FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

VW「UP!」試乗記⑤「最高?最悪?賛否両論が噴出する訳は・・・?」

  • 2012-12/19 (Wed)
  • VW
RJCカーオブザイヤーで輸入車No.1に選ばれ、
日本カーオブザイヤーでも全体5位に選ばれた、フォルクスワーゲン「UP!」モータージャーナリスト諸氏からの評価は非常に高く、
カー雑誌など何度も特集が組まれるなど、注目度も高い。一方で、WEB上での評価は賛否両論で、
決して全員が満足できるクルマではない。
むしろ、批判的な意見も非常に多く見られます。今回は、当サイトに寄せられた、
VW「UP!」購入者の評価をもとに、なぜこのような評価になっているのか、
主に批判的な意見が出る理由を少し考えてみたいと思います。

すこ長いですが、是非ご覧ください。

当ブログにお寄せ頂いた「UP!」試乗レポートです

vw「up!」について

姉が購入しました。
評価は「買うんじゃなかった」です。

以下は自分も乗ってみての感想です。
室内が予想以上に狭い。170cmくらいの自分でも狭い。
二人以上で乗るというのならおすすめできません。
後部座席はIQ並に狭く立て膝で座っているような感覚です。

高速走行は良いが、高速に乗る機会がそんなにない人はやめておいたほうが良い。
高速もまあそれなりという程。雑誌(ベストカー等)では絶賛していましたがそんなすごいというレベルではなくまあボチボチというレベル。

出だしは恐ろしく鈍く、スピードが乗ってくる前に信号にぶつかると最悪です。
インテリア、エクステリアともに質感は最悪の部類に入る。
インテリアはパッと見、いいかなとも思うのだが、鉄筋むき出しの部分は買って1ヶ月もしないのに既に n剥がれが目立つように(;_;)。もう少しここは金をかけられなかったものか?

走りに関しても坂は天敵に思える。家の近くのそれほど斜度のきつくない坂でもエンジンはフル回転してる感覚がわかる、坂+一時停止なんてものがあったならやめておいたほうがいい。

ASGは信号があるところではガコガコとしてせわしないし、シートも明らかに金をかけてないのがわかる。
まあ長々と批判ばっかり書いているが雑誌等でベタ褒めだがそれは信じない方が良い。

エンジン音も一昔前の軽自動車のような音がずっとしていて(このことについて雑誌は静粛性が高いという言葉を使わなくなったことから、批判が来たのだろう)とにかくうるさい。

後部座席の窓があかない、とにかく視界が狭い、見た目も思った以上に地味、塗装もちっと金かけろ。ぶっちゃけミラージュの方がプライス的にも自動車的にもいい。
まず実用車としては最悪走りを楽しむにも中途半端のように思います。思った以上に一昔前のミラにそっくり(貧相さも)商用車みたい。

姉も50万くらいで買ってくれと本気で言っていました。
まあ、こだわりはあると思います。
しかしこの国でそのこだわりを享受出来る人間は少ないようにおもいます。

一番許せないのは148万円のプライスタグをつけておいて、VWディーラーでは一番グレードが上のHIGHup!しか受け付けていないというのは詐欺であるとしか言えません。
姉も148万円だと思っていたが一番上の188万円のグレードしか受け付けてもらえなかったとぼやいていました。
まあ、批判ばっかりでしたがコーナリングは目を見張るものがありました。まあ特筆すべきはそれだけですが・・・。

まあ個人的な評価は、鉄筋むき出し部分は気を遣うこと、あくまでこの車は一人乗りです。
二人以上(カップルは特に)だと、もめる可能性が高いです。

出だしは鈍いが走りは普通。坂、信号は避けること。
実用性は皆無に近く割り切ること。あまり長時間のると背中が痛くなる。
ディーラーに行くと問答無用でhighupにされるのでそこらへんも割り切る。
視界が狭いのと横幅とのバランスが悪い、ASGはMT免許もちじゃないと慣れるまでに時間を要するのと、乗り心地はすこぶる悪い。
とまあ長々と批判ばっかり書きましたが、これと雑誌の評価を一緒に見ると案外ちょうど良いかもしれません。

雑誌はそれくらい提灯ばっかりですので
(どうどうとUPがヨーロッパでも評価が高いと某雑誌の評論家先生が書いていたので笑ってしまった。)
日本車もイギリスで乗ったヤリス現行型の質感がびっくりするほど高かったので、輸入してほしいとマジで思っています。

かなり批判的な意見を寄せて頂きました。
ご本人も書かれていますが、雑誌・モータージャーナリストの絶賛と、
この批判的なレポート。どちらも踏まえて買うべき車だということでしょうか。

確かに、そもそもかなり小さい車で、実用性に関しては求められない車です。
今頃の軽はそこらへんの小型車よりもよっぽど実用的ですから、
実用性を求めるなら素直に軽の方がいいかも。

ただ、その実用性を犠牲にしても、「UP!」を選ぶ人ももちろんいる。
例えば「デザイン」、例えば「おもちゃ的な楽しさ」
FIAT「500」なんかもそうですが、実用性を犠牲にしても求められる車はあります。ただし、この「UP!」に関しては、ちょっと中途半端なポジションで、
デザインや走りの楽しさが突き抜けるようなものでもない。
FIAT「500」のツインエアなんて、突き抜けてます。当初、誰が買うのかわかりにくい。と書いたように思うのですが、
モノ的にはニッチなものなのに、大衆の権化「VW」が出すことで、
本来買うべきニッチ好きな人以外にもユーザーが広がってしまっている。
その結果の賛否かなり極端な両論が存在する。
そんな感じでしょうか。

個人的には、決して大衆に求められる車ではない。という前提で、
お金があればパーソナルカーとしてありかな?
それくらいに思っています。

実際、もう一つこのブログに寄せて頂いた購入者のご意見も

先日UP!を注文しました。

パワーはいらない。ゆるーい楽しい車が欲しくて、日本での発売を首を長くして待ってました。

UP!はポロやゴルフである必要もないわけで、そこに価値を見出だす層が買えばいいと思います。
どんな層が買うか全く読めないようでは、自動車関係のジャーナリストとしていかがなものかと思います。

UP!が発売になってポロが売れてないと営業の方がおっしゃってました。
人気のカラーは4ヶ月待ちの人気ぶり。正直私もそこまでとは思っていませんでしたが、
心配されてたASGも問題にならなかったようです。
事実私も試乗してその愉しさに惚れ込んでしまいました。

軽との比較もなされていますが、個人的には軽にあれだけのお金を払う価値が見いだせません。
国内だけで通用する『ガラ軽』と揶揄されても致し方無いような気がするのは私だけでしょうか。

「ゆるーい車」と評価されていますが、
これは非常に的を得た評価だと思います。
結局のところ、「ニッチなUP!的な価値をわかる人のための車」であり、
決して、日本の小型車/軽自動車のライバルになるような黒船ではない!

あくまでも、質的には「一部の人が買う車」ということ。
少なくとも、
「総合満足度が高い車ではなく、得手不得手が明確な、買う人を選ぶ車」
であるということ。かなと。

「軽にあれだけのお金を払う価値だ見いだせません」と書かれていますが、
これも一つの意見として納得できます。
ただ、どちらのボリュームが多いかというと、現在の日本では圧倒的に「軽」。
先月、高い軽の代名詞である「NBOX」が、ついにプリウス超えをして全体2位に。UP!とは購買層が全く異なります。
例えば、
■「NBOX」や「タント」のような背の高い軽は、ファミリーユースが多い。
 ホンダ「N BOX」タント・パレット徹底比較1 広さ
■「ワゴンR」や「ムーヴ」のような軽ワゴンは、実用性が高くバランスがいい。
 スズキ【新型ワゴンR】試乗記②「実用性満点のエコカー!」
■「ミライース」や「アルトエコ」のような小さな軽は、とにかく低燃費&安い。
 スズキ「新型ワゴンR」の【低燃費技術】を【アルト】に→【33km/L】

日本の軽自動車は確かに「ガラ軽」。
ただ、その分、日本の生活に欠かせないものになるほど、圧倒的に支持されている。そもそも軽を買う人に「UP!」を選ぶような人は多くない。ということ。
どんな層がわからない。というよりも、
このクルマをどうやって「スケールさせよう」としているのかがわからない。
が、正確でしょうか。

VWジャパンとしても、
ゴルフやポロのユーザーや潜在層が流れている。のでは意味がなく、
(おそらく、UP!の方が利益率が低い)
(ホンダは、NBOXの方がフィットより利益率が高いという噂)
成長著しい「軽市場」を開拓したい。という意味で、
以下の発言になったのでしょうから。ポロとのカニバリを食い止める意味でも。さて、VWジャパンが、日本市場でこの「UP!」をどこまでスケールさせられるのか、
お手並み拝見と行きましょう。
※個人的には、お金が許せばセカンドカーとして欲しいです。
※ただ、その余裕のある人はなかなか・・・多くはいないよね。
※そして、余裕があるならFIAT「500」、クライスラー「イプシロン」とかの方が・・・(個人的には)

「UP!」そんなには売れないだろうな。というのが、正直な感想です。

数年後、「UP!」がゴルフ/ポロと並ぶブランドになっていたら、
フォルクスワーゲンジャパンに脱帽です。

みなさんは、この「UP!」をどう評価されますでしょうか?
ご意見、お待ちしております!
追記)
コメント欄にも様々な意見を頂いておりますが、
少なくとも、万人受けするクルマではなく、
長所も短所も見極めてから買うべきクルマ。
というのは、間違いなさそうですね。

VW「UP!」の関連エントリー
VW「UP!」試乗記④「日本の道路環境やユーザーは一切考えていない」
VW「UP!」試乗記③「スズキ【ワゴンR】と乗り比べ徹底比較!」
VW「UP!」試乗記②「質の高さはさすが!でも、クセが強過ぎない?」

VW「UP!」試乗記①「さすがのVWクオリティ、でもやっぱ狭すぎる・・・」
※フォルクスワーゲン「UP!」記事一覧は、こちらから
VW【UP!】は【コンパクトカー】ではなく、【軽自動車】?
VW次世代コンパクト「UP!」発表:【23.1km/L・149万円~】で【10/1】発売!
【これを見ればVW「UP!」の全てがわかる!】公式動画を公開!
VW「UP!」=【軽+α】の大きさも【ビートル】並みのデザイン性!
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 

Comment

No.308 / [#-] up!の評価

こんばんは。
僭越ながら個人的な意見を書き込ませてもらおうと思います。

当記事において「ヨーロッパでのup!の評価」について
触れている文がありますよね?
実際にup!の評価はヨーロッパでも中々高いですよ。
英AUTOCAR誌のレビューですが、
http://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2012/05/ACJ109_ROADTEST.pdf
上のURLに日本語訳版のPDFファイルがあります。
実際に、この雑誌では同価格帯の車の中でもトップクラスの評価です。

確かに読者からの投稿も大切ですが、
もう少し客観的な視点も必要なのではないでしょうか。

2012-12/05 23:59 (Wed)

No.311 / [#-] No Title

upの評価ですがコンセプトモデルではRRという個性的かつ魅力的なモデルではありました
ところが実際に出てきたのはただのポロの廉価版でしたね
コストダウンを主眼に置いた車ですのでそれも当然と言えばそうなんですが雑誌記者が揃いもそろってべた誉めする程の車なのだろうか?
という疑問は拭えませんでした
少なくともヨーロッパでの評価が高い=いい車であるという思想には自分は同意できませんね

2012-12/06 20:18 (Thu)

No.312 / [#-] No Title

No.308の者です。

私はup!でのヨーロッパの評価についてコメントしただけです。
読者からの投稿だからと言って、裏付けも無い情報を
ブログで記事にするのは危ないと思うのです。

当然、ヨーロッパと日本では車の文化も違いますし
車に対する評価の視点も違います。
今回のup!に対しての「好みが分かれる車」という評価は
的を射ていると思いますよ。

やはり、up!はディーラーで一度試乗してみるのがお勧めでしょうね。
当記事のレポートのように後悔する人を減らすためにも。

2012-12/06 22:35 (Thu)

No.447 / [#] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-05/29 00:26 (Wed)

No.675 / [#-] No Title

このレビュー・・・本当に購入された方の(身内)のレビューなんですかね・・・・・

購入される時にディーラー行ったなら当然実車もおいてあって、インテリアどうこうもわかることなのですから、それをわかってて購入したのに文句を言うのはおかしいのでは・・・
一番笑えるのは50万くらいで~の部分で、ローンとかもあるはずなのに普通そんなこと言いません・・・

まぁ、あくまで身内の話に仕立てあげた嘘話でしょうけど・・・外車全般と国産高級車は脳内ユーザーが多いですから仕方ないんですかね^^;

2013-09/19 06:04 (Thu)

No.729 / [#] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-10/22 10:45 (Tue)

No.762 / 太田 [#y5ou25a6] up!好きです!

はじめまして!
一年近く前のブログですが、検索してて引っ掛かったのでコメント。

up!、好きです。
中古で譲り受けた、もう14年前、660ccの先駆けぐらいの古い軽自動車からup!への乗り換えを決めました。

小さい車、つまり軽が好きで乗っていたわけですが、古い軽はとにかくパワーがない。非力。エンジン音がうるさい。坂道、エアコンに弱く一般道でアクセルベタ踏みもよくある。

その反面教師で、「もう軽は嫌だな、もっと力のある車が欲しい」「でも小さい車が好き」「かわいければもっといい」「ミニやフィアット、シトロエンを買うお金はない」というワガママに絶妙に合う車がup!だったわけです。

試乗しましたが、古い軽からの乗り換えのためかなりハードルが低かったのもあるし、up!の外装と値段的にちゃちいのかなーというイメージで乗ってみると、意外と重厚感があり、静かで、パワーがある!という印象。
4人で乗りましたがアクセルが軽かったのも好印象でした。

ハイブリッドじゃないし、ハイオクだし、クリープないしキビキビ走りづらいし、低速域のギアチェンジがダメダメですが、ドイツ車のオートマはもっと酷いのを知ってるので、150万でこれならまぁ許容範囲。


おっしゃる通り、絶賛するような大衆車でないのは確かです。
マニアックな車というか。
「意外とやるじゃん」「軽よりすごいじゃん」というレベルの甘いハードルなのも確か。

ただ外車がこの値段で買えるということ、内容も「意外と」良い、外車イコール高級という常識を覆すというあたりはやっぱりすごいことなので、高評価なのもわからなくはないです。

総合的に、好みですね。笑
私は偶然、好みでした!
長々とお邪魔しましたm(_ _)m

2013-11/04 00:22 (Mon) 編集

No.784 / 金子信男 [#-] No Title

2013年の2月にシルバーのムーブアップ4ドアを購入しました。現在11月、山間路を含めて7000Km位走行しました。私は車好きで内外の乗用車30台以上に乗ってきました。それで比較的中立的な意見を言えるのではないかと思います。国産の乗用車に慣れ親しんだ方には、やはり癖といいますか個性が強く感じられるかもしれませんね。特にASGですね。機械的にMTを操作してくれるわけで、下の方でコロコロとギアチェンジしているのを感じると、私なんかは嬉しくなってくるのですけれど、先を急ぐ人、アクセルワークの多い人にはイライラの種になると思います。ギアチェンジの最中、後に間が開いてしまうので、そこで吹かしちゃうとタイミングが合わなくなっちゃうんですね。それと神経を使うのは坂道停車時のフットブレーキですかね。この二つに慣れれば、全体としては良くできた車だと感じています。特にリアゲートの堅牢さは特筆物だと思います。VWのブランドを考える時、VW社が大衆が受け入れない小型車を作るはずがないようにも感じています。平均速度の高い世の中、便利さに慣れてしまうと不満が出る所も有るとは思いますが、マニアックな車では無いと感じています。私の場合、平均燃費は21~22Kmくらいです。機械にMT操作をさせる以上、それを任せ切れるかという事が、多分にありと思います。私は、この車のマニュアル操作した事はないんです。私は、流れは乱さないが、穏やかな運転人です。

2013-11/18 17:48 (Mon)

No.857 / 髙瀨雅清 [#-] UPは欠陥車です。

2013年の1月にupは安全な車と思い購入しました。
正規西宮ワーゲンの営業も安全ですというので。娘に購入しましたが。
坂道ではエンジンが利かなく。バックするし、ギア―の切り替わりが激しく
しゃくる。また1年もたたないうちに、エンジントラブルで走行中にギア―が変則できなくなり、うしろの車に衝突されそうになりました。
それも点検してすぐにエンジントラブル、調べたら世界中にミッショントラブルが多発し
3月新車分もリコールしており、UPドイツもエンジンを中国かどこかでつくらせているようで
技術もおちたものです。
UPは欠陥車です。
正規ディーラーもはっきり原因をせつめいして。リコールしません。
絶対に購入しないように、命にかかわる事故が起こります。
高にゅしなかったら良かった。

2014-01/05 16:40 (Sun)

No.881 /         [#-] No Title

up!も、そもそもはベースグレードで10000ドル=105万円程度なんだよなあ。
up!を買う人は、周囲の人が乗っていない車を選びたいのかな?
ゴルフなどに日本車に無い走りを求めるならともかく、皆さんの意見を見ているとup!にはあまり価値が無さそうに見えますな。

2014-02/03 02:11 (Mon)

No.905 / [#-] No Title

賛否両論は仕方ないにしろ、読み込んでいくと実に噴飯もののコメントもあって、大変おもしろいです。

車そのものとして見ると、トランスミッションの自動変速のマナーには大半の方がおっしゃるとおり、私も萎えました。(ナンテヘタナンダヨ)ただし、マニュアル変速だと、エンジンの透過音がうるさいことはともかく、囁かれているネガの数々が消え、実に扱い良い車だと思うのですが。もっとも、そういうマニュアル操作を嫌う(厳密に言うとできない)方には、パワー不足、坂でも登れない等々、いろいろな誤解につながっているように思いますが、そういう方に問いたい。ちゃんとスロットル踏めてますか?エンジン回せてますか?クラッチのつながる感触を理解できてますか?今様のCVTでトロくてもシームレスで走る。そういった楽な車に馴染んだ人には、多分とんだシロモノに写るのでしょう。マニュアル車の運転感覚が理解できない方には、まずお薦めできません。逆に、マニュアル車を理解する人には、受け入れられ、好かれる要素が十二分にあると思います。

わざわざネックであるASG搭載ではなく、本国仕様のマニュアル搭載車を入れると、もっともっと売れる素質が現れるかも知れません。

2014-03/15 23:33 (Sat)

No.1288 / [#-] No Title

初めまして。
確かにヨーロッパ車だから高速道路楽しいでしょうけど、ゴルフ5の高速の楽しさはもう最高でした。
一方、アップは排気量1000cc。高速で遊んでたらエンジンいっちゃいそうですね。
オシャレカーならいいんだけど、ルンルン旅行したいならポロかビートルでしょうね。
ミッションも、アウトバーン仕様だから、ストップゴーの日本じゃ愛称悪いんですね。

2015-07/01 21:47 (Wed)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/1068-598ccc12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
スポーツ S2000 タタ ハリアー e Honda グロリア カクタスM ウルス ランボルギーニ スーパーカー ジムニー FUTURO-e 小型SUV ランドクルーザー ゲレンデタクシー アルピーヌ A110 ハマー キャンパー グランエース LM N-WGN Nワゴン シビックタイプR eVTOL 空飛ぶクルマ コンセプトカー センチュリー 試乗レポート マカン ポルシェ マカンGTS ヤリスクロス ヤリスSUV GR GRヤリス イタリア警察 オートサロン カスタム ブロンコ ハスラー ネオクラシック N-VAN 2020 センチュリーGRMN 箱根駅伝 ロードスターRF 100周年 コスモスポーツ オフローダー ジャパンタクシー タクシー ロンドンタクシー X2 軽SUV 124rally アバルト 124spider ハイラックス ラリー ダカールラリー レジェンド 自動運転 スイフト サイバートラック ピックアップトラック テスラ 124スパイダー レンタカー ポルシェドライブ Gクラス ライズ ベントレー フライングスパー スポーツセダン ラフジュアリー グランヴィア マジェスティ T-Cross UX UX300e TCR マツダ3 フェアレディZ スポーツカー 1シリーズ バカボン レンジローバー ディフェンダー ランドローバー レヴォーグ MX-30 CX-30 e-TPV ロッキー コペンGR ボーイング ゴルフ8 リフター MPV ベルランゴ RX 終売 TYPE-R SUVクーペ プロサングエ RX-9 キャンピングカー プロエース ハイエース 商用車 鈴木修 豊田章男 DS3 メルセデス・ベンツ SUVミニバン GLA GLB Bクラス ゴルフ8 GOLF8 WR-V MAZDA3 SKYACTIV-X 4WD S-AWC エクリプスクロス E-Four TLX タイプS ホンダジェット 航空機 GXOR GX オープンカー LC LCコンバーチブル ロータリースポーツ RX-8 STI WRX 時計 ワゴン 商用バン プロエースシティ MR2 EVスポーツ Aクラス メルセデス Cセグメント Aクラスセダン コルベット シボレー C3エアクロスSUV ステルヴィオ ジュリア パジェロスポーツ デザイナー メガネ C4カクタス e-mehari MAZDA6 MAZDA2 高級車 GLE 3列SUV メルセデスベンツ マークX ビーゴ ラッシュ FJクルーザー カローラツーリング カローラセダン RX-VISION いすゞ レーシングカー ID.R C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス レストア ファミリア Q60 Q70 ジムニーシエラ ソリオ PHEV 講談 R-Line 神田松之丞 コラボ エイプリルフール ekクロス マツダ3 ウェイク ミニランクル タントSUV デイズ モデルY ゴーン 教習車 ミニ MINI レトロ クラシックカー セリカ 3シリーズ CX-10 CX-X CX-6 アイゴ 無印良品 MUJI+Car ルーチェ ボルボ S60 V60 インサイト MX-5 サブスクリプション KINTO Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス 2050 マクラーレン アーバンEV S660 レトロデザイン 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア サウンドシッター ベビーカー MX-6 イタルデザイン XC40 日本カーオブザイヤー C-HR ダイソン S660ネオクラシック マツダコネクト MBUX 大坂なおみ カルロス・ゴーン ヴェルファイア アルファード 公用車 CX-8 世界販売 C5 T-ROC レネゲード Jeep X1 MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI DS7 ラグジュアリー F-PACE I-PACE ジャガー AMG ブラバス ディーラー イーロンマスク ヴェゼル e-POWER コネクティッド UBER カラシニコフ XC60 ティグアン トゥーラン シビックTYPE-R クラリティ アイサイト タコマ スパーカー 2000GT モータースポーツ FR ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ウルヴァリン ヤマハ カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース 軽トラ スーパーキャリー 軽商用車 エヴォルティス ランサー SUZUKI キャリイ スーパーキャリイ フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA 3輪 モーガン CarPlay RX-4 FT-AC FT-4X Fjクルーザー Tjクルーザー IMx GTクーペ GT アテンザワゴン 124GT E-PACE アセント パサート SGP デリカD6 VOLVO VEZEL LF-1 BREEZE レースクイーン ナビ インフォテイメント AndroidAuto e-Palette 新年 賀詞交歓会 ランエボ 年間ランキング クロスビー GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR ft-ac ft-4x T70 ヴェヌーシア ナバラ NISMO C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION キャデラック XT5 メルセデス・ベンツ’ マイバッハ アルテオン e-evolution LS 潜水艦 アストンマーチン F-TYPE オデッセイ 5008 GRMN スイフトスポーツ brz T-SUV プラド ハラックス ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア ラングラー JEEP ステルビオ ランサーエボリューション コンバーチブル NSXオープン ゴルフR ミスフェアレディ e-power スイフトセダン ディザイア 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス ジープ グランドチェロキー Q2 最新モデル Q8 アウディ Q4 3008 X7 CROSSOVER7 GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナe-POWER セレナHV フィットRS C4ピカソ ディーゼルミニバン クラウンTGR バイク XVハイブリッド S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ ムーヴキャンバス トール スライドドア トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー Vクラス トールカスタム SAI アイシス C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ プロパイロット VC-Tエンジン QX50 DS4クロスバック GLT ZSX SX-4 S-CROSS プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 D-MAX Eクラス ドライブパイロット デザイン スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ 自動運転技術 508 308 ルーテシア XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ プレミオ アリオン ハイゼット ハイゼットキャディー ウェイクバン GRIPZ X4 パイロットドライブ レヴォーグSTI キャシュカイ 排ガス不正 ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY カローラルミオン iQ イスト KOERU レヴァンテ マセラティ ギブリ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX T-CROSS クロスポロ Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター トゥアレグ タイグン シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック スポーツクーペ LC500h LC500 ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX スペースツアラー スペースツアラーハイフンコンセプト ロゴ フィエスタ KWID GO-cross GLSクーペ GLEクーペ GLS LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ プリウスハンター ヒュンダイ アイオニック プレシジョン キャプチャー CX-2 マイクロバス BUDD-e 86GRMN コペンクーペ コペンワゴン キャスト i5 商用ミニバン トラベラー エキスパート エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン 1シリーズ コンパクトセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO エーゲ TIPO スターレット ヨタハチ KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シャア専用オーリス シビック・ツアラー ゴルフGTE GTE VITARA エスクードノマド シャラン CX-5クーペ ランチア クラスラー Gripz レガシィB4 Sクラス テリオス クロスアップ アップ LX570 ビターラ リンカーン クーガ フォーカス MKX エクスプローラー V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル IS シエンタHV SHVS CLAシューティングブレーク CLA Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iK-2 iM-4 ブースタージェット コペンセロ プラドディーゼル GLK imove Applecar icar Apple セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti ワーゲンバス バス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB 販売台数ランキング トヨタ初売り カローラ店 マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-up! e-Golf up! ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 ヴィターラ SPA ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 プリウスFCV FCEV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック ノアHV S-HYBRID フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ発表後 アクセラ納車 GO X3 NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT City carplay iPhone セブン160 エネチャージⅡ クロスハイカー BMW2 2クーペ twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 カングー R-space デジール メガーヌ GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー 2シリーズ BMWクーペ CB400 DUNK スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス 新型タントカタログ picasso N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF GOLF7 ゴルフスポーツバン フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー まとめ記事 衝突回避システム ゴルフ試乗 WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 モジュラーコンセプト 中期経営計画 パワー88 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE 小型ディーゼル IS300h ekカスタム DAYZライダー ベタープレイス XVHV試乗 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー ロータス

NEWCAR-DESIGN