FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
アクセスカウンター

トヨタ「新型プリウスPHV」試乗記をまとめて →「デザインと走りが全然プリウスと違う!」

市販モデルの発売が徐々に近づいてきている、トヨタ「新型プリウスPHV」ですが、
既にその試乗インプレッションがたくさん出ており、その特徴がわかってきています。その評価は?
プリウスPHV - Edited
sponsored link

ロイターの記事から

トヨタの新プリウスPHV、使命は世界販売100万台=エンジニア

トヨタの新プリウスPHV、使命は世界販売100万台=エンジニア ロイター


トヨタ自動車(7203.T)は家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の新型「プリウスPHV」を年内に売り出す。開発責任者の豊島浩二チーフエンジニアはロイターとのインタビューで、「PHVをハイブリッド車(HV)に代わる次世代環境車の柱にする」と述べた。

新型プリウスPHVは、次の全面改良までに世界販売累計で「100万台の規模を売っていかなければならない」と力を込めた。

2代目となる新型プリウスPHVは、年内に日米欧で発売する。トヨタは公式の世界販売目標をまだ発表していない。

プリウスはHVとして1997年に初登場。初代で累計約10万台、2003年投入の2代目で約100万台を売り上げ、約250万台を販売した09年発売の3代目あたりからプリウスは「日米市場では少し市民権を得た」と豊島氏は振り返る。また、100万台くらい売れるとHVのシステムが他のボディ形態でも展開できるようになってきた」という。

豊島氏は、プリウスのHVを広めるという当初の役目は「日米ではほぼ果たせた」と説明。また、HVがそうだったように「ホップ(初代)、ステップ(2代目)のステップがちゃんとできないと、その次のジャンプ(3代目以降)ができない」と指摘し、PHVでも「100万台規模を売っていくのがプリウスのある種の使命だ」と語った。

初代プリウスPHVは2012年1月に発売したが、これまでの世界販売台数は累計約7万5000台と苦戦している。ベースにした3代目プリウスHVと外観がほぼ変わらなかったことや、PHVの売りであるガソリンを使わず電気だけで走れる距離が1回のフル充電で26.4キロと短かったことなどが不振の要因とみられている。

新型プリウスPHVではプリウスHVと違う外観にしたほか、電気のみでの走行距離を60キロ以上に伸ばした。20分で80%まで充電できる。電気だけで走れる最高速度も初代の時速100キロメートルから135キロメートルに引き上げた。屋根に載せた太陽光パネルでは1日当たりの充電で最大約6キロ走行できる。11.6インチのタブレット型の操作パネルを採用し、カーナビなどを見やすく使いやすくした。

sponsored link


プリウスPHVの狙いと特徴がまとめられた記事ですが、
何度もご紹介しているように、現行のプリウスPHVは大失敗で、
あの三菱「アウトランダーPHEV」の方が売れている!なんてことも話題になったものでした。
アウトランダーPHEV
三菱「アウトランダーPHEV」大人気で生産間に合わず!【プリウスPHV】超え?

現行モデル失敗の最大原因は、記事中にも少し触れられていますが、
デザイン的にも、機能的にも、わざわざ充電が必要なPHVを選ぶ理由がなかったこと。
プリウスPHV2
トヨタ「新型プリウスPHV」も【今秋】発売へ → 【EV走行】2倍以上で【脱プリウス】デザイン?

sponsored link


新モデルは、
  • デザインでの差別化
  • 電気走行距離の増加
など、先代の失敗を踏まえた改良をしてきているのですが、

他にも、
  • 太陽光パネルの搭載
  • 大型タブレットの搭載
など、見た目にもわかりやすい先進性を取り入れたコンセプトになり、
プリウスよりも先進的で、高級な車種とうポジションを狙っています。

実際、春の初公開の際にも、
その先進性が中心にアピールされていました。
priusPHV 1920×1080
トヨタ「新型プリウスPHV」発表:【ソーラー発電&超大型ディスプレイ&新デザイン】!

sponsored link


これは、北米での車種名が「Prius Prime」と名付けられていることからも、
トヨタ「新型プリウスPRIME 2017」新デザイン発表;デザイン画像集
2017 Toyota Prius Prime.jpg 1024×576http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/03/698744e56ad90d8381e90272d2540f2a-768x481.jpeg 768w, http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/03/698744e56ad90d8381e90272d2540f2a.jpeg 844w" sizes="(max-width: 728px) 100vw, 728px" pagespeed_url_hash="3587307948" style="border: 0px; margin: 0px; padding: 0px; font-stretch: inherit; font-size: 18px; line-height: 28.8px; font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", "Meiryo UI", Meiryo, Verdana, sans-serif; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; color: rgb(102, 102, 102);" />
トヨタの狙いが鮮明です。

国内では、既にジャーナリスト向けの試乗会も開催されており、
あくまでも、プロトタイプという位置づけですが、
試乗インプレッションもご紹介していましたが、ここでも同じような上級との評価が。
トヨタ「新型プリウスPHV」に河口まなぶが試乗;プリウスより上級?
prius phv testdrive

今回は、先ほどのプリウスPHVの狙いを踏まえたうえで、
自動車雑誌や、一般誌に公開されている、
試乗インプレッションの内容を少しだけご紹介します。

sponsored link


まず、朝日新聞の試乗レポートでは、

新型プリウスPHV、何が違う? 記者が乗ってみた

 サーキットに並ぶ新型車。一見して、通常のHVタイプより精悍(せいかん)な印象だ。シルエットは似ているが、ヘッドランプを細くし、エンブレム周りに透明な樹脂を使うなど、目立つパーツを採用した。現行のプリウスPHVはベースの3代目プリウスと見た目がほぼ同じだが、「差別化できなかったことを教訓に、デザインにもこだわった」(トヨタの技術者)という。

 アクセルを踏むと、スーッと静かに動き出す。聞こえるのはエアコンやタイヤがこすれる音ぐらい。音や振動が大きいエンジンが動いていないためだ。PHVは、充電した電気がなくなるまではモーター中心で走る点が、エンジンをこまめに併用するHVとの違い。それでも、時速100キロ前後になるとエンジンに頼る場面があるが、新型は電池などの工夫で、モーターだけで走る範囲を現行型より大きく広げた。

 最も印象的だったのは加速力。HVタイプはアクセルを踏み込んだ時、速度が上がり始めるまでに一瞬間が空くが、PHVだと、踏んだ瞬間に跳ね上がるように感じる。発電機がモーターとしても働くよう改良したことも、加速の向上につながったという。

 短時間の試乗では体感できなかったが、使い勝手の面では電池の性能が大きな改善点だ。1回の充電でモーターだけで走れる距離が現行型の2倍超の「60キロ以上」になり、トヨタはこの点を強くアピールする。

 ただ、気になる値段は未公表。プリウスPHVの現行型は294万円(消費税込み)から。ベースのHVタイプは代替わりで20万円ほど値上がりした。PHVの新型は高級感を強調していることもあり、業界内では、最低価格が300万円台前半から半ばになるとの見方が多い。

やはり、デザインと加速性能の違いが、語られており、
どちらも、ハイブリッドモデルに比べて。という評価内容に。

また、1回の充電での電動走行距離もよりもアピールポイントだといいうことなんですが、
このあたりは、安心材料にはなりますが、大きく購入者を増やすポイントではないように思います。

価格については、先日お伝えしたように、320万円程度がエントリー価格かなと。
prius prime
トヨタ「新型プリウスPHV」価格判明:現行より+70万円の約320万円〜!4人乗りもネックだが…
300万円台半ばになると、100万台規模は難しいように思います。

sponsored link


また、モータージャーナリストでは、
レスポンスの松下宏氏の試乗インプレッションを。

『プリウスPHV』のプロトタイプ車に試乗した。従来のPHVはいかにもプリウスの派生車という感じで特徴に欠ける部分があったため、今回はプリウスとの違いをデザインでも走りでも明確化してきた。

外観デザインはボディの基本はプリウスながら、PHVは前後のデザインを大きく変更した。フロント回りはLEDヘッドライトの採用など、『ミライ』にも通じる部分のあるデザインとし、リヤはテールランプのデザインを縦から横へと大きく変更し、全く違うクルマのような印象を与えている。

発進はEVモードで走り出す。とても静かでスムーズな走りだ。今回のモデルではジェネレーターもモーターとして走行に使うデュアルモータードライブを実現したので、標準のプリウスと比べて格段に力強い走りが可能である。

試乗は袖ヶ浦フォレストレースウェイのコースで、プリウスとプリウスPHVを乗り比べたが、走りのフィールは静かさや力強さなどの点で、全く別のクルマではないかと思うくらいに異なっていた。

『ゴルフGTE』のGTEモードほどではないが、エコとパワーとノーマルの各モードはそれなりにメリハリが利いていて、走りのフィールには確かな違いがあった。

ということで、判を押したように同じような評価に。
体感的には、走りの違いが一番わかりやすいんでしょうが、
デザイン的には、
その「走りがいい!」デザインには見えない事がちょっとわかりにくいですかね。
トヨタ「新型プリウスPHV」日本モデル;公式デザイン画像集!
%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9phv-%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8aweb%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/09/b65a9376266718edb329408337e0ea73-768x501.png 768w, http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/09/b65a9376266718edb329408337e0ea73.png 807w" sizes="(max-width: 728px) 100vw, 728px" pagespeed_url_hash="2713901129" style="margin: 0px; padding: 0px; border: 0px; font-variant-numeric: inherit; font-stretch: inherit; font-size: 18px; line-height: inherit; font-family: Titillium, Arial, sans-serif; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; color: rgb(102, 102, 102);" />

sponsored link


記事中に出てくる「ゴルフGTE」は、ネーミングの付け方から、そのデザインまで、
「走行性能の高さ」をウリにした車種ですからね。
GOLF GTE VW
VW「新型ゴルフGTE」国内発売!初のプラグインHVは【走り・電気・HV】の3モードで【価格499万円】!

GTEまで行かないにしても、
プリウスとは異なるコンセプトをもう少し明確にしたほうがわかりやすいように思います。
アウトランダーPHEVも、アウトランダーに搭載したからこそ売れたんですから。

次にもう一つ。
ダイヤモンド・オンラインの佃氏のレポートでは、

ベールを脱いだ新型プリウスPHV従来のプリウスとは全くの別物

 トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)に次ぐ次世代環境車の柱として位置づけ、開発した新型「プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)」がベールを脱いだ。PHVは、家庭用のコンセントから直接バッテリーの充電できるハイブリッド車ということだが、より電動車としての走行距離が長くなった。

 トヨタが今冬に発売する新型プリウスPHVの事前試乗会に参加する機会を得て、筆者はこの新型プリウスPHVに試乗してきた。その印象は「トヨタがPHVに本腰を入れた」である。

 まず、この新型プリウスPHVモデルは、スタイリングからしてこれまでのプリウスとは全くの別物と思うほど違う。フロントデザイン、リアのデザインともに差別化してきた。一目でPHVモデルと判断できるのだ。さらに試乗してみると、EVモード走行での加速のレスポンスやコーナリングの切れの良さが体感できた。

 これは現行PHVと4代目プリウスHVの、二つのモデルとの比較試乗での実感である。特に現行PHVモデルとの比較では「これだけ進化したか」と思うほどで、まさに「雲泥の差」の違いがあった。新型モデルではEV走行をいかに重視したかがわかる。

現行のプリウスPHVと比較しても、その走りの差は歴然ということで、
EVらしい低速トルクが目立つ設計にしているというところですかね。

ということで、デザインと走りの差が、プリウスとの大きな差!ということになりそうなんですが、
これ、こういうコンセプトの車なら、プリウスである必要があるのか?という気も。
プリウスであれば、当然「エコであること」が前提になるので、
今回のようなデザイン性と走行性能は、ちょっとわかりにくくなる気がします。

sponsored link


このあたりの、先進性のほうがコンセプトがわかりやすいんですが、
トヨタ「新型プリウスPHV 2017」新デザイン発表;デザイン画像集
2017-toyota-prius-prime-06-0981b83c4e79f1558857a8bead1854fc0-1http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/03/2017-toyota-prius-prime-06-0981b83c4e79f1558857a8bead1854fc0-1-768x432.jpg 768w, http://newcar-design.com/wp-content/uploads/2016/03/2017-toyota-prius-prime-06-0981b83c4e79f1558857a8bead1854fc0-1-1024x576.jpg 1024w" sizes="(max-width: 728px) 100vw, 728px" pagespeed_url_hash="2811657629" style="border: 0px; margin: 0px; padding: 0px; font-stretch: inherit; font-size: 14px; line-height: 22.4px; font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", "Meiryo UI", Meiryo, Verdana, sans-serif; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; color: rgb(102, 102, 102);" />
ちょっと中途半端な感じが。

例えば、
同時期に発売予定のSUV「新型C-HR」なんかであれば、
デザイン✕走行性能というのも、非常にわかりやすくなるんですけどね。
トヨタC-HR
トヨタ「新型C-HR」価格判明!英国価格はターボ280万円~でHVは311万円~!サイズも完全公開!

sponsored link


やはり、プリウスでやることに意味があり、量販に繋がるんだ。
とか、トヨタ的な戦略があるんでしょうが、どうも今までのイメージを引きずりがちだなと。

ここまで、比較的なトヨタの説明と近い、
ポジティブな意見の試乗評価をご紹介してきたのですが、
最後に、新型プリウスPHVの欠点となる記事もご紹介しておきます。

レスポンスの記事では、、、

【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

トヨタ自動車が今冬に発売を予定している新型『プリウスPHV』はモーターだけで走行するEVモードの航続距離が現行の26.4kmから60kmへと2倍以上に引き上げられた。

現行モデルの倍の容量のリチウムイオンバッテリーを始め、バッテリー昇温システムの採用、さらにはシステムそのもの効率化で60kmを達成した。だか、その一方で犠牲になったものがある。それが乗車定員だ。新型プリウスPHVの乗車定員は燃料電池車『MIRAI』と同じ4人となっている。

新型プリウスPHVのプラグインシステムの開発を手がけた市川真士主幹は「車両の企画をするにあたって、何を優先して決めていくのか。やはりEV性能を上げたいとなると、全体的なバランスを勘案して4人乗りになった。EV距離をとらなければ5人乗りでもいけるが、今回60km以上という数値目標が設定された段階で4人乗りでということになった」と明かす。

………………

児玉氏は「PHVのTNGA車両として出すのは、新型プリウスPHVが初になるが、同時に他の車種でパッケージの重量低減活動は行っているので、その活動の成果もプリウスPHVにフィードバックする機会がモデルチェンジを待たずとも今後出てくると思う。モデルチェンジよりも前の段階で5座を提供できる可能性はあると思う」とも話していた。

やっぱり、ここは大きな課題ですよね。
だって4人乗りですよ。基本的には家族で乗るような車ではないのかもしれませんが、、、
まあ、人数だけでなく、当然ながら荷室空間の狭さも課題になってくるでしょうね。

以下の記事でもご紹介しましたが、価格と居住性能の課題を打ち返せるだけの
魅力を提示できるのか?トヨタのやり方にも注目ですね。

以下、プリウスPHVの試乗記へのリンクです。
基本的には、どれも、プリウスとは違う!のオンパレードなんですが、
それが魅力に繋がるのかは???さて。

プリウス/プリウスPHVの最新記事一覧は、こちらから
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/3281-976500d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
グランエース LM Nワゴン N-WGN シビックタイプR スポーツ eVTOL 空飛ぶクルマ コンセプトカー FUTURO-e 小型SUV ジムニー 試乗レポート ポルシェ マカン マカンGTS ヤリスクロス ヤリスSUV GR GRヤリス 旧車 イタリア警察 オートサロン スーパーカー カスタム ブロンコ ハスラー N-VAN ネオクラシック 2020 箱根駅伝 センチュリーGRMN ロードスターRF 100周年 コスモスポーツ オフローダー ジャパンタクシー ロンドンタクシー タクシー X2 軽SUV 124spider 124rally アバルト ラリー ダカールラリー ランドクルーザー ハイラックス 自動運転 レジェンド スイフト サイバートラック ピックアップトラック テスラ 124スパイダー ポルシェドライブ レンタカー Gクラス ライズ ベントレー スポーツセダン フライングスパー ラフジュアリー グランヴィア マジェスティ T-Cross UX300e UX マツダ3 TCR フェアレディZ スポーツカー 1シリーズ バカボン ランドローバー ディフェンダー レンジローバー レヴォーグ MX-30 CX-30 e-TPV ロッキー コペンGR ボーイング ゴルフ8 ベルランゴ リフター MPV RX 終売 TYPE-R SUVクーペ プロサングエ RX-9 商用車 プロエース ハイエース キャンピングカー キャンパー 豊田章男 鈴木修 DS3 SUVミニバン GLB GLA Bクラス メルセデス・ベンツ GOLF8 ゴルフ8 WR-V MAZDA3 SKYACTIV-X 4WD S-AWC エクリプスクロス E-Four タイプS TLX 航空機 ホンダジェット GX GXOR LC LCコンバーチブル オープンカー ロータリースポーツ RX-8 時計 STI WRX ワゴン プロエースシティ 商用バン MR2 EVスポーツ Aクラスセダン Cセグメント メルセデス Aクラス コルベット シボレー C3エアクロスSUV ステルヴィオ ジュリア パジェロスポーツ デザイナー メガネ e-mehari C4カクタス MAZDA6 MAZDA2 高級車 メルセデスベンツ GLE 3列SUV マークX ラッシュ ビーゴ FJクルーザー カローラセダン カローラツーリング RX-VISION いすゞ レーシングカー ID.R C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス レストア ファミリア Q70 Q60 ジムニーシエラ ソリオ PHEV コラボ 神田松之丞 講談 R-Line エイプリルフール ekクロス マツダ3 ウェイク タントSUV ミニランクル デイズ モデルY ゴーン 教習車 ミニ レトロ クラシックカー MINI セリカ 3シリーズ CX-X CX-6 CX-10 アイゴ 電気自動車 MUJI+Car 無印良品 ルーチェ ボルボ V60 S60 インサイト MX-5 KINTO サブスクリプション Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス マクラーレン 2050 アーバンEV センチュリー レトロデザイン S660 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア ベビーカー サウンドシッター MX-6 イタルデザイン 日本カーオブザイヤー XC40 C-HR ダイソン S660ネオクラシック マツダコネクト MBUX 大坂なおみ カルロス・ゴーン アルファード ヴェルファイア 公用車 CX-8 世界販売 C5 X1 Jeep T-ROC レネゲード MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI DS7 ラグジュアリー F-PACE I-PACE ジャガー AMG ブラバス ディーラー イーロンマスク アルピーヌ A110 ヴェゼル e-POWER コネクティッド UBER カラシニコフ XC60 トゥーラン ティグアン シビックTYPE-R クラリティ アイサイト タコマ スパーカー 2000GT モータースポーツ FR ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ヤマハ ウルヴァリン カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース 軽トラ スーパーキャリー 軽商用車 エヴォルティス ランサー キャリイ スーパーキャリイ SUZUKI フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA 3輪 モーガン CarPlay RX-4 ハリアー FT-AC Fjクルーザー Tjクルーザー FT-4X IMx GTクーペ GT アテンザワゴン 124GT E-PACE アセント パサート SGP デリカD6 VOLVO VEZEL S2000 LF-1 レースクイーン BREEZE AndroidAuto インフォテイメント ナビ e-Palette 新年 賀詞交歓会 ランエボ 年間ランキング クロスビー GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR ランボルギーニ ft-4x ft-ac T70 ヴェヌーシア ナバラ NISMO C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION XT5 キャデラック マイバッハ メルセデス・ベンツ’ アルテオン e-evolution LS アストンマーチン 潜水艦 F-TYPE オデッセイ 5008 GRMN スイフトスポーツ brz プラド T-SUV ハラックス ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア JEEP ラングラー ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power ディザイア スイフトセダン 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス ジープ グランドチェロキー Q2 最新モデル Q8 アウディ Q4 3008 X7 CROSSOVER7 GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナHV セレナe-POWER フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ クラウンTGR バイク XVハイブリッド S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ トール スライドドア ムーヴキャンバス トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR タンク ルーミー IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー Vクラス トールカスタム SAI アイシス C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ プロパイロット VC-Tエンジン QX50 DS4クロスバック GLT ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 D-MAX ドライブパイロット Eクラス デザイン スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ 自動運転技術 508 308 ルーテシア XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ プレミオ アリオン ウェイクバン ハイゼット ハイゼットキャディー GRIPZ X4 パイロットドライブ レヴォーグSTI 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY カローラルミオン iQ イスト KOERU マセラティ ギブリ レヴァンテ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン トゥアレグ シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック スポーツクーペ LC500h LC500 ホンダセンシング Cクラス Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ KWID GO-cross GLEクーペ GLS GLSクーペ LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ プリウスハンター アイオニック ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー CX-2 マイクロバス BUDD-e 86GRMN コペンワゴン キャスト コペンクーペ i5 商用ミニバン エキスパート トラベラー エスカレード EQ900 G90 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン 1シリーズ コンパクトセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO エーゲ TIPO ヨタハチ スターレット KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シャア専用オーリス シビック・ツアラー ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ クーガ エクスプローラー MKX リンカーン フォーカス V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル IS シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ IS200t RC200t iM-4 ブースタージェット iK-2 コペンセロ プラドディーゼル GLK Apple imove Applecar icar セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti バス ワーゲンバス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI 911 カイエン TT スタイルLB 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ up! e-Golf e-up! ディスカバリースポーツ ディスカバリー 500x イニシャルパリ エスパス S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI X6 コンセプトクーペSUV ヴィターラ SPA ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 プリウスFCV FCEV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック S-HYBRID ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 e-booster 10速DSG 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 自動車取得税 消費税 アクセラ発表後 アクセラ納車 GO X3 NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT City carplay iPhone セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 メガーヌ カングー R-space デジール GC-PHEV エコドラ TOYOTOWN ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー BMWクーペ 2シリーズ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラーレス ミラクルオープンドア 新型タントカタログ picasso エリシオン N-LIFE route3 UFC AYLA フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF ゴルフスポーツバン GOLF7 フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 クラウンHV モモタロウ レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE 小型ディーゼル IS300h ekカスタム DAYZライダー ベタープレイス XVHV試乗 Twizy 超小型モビリティ 次期CR-V フェンダー ロータス トゥイジー iBeetle RDX

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>