FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

ホンダ「新型フィットHV」の【フロント】は【ハイテク】の象徴?【デザイン革新】の第1弾!

ホンダ渾身の新モデル「新型フィットHV」。
対トヨタという視点、世界最高燃費という視点で注目されることが多いのですが、もう一つの注目ポイントが賛否両論の「デザイン」今回は、新型フィットのデザインを担当したデザインナーが熱く語る記事をご紹介します。
新型フィット デザイン
ここまで自信を持たれると、なんだかかっこ良く見えて来ました・・・詳細は以下から。

オートックワンのインタビュー記事を

【DESIGNER’S ROOM】ホンダ 3代目 新型「フィット」デザイナーインタビュー/本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクター 南俊叙

新型フィット デザイン

新しいフィットから、ホンダのデザインが変わっていく

7月上旬。北海道にあるホンダのテストコース。そこで初めて出会った次期「 フィット 」のカタチは、明らかに、ここ最近のホンダ車とは一線を画していた。まぎれもないフィットに見えつつ、元気や活気にあふれている。そしてプレゼンテーションでは、わざわざデザインに時間を割いて、念入りに説明を行った。新しいフィットから、ホンダのデザインが変わっていくというメッセージが伝わってきた。

そこでホンダの四輪エクステリアデザインのまとめ役である 本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 グローバル・クリエイティブ・ダイレクターの南 俊叙氏 に、北の大地で想いを伺った。

キーワードは「エキサイティング ”H”デザイン」

オートックワン(以下AO):次期 フィット は、ホンダのデザイン部門が新体制になって初めて送り出す市販車になるそうですが。

ホンダ 南 俊叙氏(以下M): 2年前、それまでは役員会などに掛けて決めていた4輪車のデザインを、社長とデザイン部門のトップで決める方法に変えました。そこでインテリアを統括する朝日 嘉徳とエクステリア統括の私が、「グローバル・クリエイティブ・ダイレクター」に任命され、決定権を任されたのです。

といっても、デザイン室そのものはいままでどおり、 ホンダならではの「ワイガヤ」の雰囲気 で進めています。「ワイガヤ」から生まれたアイディアをストレートにプロダクトにするために、プロセスを変えたのです。

AO:新しいメッセージも作りました。

M:伊東社長と話した際に、どんな方向を目指すかが議論になりました。社長からは「カッコいいデザインを作ってくれ」と言われたんですが、こちらとしては、いままでもカッコいいクルマは手掛けてきたと自負しているわけです。そこで2人で「ホンダらしい目標は何か」を考えているうちに、「エキサイティング」という言葉が出てきました。ここから 「エキサイティングHデザイン」 というフレーズが生まれたのです。

コンセプトは「ハイテック」「ハイテンション」「ハイタッチ」

AO:その新しいテーマに沿って次期 フィット をデザインするにあたり、どんなコンセプトで進めようと考えたのでしょうか。

M:まず 先進性 、 骨格・構成 、 面質・上質感 の 3本の柱 を立てました。

それぞれを言い換えると、 ハイテック 、 ハイテンション 、 ハイタッチ となります。ハイテックはホンダならではの未来感、ハイテンションは緊張感のあるパッケージング、ハイタッチは人の手のぬくもりを感じる表面を目指して取り組みました。

AO:フロントマスクからして、これまでのフィットと違いますが。

M:フロントはハイテックを表現した部分で、ソリッドウイングフェイスと名付けました。グリルはクルマの顔であり、お客さんが決めるものではなく、メーカーが決めるものだと考えています。より具体的に言えば、社長が決めるものです。作り手としての意思表示なのですから。だから社長の前で、「これで行きましょう」という言葉とともに、決断を仰ぎました。「分かった」という返事をもらって、この形に決まったのです。

AO:バンパーの両端の縦長マーカーライトも効いています。

M:ヘッドライトはHIDと通常タイプの2種類を用意したんですが、このうちHID仕様のマーカーライトを独立させて、バンパーに配置したのです。

彫刻的なキャラクターラインは自動車らしい動きを表現

AO:フロント以上に印象的だったのがボディサイドです。とにかく彫刻的なキャラクターラインが目を引きました。

M:ここはハイテンションの表現で、ダイナミックな面が交差するイメージです。自動車らしい動きを出すことを目標としました。キャビンを広くとるために、サイドウインドーの面が外に出ているので、ここを立体的に仕立てるのは難しいのです。苦労しました。歩行者保護のためにスカットルの位置を上げなければならないという要件もあったのですが、ウインドスクリーンの位置や角度を考えてスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

AO:ルーフラインが現行形と違っているように見えます。

M:現行形はリアに向かって少しずつ上げていって、後席頭上で頂点になっていましたが、次期形では前席頭上を頂点にして、そこからリアに向けて少しずつ下げていっているのです。ホイールベースを少し伸ばしているので、現行形のままだとリアがかなり重く見えてしまうでしょう。それを意識させないスマートな造形を心掛けたのです。

細部に渡りこだわり抜いたディテールの仕上げ

AO:リアもかなりダイナミックになりました。

M:リアに関しては機能美を心掛けました。具体的には空力性能を突き詰めています。面や線を少し変えるだけでも空力は悪くなってしまうので、けっこう気を遣いました。そのうえで他車との差別化を図りました。具体例がコンビライトです。このクラスの国産車で2分割というのは、コストなどを考えると普通はやりません。良い意味での裏切りを狙ったのです。

AO:サイドウインドーやキャラクターラインの後端とリアコンビランプのラインを揃えてあるので、とてもきれいに見えます。

M:サイドウインドーとリアコンビライトが「くの字」を描いていますが、この角度にもかなり気を配りました。最初に出した3つのポイントのうちのひとつ、ハイタッチの具現化です。こういう線のハーモニーを丁寧に仕上げてこそ、上質に見えるのではないかと考えていました。


シンプルなフォルムで力強い存在感を放つためのワザとは

AO:全体的に感じるのは、いままでの日本車にありがちだった、線の細さがないことだと思うのですが。

M:ヨーロッパのクルマは、離れているとシンプルに見えるのに、近づいていくと面や線の造形がかなり凝っていて、そのクルマがデザインに託したメッセージがはっきり伝わってきます。そのあたりは参考にしました。日本のクルマは逆に、遠くにあっても無駄な線が多くてゴチャゴチャしているのに、近くに寄って見ると弱いというパターンが多かった。そこを変えたかったのです。グローバルモデルだからこそ、 「コンパクトカーだからこの程度」というクオリティの枠を超えたい と考えました。

AO:ボディカラーについてはどうでしょうか。プレゼンテーションの画像を見た限りでは、たくさんの色が用意されているようですが。

M:現在のトレンドでいうと、白、灰、黒のいわゆるモノトーン以外はあまり人気がないようです。でもそれでは良くないと思っていたので、いくつか新色を提案しました。ただしノイズにならない色を目指しました。コンパクトカーというとはっきりした色とイメージすることがありますが、景観を考えれば、うるさく見える色は良くないと思っています。

日本らしさではなく「ホンダらしく」ありたい

AO:インテリアは朝日さんの担当になるわけですが、エクステリアを担当する側から見て、どのように映りましたか。

M:グレードアップを狙っていたのだと思います。シルバーの入れ方は従来の フィット にはなかった手法ですし、ピアノブラックの採用も初めてだったので、デザインを進めている過程では「やり過ぎじゃないか」という声も出たようです。でもエクステリア同様、コンパクトカーという枠にとらわれず、グローバルカーとしてのクオリティを追求したことが、良い結果に結び付いたのではないかと思っています。

AO:今回デザインを手掛けるに当たって、日本車らしさ、日本らしさという部分は意識したのでしょうか。

M:日本車らしさや日本らしさというよりも、ホンダらしさにこだわったつもりです。ホンダのDNAは、創業者の本田宗一郎から連綿と受け継がれてきたものであり、日本らしさとはちょっと違う立ち位置にあるのではないかと考えています。コーポレートデザインのキーワードに「エキサイティング」という言葉を掲げたり、3本の柱の中に「ハイテック」を入れたりしたのは、まさにホンダブランドならではのアプローチではないかと思っています。

大きく変革を遂げた今後のホンダデザインにも期待

僕が免許を取った頃のホンダは、初代シティや2代目プレリュード、3代目「ワンダー」シビックなど、とにかくデザインが冴えていた。モダンで、カッコよくて、ワクワクやドキドキがあふれていた。話を聞きながら、あの頃の勢いを取り戻したかもしれないと期待を抱いている自分がいた。「それに比べて最近のホンダは…」という言葉を、誰よりもホンダ自身が深刻に受け止めていたのだろう。次期 フィット を含めて、今後のホンダ・デザインに注目したい。

なるほど。うーん・・・。
あのフロントグリルは、「ハイテック」の表現なんですね。
正直、あまりピンと来なかったのですが、先日ご紹介した以下の記事を読むと、なんだが、胸のつかえがスッと落ちたような気がします。

この記事でも出てきていますが、今回の新型フィット最大のテーマは、「グローバル」ではないでしょうか。
デザインが全世界で統一されますから、必然的に、ボリュームの多いエリア、戦略的に獲得すべきエリア、
そんなエリアの嗜好性が重視されます。
そして、そのエリアは「北米」と「アジアを中心とした新興国」です。

つまり、「ハイテック」と言えど、日本人が感じるものではなく、「アメリカ人や新興国」の人が感じやすいもの。
こう言われると、今回の新型フィットのデザインも合点が行きませんか?
新型フィットハイブリッド画像 
個人的には、どうしてもこのフロントデザインを「ハイテック」と捉えられないのですが、
私たちはターゲットじゃないということなんでしょうね・・・

みなさんはこのデザイン、どのように評価されますか?
ご意見をお寄せください。(下の方にコメント欄あります)

※新型フィットの記事一覧は、こちらから
※ホンダの新型モデルの記事一覧
は以下から!
ホンダ ロゴ matome.jpg 
【ホンダの新型車まとめ】「新型ハイブリッド」&「新型ディーゼル」など:記事一覧【ホンダ】
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 

Comment

No.613 / SS [#-] No Title

安っぽく、男性ウケも女性ウケもしない感じですね。
トヨタにしても日産にしてもホンダにしても思うのですが、世界でフロントを似せたデザインにする必要があるのか?と思います。世界共通デザインがホンダや日産のように超ダサいと素人目にも思う場合、救いようがない…

2013-08/17 22:13 (Sat)

No.615 / [#-] No Title

確かに日本向けのフロントじゃない。
けど、だんだん見慣れてきたなぁ〜

この車が売れるかどうか結構気になるww

2013-08/17 22:41 (Sat)

No.616 / [#-]

フィットのこのデザイン見馴れるとかっこよく見えてきた。シルバーやオレンジなんかだとかっこよく見える。アクセラなんかとは比べられないですが

2013-08/18 09:47 (Sun)

No.617 / デザインナー [#C2dDa06.]

冒頭の文デザインナーってなんだ

2013-08/18 09:55 (Sun) 編集

No.618 / jr [#-]

ボディーカラーのせい?韓国や中国、新興国のクルマにしか見えない。フロントに洗練さを感じない。燃費が売りだけ。

2013-08/18 10:30 (Sun)

No.619 / [#-]

ディーラー行ったらちょうど販促映像流れてたんですが、
動いてる姿や様々な角度から見ると実は結構カッコいいと感じました。
個人的な感想ですが、ネットや雑誌などの一枚絵での見栄えとずいぶん印象が違い、
全体として纏まったスタイルだと思います。
どちらかというとフロントよりリアのデザインをもう少し頑張って欲しかったです。

2013-08/18 11:51 (Sun)

No.621 / やっちん [#-] No Title

このデザイン、有りか無しかと聞かれたら、自分は「無し」ですね。
機能的にはいい車でも、スイフトの方が余程カッコいいと思います。
デミオやミラージュのデザインの方が女性受けしそうだし、だれが
カッコいいというのでしょうか。

2013-08/18 15:48 (Sun)

No.622 / tttttttttt [#-] No Title

現行フィットも、
フロントデザイン(バンパーやグリル)を途中で変更してるので
これも営業の圧力(?) で変更されるのではないかな??

2013-08/18 18:07 (Sun)

No.623 / [#-]

今、エクステリアデザインに関して、ホンダとマツダで対極のアプローチをしている。

魂動コンセプトを発表後、別系統のコンセプトでデザインされたアテンザを作ったものの、各国の販売側から「こんなものより 靭(SHINARI)を商品化しろ!」と怒られて、ゼロからデザインし直したマツダ。

多くの意見を聞くと保守的になる…と、社長とデザイナー部門のトップだけで決める体制にして、デザイナーの感性を全面に出す形でゼロからデザインし直したホンダ。
しかもデザイン統括が、レジェンドのサイドウインドウの処理で技術部と大喧嘩した「伝説」を持つほど押しの強い南俊叙氏。

フィット3は問題なく売れると思うんだけど、ホンダ全体としては大丈夫なんだろうか?と思わされる流れに見える。

2013-08/18 22:36 (Sun)

No.624 / ブー [#C2dDa06.]

まぁ、欲しいかと聞かれれば「欲しくない」デザインですね。デミオやスイフト、ノートやアクアの中に入れても最初に除外します。デザインだけで採点したら、、
うーん、34点!(100点中)

2013-08/18 23:03 (Sun) 編集

No.626 / take2717@yahoo.co.jp [#-] No Title

1からやりなおした自信のデザイン、デザイナーさんどや顔ですが、未来感?、良いデザインとは感じません。
今後さらなる激戦が予想される中。デザイン、燃費、価格は重要なファクターです。
社運をかけた車、技術、価格面ではまずまずですが、デザインで残念です。
Nboxのように、価格、燃費、デザインではなく、アートディレクターの支援により、売れるかもしません。
現状カーデザインに関しては、EUの方がすぐれている面が多々あり、良い所は取り入れるべきだと思います。

2013-08/19 12:52 (Mon)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/1544-ec256081

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
ARIYA アリア 復刻 スポーツ 2000GT アクロス モーターショー ジュネーブモーターショー MAZDA2 S2000 小型SUV e-POWER 軽SUV ハスラー カスタム タフト ローグ GLB GLA SUVクーペ MX-30 RX-VISION グランツーリスモ MAZDA6 センチュリー フェアレディZ LM 中国市場 AZ-1 ガラスルーフ ハーツ レンタカー コロナ シボレー タホ ポリスカー スピードスター ハリアー シルフィ マキシマ レゴ ランドローバー ディフェンダー ペーパークラフト ヤリスクロス GRヤリス R360 小型車 アトラージュ ディーラー パトロール グランエース Vクラス 高級車 トレノ fitvsyaris TOYOTOWN トヨタウン ブロンコ ジュリア 電動バイク 白バイ ロゴ シビックタイプR タタ e Honda グロリア カクタスM ランドクルーザー ゲレンデタクシー アルピーヌ A110 ハマー fitvstyaris N-WGN Nワゴン 空飛ぶクルマ eVTOL FUTURO-e コンセプトカー ジムニー 試乗レポート マカン マカンGTS ポルシェ ヤリスSUV GR イタリア警察 スーパーカー オートサロン N-VAN ネオクラシック 2020 センチュリーGRMN 箱根駅伝 ロードスターRF 100周年 コスモスポーツ オフローダー タクシー ロンドンタクシー ジャパンタクシー X2 アバルト 124spider 124rally ラリー ダカールラリー ハイラックス レジェンド 自動運転 スイフト テスラ サイバートラック ピックアップトラック 124スパイダー ポルシェドライブ Gクラス ライズ ベントレー ラフジュアリー フライングスパー スポーツセダン グランヴィア マジェスティ T-Cross UX300e UX TCR マツダ3 スポーツカー 1シリーズ バカボン レンジローバー レヴォーグ CX-30 e-TPV ロッキー コペンGR ボーイング ゴルフ8 MPV リフター ベルランゴ RX 終売 TYPE-R プロサングエ RX-9 キャンピングカー ハイエース 商用車 プロエース キャンパー 鈴木修 豊田章男 DS3 Bクラス SUVミニバン メルセデス・ベンツ GOLF8 ゴルフ8 WR-V SKYACTIV-X MAZDA3 E-Four S-AWC エクリプスクロス 4WD TLX タイプS 航空機 ホンダジェット GXOR GX LCコンバーチブル LC オープンカー ロータリースポーツ RX-8 WRX STI 時計 ワゴン プロエースシティ 商用バン MR2 EVスポーツ Cセグメント Aクラス Aクラスセダン メルセデス コルベット C3エアクロスSUV ステルヴィオ パジェロスポーツ メガネ デザイナー C4カクタス e-mehari メルセデスベンツ GLE 3列SUV ラッシュ FJクルーザー ビーゴ カローラセダン カローラツーリング いすゞ レーシングカー ID.R C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス ファミリア レストア Q70 Q60 ジムニーシエラ ソリオ PHEV R-Line 講談 コラボ 神田松之丞 エイプリルフール ekクロス マツダ3 タントSUV ウェイク ミニランクル デイズ モデルY ゴーン 教習車 クラシックカー ミニ MINI レトロ セリカ 3シリーズ CX-X CX-6 CX-10 アイゴ MUJI+Car 無印良品 ルーチェ ボルボ V60 S60 インサイト MX-5 サブスクリプション KINTO Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス 2050 アーバンEV S660 レトロデザイン 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア サウンドシッター ベビーカー MX-6 イタルデザイン 日本カーオブザイヤー XC40 C-HR ダイソン S660ネオクラシック MBUX マツダコネクト 大坂なおみ カルロス・ゴーン アルファード ヴェルファイア 公用車 CX-8 世界販売 C5 X1 Jeep レネゲード T-ROC MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI ラグジュアリー DS7 I-PACE F-PACE ジャガー ブラバス AMG イーロンマスク ヴェゼル コネクティッド UBER カラシニコフ XC60 トゥーラン ティグアン シビックTYPE-R クラリティ アイサイト タコマ スパーカー モータースポーツ FR ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ヤマハ ウルヴァリン カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース 軽トラ スーパーキャリー 軽商用車 エヴォルティス ランサー SUZUKI スーパーキャリイ キャリイ フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA モーガン 3輪 CarPlay RX-4 Fjクルーザー Tjクルーザー FT-4X FT-AC IMx GTクーペ GT アテンザワゴン 124GT E-PACE アセント パサート SGP デリカD6 VOLVO VEZEL LF-1 BREEZE レースクイーン インフォテイメント AndroidAuto ナビ e-Palette 賀詞交歓会 新年 ランエボ 年間ランキング クロスビー GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR ランボルギーニ ft-4x ft-ac T70 ヴェヌーシア ナバラ NISMO C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION キャデラック XT5 メルセデス・ベンツ’ マイバッハ アルテオン e-evolution LS 潜水艦 アストンマーチン F-TYPE 5008 GRMN スイフトスポーツ brz ハラックス プラド T-SUV ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア ラングラー JEEP ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power ディザイア スイフトセダン 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー ジープ Q2 最新モデル Q8 アウディ Q4 3008 X7 CROSSOVER7 GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナe-POWER セレナHV フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ クラウンTGR バイク XVハイブリッド S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ トール ムーヴキャンバス スライドドア トヨペット スイフトHV XR タンク ルーミー IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー トールカスタム アイシス SAI C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ピクシスジョイ プロパイロット VC-Tエンジン QX50 DS4クロスバック GLT ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 D-MAX ドライブパイロット Eクラス デザイン ムーヴコンテ ヒナタ 自動運転技術 308 508 ルーテシア XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ハイゼット ハイゼットキャディー ウェイクバン GRIPZ X4 パイロットドライブ レヴォーグSTI 排ガス不正 ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード C6 ハイドロ オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY カローラルミオン イスト iQ KOERU マセラティ ギブリ レヴァンテ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン トゥアレグ シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック LC500h LC500 スポーツクーペ ホンダセンシング Cクラス Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー フィエスタ GO-cross KWID GLEクーペ GLSクーペ GLS LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ スマートフォーフォー スマートフォーツー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ アイオニック プリウスハンター ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー CX-2 マイクロバス BUDD-e 86GRMN キャスト コペンワゴン コペンクーペ i5 エキスパート 商用ミニバン トラベラー エスカレード EQ900 G90 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズ コンパクトセダン 1シリーズセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO エーゲ TIPO ヨタハチ スターレット KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シャア専用オーリス シビック・ツアラー GTE ゴルフGTE VITARA エスクードノマド シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア Gripz レガシィB4 Sクラス テリオス クロスアップ アップ LX570 ビターラ エクスプローラー クーガ フォーカス リンカーン MKX V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル シエンタHV SHVS CLAシューティングブレーク CLA Google グッドウッド ミラジーノ IS200t RC200t iK-2 iM-4 ブースタージェット コペンセロ プラドディーゼル GLK Applecar icar imove Apple セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V カクタス エアクロス ムラーノハイブリッド スカイアクティブハイブリッド iA ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti ワーゲンバス バス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-up! e-Golf up! ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 ヴィターラ SPA ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ発表後 アクセラ納車 GO X3 NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT City carplay iPhone セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ BMW2 2クーペ twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 デジール R-space カングー メガーヌ GC-PHEV エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー BMWクーペ 2シリーズ CB400 DUNK スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラーレス ミラクルオープンドア 新型タントカタログ picasso route3 UFC AYLA フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF ゴルフスポーツバン GOLF7 フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 クラウンHV モモタロウ レジーナ ガンダム スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン

NEWCAR-DESIGN