直噴NA水平対向エンジン+電動技術=「e-BOXER」を新採用。リチウムイオンバッテリー採用に伴い、SI-DRIVEの制御を変更。モーターが力強くパワーアシストすることで、ガソリン車を上回る力強い加速性能を発揮する設定としました。
またX-MODEやアイサイトと協調制御。モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能を高めています。

(2) 2.5リッター直噴NAエンジン
燃料システムの直噴化をはじめ、約90%の部品で設計を見直すことで、優れた燃費と実用域トルクの向上を実現しました。

(3) シンメトリカルAWD
あらゆる環境下で、AWDのメリットを最大限に引き出すことができるアクティブトルクスプリットAWDを全車標準装備。リアルタイム制御により4つのタイヤに最適なトルクを配分。優れた悪路走破性を発揮します。

(4) X-MODE
滑りやすい路面等で、エンジン、トランスミッション、ブレーキ等をコントロールするX-MODEは制御を最適化することで悪路走破性を向上。また路面状況に合わせて2つのモードを簡単に切り替えられるスイッチを設定することで、ドライバーにさらなる安心感をもたらします。

*3:キュービックなシルエットがもたらす容積感と、左右フェンダーの張り出しによるスタンスの良さを併せ持ったフォルム。
*4: Variable Gear Ratio
*5:ドライバーモニタリングシステムは運転者に注意を喚起するものであり、ドライバーの前方不注意や、事故を防止するものではありません。
*6:Human Machine Interface
*7:フロントドアのみ
*8:運転席SRSニーエアバッグ、デュアルSRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ

【新型「フォレスター」(プロトタイプ)主要諸元】 ※数値は参考値

グレードTouring/Premium/X-BREAKAdvance
全長×全幅(mm)4625×1815
全高(mm)1715(X-BREAK、ルーフレール装着車は+15mm)
ホイールベース(mm)2670
最低地上高(mm)220
エンジン排気量・種類2.5ℓ DOHC 16バルブ
デュアルAVCS 直噴
2.0ℓ DOHC 16バルブ
デュアルAVCS 直噴+モーター
最大出力[ネット][kW(PS)]136(184)/5800107(145)/6000
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)]239(24.4)/4400188(19.2)/4000
燃費[km/ℓ]
(JC08モード・社内測定値)
14.6*918.6
モーター種類交流同期電動機
最高出力[kW(PS)]10(13.6)
最大トルク[N・m(kgf・m)]65(6.6)
トランスミッションリニアトロニック
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
サスペンション形式[前/後]ストラット式/ダブルウィッシュボーン式
タイヤサイズ225/60R17(Touring)
225/55R18(Premium)
225/60R17*10(X-BREAK)
225/55R18

*9:メーカーオプション装着車は、燃費値が異なります。
*10:オールシーズンタイヤ

この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/3840-3b21f455

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
ジュネーブモーターショー モーターショー GRヤリス シビックタイプR スポーツ 小型SUV S2000 タタ ハリアー Honda e グロリア カクタスM ランボルギーニ ウルス スーパーカー FUTURO-e ジムニー ランドクルーザー ゲレンデタクシー A110 アルピーヌ ハマー キャンパー グランエース LM N-WGN Nワゴン 空飛ぶクルマ eVTOL コンセプトカー センチュリー 試乗レポート マカン ポルシェ マカンGTS ヤリスSUV ヤリスクロス GR イタリア警察 オートサロン カスタム ブロンコ ハスラー N-VAN ネオクラシック 2020 センチュリーGRMN 箱根駅伝 ロードスターRF 100周年 コスモスポーツ オフローダー ジャパンタクシー ロンドンタクシー タクシー X2 軽SUV アバルト 124spider 124rally ハイラックス ラリー ダカールラリー レジェンド 自動運転 スイフト サイバートラック テスラ ピックアップトラック 124スパイダー レンタカー ポルシェドライブ Gクラス ライズ フライングスパー ラフジュアリー ベントレー スポーツセダン グランヴィア マジェスティ T-Cross UX UX300e マツダ3 TCR フェアレディZ スポーツカー 1シリーズ バカボン レンジローバー ディフェンダー ランドローバー レヴォーグ MX-30 CX-30 e-TPV ロッキー コペンGR ボーイング ゴルフ8 ベルランゴ リフター MPV RX 終売 TYPE-R SUVクーペ プロサングエ RX-9 キャンピングカー 商用車 ハイエース プロエース 豊田章男 鈴木修 DS3 メルセデス・ベンツ Bクラス SUVミニバン GLB GLA GOLF8 ゴルフ8 WR-V MAZDA3 SKYACTIV-X 4WD エクリプスクロス S-AWC E-Four タイプS TLX ホンダジェット 航空機 GXOR GX LC LCコンバーチブル オープンカー RX-8 ロータリースポーツ 時計 WRX STI ワゴン プロエースシティ 商用バン MR2 EVスポーツ メルセデス Aクラス Cセグメント Aクラスセダン シボレー コルベット C3エアクロスSUV ステルヴィオ ジュリア パジェロスポーツ デザイナー メガネ e-mehari C4カクタス MAZDA2 MAZDA6 高級車 GLE 3列SUV メルセデスベンツ マークX FJクルーザー ビーゴ ラッシュ カローラツーリング カローラセダン RX-VISION いすゞ レーシングカー ID.R C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス レストア ファミリア Q70 Q60 ジムニーシエラ ソリオ PHEV 神田松之丞 講談 コラボ R-Line エイプリルフール ekクロス マツダ3 タントSUV ウェイク ミニランクル デイズ モデルY ゴーン 教習車 レトロ クラシックカー MINI ミニ セリカ 3シリーズ CX-10 CX-X CX-6 アイゴ 無印良品 MUJI+Car ルーチェ V60 S60 ボルボ インサイト MX-5 KINTO サブスクリプション Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス マクラーレン 2050 アーバンEV レトロデザイン S660 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア ベビーカー サウンドシッター MX-6 イタルデザイン XC40 日本カーオブザイヤー C-HR ダイソン S660ネオクラシック マツダコネクト MBUX 大坂なおみ カルロス・ゴーン アルファード ヴェルファイア 公用車 CX-8 世界販売 C5 X1 Jeep T-ROC レネゲード MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI DS7 ラグジュアリー I-PACE ジャガー F-PACE ブラバス AMG ディーラー イーロンマスク ヴェゼル e-POWER コネクティッド UBER カラシニコフ XC60 トゥーラン ティグアン シビックTYPE-R クラリティ アイサイト タコマ スパーカー 2000GT モータースポーツ FR ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ヤマハ ウルヴァリン カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース スーパーキャリー 軽トラ 軽商用車 エヴォルティス ランサー SUZUKI キャリイ スーパーキャリイ フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA モーガン 3輪 CarPlay RX-4 Tjクルーザー Fjクルーザー FT-AC FT-4X IMx GTクーペ GT アテンザワゴン 124GT E-PACE アセント パサート SGP デリカD6 VOLVO VEZEL LF-1 BREEZE レースクイーン AndroidAuto インフォテイメント ナビ e-Palette 賀詞交歓会 新年 ランエボ 年間ランキング クロスビー GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR ft-4x ft-ac ナバラ ヴェヌーシア T70 NISMO C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION キャデラック XT5 マイバッハ メルセデス・ベンツ’ アルテオン e-evolution LS アストンマーチン 潜水艦 F-TYPE 5008 GRMN スイフトスポーツ brz ハラックス T-SUV プラド ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア JEEP ラングラー ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power スイフトセダン ディザイア 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー ジープ Q2 最新モデル アウディ Q4 Q8 3008 X7 CROSSOVER7 GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナe-POWER セレナHV フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ クラウンTGR バイク XVハイブリッド S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ ムーヴキャンバス トール スライドドア トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ Vクラス グランツアラー トールカスタム アイシス SAI C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ プロパイロット QX50 VC-Tエンジン DS4クロスバック GLT ZSX SX-4 S-CROSS プリウスSUV XMコンセプト QX30 D-MAX BT-50 Eクラス ドライブパイロット デザイン スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ 自動運転技術 308 508 ルーテシア XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ハイゼットキャディー ウェイクバン ハイゼット GRIPZ X4 パイロットドライブ レヴォーグSTI 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード C6 ハイドロ オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY イスト カローラルミオン iQ KOERU マセラティ ギブリ レヴァンテ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン トゥアレグ シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック LC500 スポーツクーペ LC500h ホンダセンシング Cクラス Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ KWID GO-cross GLS GLSクーペ GLEクーペ LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ スマートフォーフォー スマートフォーツー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ ヒュンダイ アイオニック プリウスハンター プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN コペンクーペ キャスト コペンワゴン i5 トラベラー エキスパート 商用ミニバン エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン 1シリーズ コンパクトセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO TIPO エーゲ ヨタハチ スターレット KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 ダウンサイジングターボ エアトライサー マイティデッキ シャア専用オーリス シビック・ツアラー ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ ランチア クラスラー Gripz レガシィB4 Sクラス テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ リンカーン クーガ MKX フォーカス エクスプローラー V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル IS シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iM-4 iK-2 ブースタージェット コペンセロ プラドディーゼル GLK icar Applecar imove Apple セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド スカイアクティブハイブリッド iA ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン infiniti スカイラインクロスオーバー バス ワーゲンバス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB 販売台数ランキング トヨタ初売り カローラ店 マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ up! e-Golf e-up! ディスカバリースポーツ ディスカバリー 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 ヴィターラ SPA ジュークRS ESQ NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 プリウスFCV FCEV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック ノアHV S-HYBRID フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 e-booster 10速DSG 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ納車 アクセラ発表後 GO X3 NM4 ゴルフカブリオレ シロッコ DKWT City iPhone carplay セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 メガーヌ カングー デジール R-space GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー BMWクーペ 2シリーズ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス 新型タントカタログ picasso N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF GOLF7 ゴルフスポーツバン フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト LF-CC SUPERGT カローラHV発表後 クロスフィールダー まとめ記事 衝突回避システム ゴルフ試乗 WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 モジュラーコンセプト 中期経営計画 パワー88 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE 小型ディーゼル IS300h ekカスタム DAYZライダー ベタープレイス XVHV試乗 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー ロータス

NEWCAR-DESIGN