Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク

ホンダ「新成長戦略」発表!「N-ONEなど軽6種」「HV3種」エコカー祭!

ホンダの大きなニュースです。
伊東社長自ら今後5年あまりの「新成長戦略」を発表しました。

そこには、
■「N-ONE」・「軽スポーツ」を始めとする軽自動車の積極投入
■ハイブリッドの3系統での展開
■EV,PHV,燃料電池車などの次世代車の発売
など、エコカー開発が戦略的に展開されていくとの説明が!

とにかく、以下をご覧ください。
sponsored link

まずは、クリッカーのわかりやすいまとめ

ユニークなインテリア・パッケージングが好評の「N BOX」が軽の販売で5ヵ月連続No.1の快挙を達成。21 日、ホンダの伊東社長が記者会見で、2016年度までに4輪車で「世界販売600万台以上」を目指す方針を発表しました。
HONDA.jpg

伊東社長の説明によると、600万台達成の為の同社の取り組み骨子は以下となっています。(従来市場:206万台→300万台、新興国市場:倍増の300万台)

ホンダ 伊東社長

●夢のある「尖った」商品、「わくわく」する楽しい商品を積極的に投入

11月に「N-ONE」を発売

・11月に新型RLXをロサンゼルス・オートショーで初公開予定
 (HVモデル、プレシジョン・オール・ホイール・ステア搭載モデル有り)
・2013年7月に「新型FIT」を発売
・2014年に「次世代スーパースポーツNSX」とアグレッシブな走りの
 「軽オープン・スポーツカー」を発売

・2014年にレジェンド後継モデルを発売
・2015年までに新たに軽自動車を6モデル追加

・2015年に「FFでニュルブルクリンク最速」のシビック Type-Rを欧州へ投入
・2015年から燃料電池車を日米欧で順次発売
・今後3年間でAcuraの全モデルを一新
・中国へ2013年以降、3年間で10車種以上のFMCや新車種を投入
・アジア戦略車「ブリオ」のプラットフォームを活用してセダンやMPVを追加

 honda n-one2


●世界規模で部品調達・生産スケールメリットを高める一方で、地域によって
 異なる顧客ニーズにも対応


競争力のあるコストでベストな仕様を実現する『グローバルオペレーション改革』を
『6地域同時開発』、『現地最適図面』、『生産効率向上』で達成
⇒ 2年以内にそれぞれ個性の異なるFIT、CITY、小型SUVをグローバルで展開

『6地域同時開発』
 新興国の夫々の市場ニーズにスピーディーに対応するため、各地域が初期段階より
 同時・同レベルで開発に参画

『現地最適図面』
 各地域の調達・生産インフラを最大限活用出来るように配慮

『生産効率向上』
 新型FITシリーズなどの量販小型車を革新技術を投入した世界トップクラスの
 省エネルギー工場(埼玉/メキシコ)で集中生産

●HV車
3種のHVシステムを車種に応じて搭載することで、より多くの顧客ニーズに対応

<コンパクトモデル>

 ・1モーターのHVシステムに於いてモーターの出力とバッテリーの性能をアップ
  新開発のトランスミッションを組み合わせることで、モーター走行域を拡大

 ・回生エネルギー の回収効率を上げ、HV車で燃費No.1を目指す

<中級モデル>

 ・2013年初めに新型アコードをベースとしたPHV車を米国で発売
  するのに続いて新たに2モーターを搭載したHVシステムを追加。
  その後、日本やその他の地域にも展開。

 ・日本で発売するPHV車に自社の発電機技術を応用した外部給電が
  可能なインバーターを搭載

<スポーツ&上級モデル>

 ・高効率・高出力の3モーターHVシステム「SH-AWD」
  (Super Handling All Wheel Drive)を次期NSXやAcura RLX HV、
  2014年に発売予定のレジェンド後継モデルに搭載



●EV車
 ・フィットEVのリース販売を開始(2012年夏~)

 ・新型パーソナルモビリティーを開発中。 2013年に日本で実証実験を開始予定

●燃料電池車
 ・技術進化と大幅なコストダウンを図った新型モデルを、2015年から日米欧で順次販売

以上のように、軽やHV・EVなどのエコカーから次世代スーパースポーツカーまで手広いジャンルでホンダならではの個性を前面に押し出しつつ、顧客層を拡大していく戦略であることが伊東社長の今回の発表から読み取れます。

基本的には、EARTH DREAMS TECHNOLOGYで発表された内容とほぼ同じですが、少し、具体的になったでしょうか。
ここでは取り上げられていないのですが、個人的にはディーゼルに期待。しかし、小型車のハイブリッドは、正直燃費No.1が見えない。
そもそも各カテゴリーで3年以内に燃費No.1を!と発表していたのですが、今回はちょっとトーンダウン。「N ONE」も燃費では相当苦しい戦いですからね。来年「次期ライフ」でNo.1というニュースもありましたが、ちょっとむずかしいのでは?ただ、この気合で技術陣の奮起を促しているのかも?!
期待しましょう。

以下は、社長記者会見の骨子(ホンダ公式)です。

2012年9月 社長会見 骨子

私は、2010年に「良いものを早く、安く、低炭素でお客様にお届けする」という「次の10年の方向性」を定め、Honda独自の技術や知恵・工夫で魅力的な商品を具現化し、「買って良かった」と喜んでいただけることに、全力で取り組んできました。また、パーソナルモビリティーメーカーとして、CO2の大幅低減に向けた取り組みも積極的に展開してきました。
2011年は、東日本大震災とタイの洪水の影響により、全世界での生産停止、未曾有の円高や電力不足などへの対応を余儀なくされました。その後、取引先様をはじめ関係者の皆様のご協力や従業員の努力によりスピーディーに回復、現在では攻めに転じる段階に入ることができました。
Hondaは創業以来、技術で多くの人々の生活をより便利に、より豊かにしていきたいという想いで、数々の商品をお届けしてきました。作業が楽になった、移動範囲が広がった、くらしが楽しく便利になった、など世界中のお客様から多くの喜びの声をいただいています。昨年度は、二輪車で1,500万人、汎用製品で580万人、四輪車で310万人、合計で2,390万人を超えるお客様と喜びを分かちあうことができました。
次の中期計画の最終年度となる2016年度には、二輪車、汎用製品、四輪車をあわせて、全世界で3,900万人を超えるお客様と出会い、喜びのさらなる拡大を目指していきます。

二輪事業
二輪事業については、世界トップメーカーの強みを活かしながら、より多くのお客様に、喜び、楽しさ、便利さを提供していきたいと考えています。2016年度のグローバルでの二輪車販売台数は、2,500万台以上を目指します
Hondaの原点である二輪事業は、日常生活の主な移動手段が自転車だった時代に、自転車用補助エンジンを生産、販売したことにさかのぼります。1949年には初の量産型二輪車「ドリームD型」を発売、その後も、世界的なベストセラー商品であるスーパーカブシリーズの発売など、世の中に役立つ商品を次々に送り出してきました。また、早くから世界に目を向けて、1959年からマン島TTレースに参戦するなど、技術革新にチャレンジしてきました。アジア通貨危機、ハイパーインフレ、コピーメーカーの台頭など、厳しい局面もありましたが、現地でのオペレーション強化やグローバル調達などで粘り強くビジネスを継続してきました。現在は、世界各国のお客様から愛されるブランドに成長し、21ヵ国29拠点で幅広いモデルを生産、年間1,500万人以上のお客様に喜びをお届けしています。いち早く海外に進出したことにより得られたノウハウやブランド力は、汎用製品や四輪車の海外事業展開にも大きく貢献しています。
引き続き拡大が見込まれる新興国市場でのさらなる成長を原動力とし、今後も積極的に事業を展開していきます。インドでは、最大セグメントである100ccモーターサイクル市場への競争力のあるモデル投入や、2013年前半の第3工場稼働などにより、さらなる拡大を目指していきます。インドネシアやベトナムでは、お客様から絶大なご支持をいただいているスクーターなど、魅力あるラインアップで、市場をリードしていきます。中国やタイでは、国内市場での堅実なビジネス展開に加え、他地域への部品および完成車のグローバル供給基地としてさらに成長していきます。1976年の生産開始以降、地域とともに成長してきたブラジル市場では、主力のCG125、CG150の販売好調に加え、中・大型モーターサイクルの販売を強化していきます。今後も、グローバルでの生産、調達網を活用し、ブランド力、技術力にさらに磨きをかけた、幅広いラインアップで喜びを創造していきます。
アフリカや中南米諸国などの新成長市場にも参入していきます。小さく生んで大きく育てるという現地生産の考え方をさらに発展させ、小規模な市場においても早い時期から根を下ろし、グローバルリソースを活用した戦略モデルをお客様にお届けしていきます。
大型二輪車については、New Midシリーズに続き、日々の通勤や週末のツーリングを気軽に楽しめる、新しいコンセプトの大型モデルシリーズを投入します。トルクフルなエンジンを搭載し、低いシート高で扱いやすく、高い操縦安定性で快適な走行を実現した、スタイリッシュなモデルです。このシリーズの第一弾を、グローバル生産拠点である熊本製作所において2013年2月に生産を開始、北米を皮切りに販売していきます。
来年1月開催のダカールラリーへの24年ぶりのワークス参戦に向けて、欧州、南米、アメリカ、日本から精鋭を集め、着々と準備を進めています。CRF450Xをベースに開発しているプロトタイプマシンは、エンジン、耐久性、長距離走行などの各種テストで、砂漠や岩山など荒れた路面での高い戦闘力を確認できました。10月にはモロッコラリーに実戦参加し、戦闘力にさらに磨きをかけ、ダカールラリーで初年度からの優勝を目指します。
1987年発売のスーパースポーツバイクRC30(VFR750R)は、今も多くのファンの方々から愛されています。Hondaは今、新たな歴史をつくるため、熱い想いを持ったメンバーが集まり、MotoGPマシンの技術をフィードバックしたスーパースポーツバイクの開発に着手しました

汎用パワープロダクツ事業
汎用パワープロダクツ事業では、働く人たちを「技術で幸せにしたい」という想いを形にした、農業機械用エンジンを1953年に発売して以来、人と環境に優しい技術に徹底的にこだわり、発電機、耕運機、芝刈り機、除雪機、船外機など、ライフステージのあらゆるシーンに役立つチカラを提供してきました。今後は、様々な製品の電動化や知能化による新たな商品開発を展開するとともに、コージェネレーションユニットを将来の創エネルギー技術の中核と位置づけ、さらに力を入れていきます。2016年度には、グローバルで800万台以上を販売し、お客様の笑顔を広げていきたいと思います。
東日本大震災以降、高まったお客様のニーズにお応えするため、停電時でも自立運転が可能な家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを開発し、給湯暖房ユニットとあわせ、今秋に各ガス事業者様より「エコウィル」の新たなラインアップとしてお客様へお届けする予定です。
さらに、日本特殊陶業株式会社様と共同で、家庭用固体酸化物形(SOFC)燃料電池コージェネレーションユニットの開発にも着手しています。固体酸化物形燃料電池を用いたコージェネレーションユニットで世界トップレベルの発電効率を目指し、来春よりHondaスマートホームシステムの実証実験ハウスで、システムの検証をしていきます。
また、Hondaはモビリティーを含めた日常生活領域でのさらなるCO2低減の取り組みの一環として、さいたま市が推進する「E-KIZUNA Project」に参加しており、現在、住宅2棟を用い、スマートホームシステムの実証実験をしています。2013年度中には3棟目が完成予定で、株式会社 東芝様と共同でこれら3棟をつなぎ、そのコミュニティー内のエネルギーマネジメントの実証実験を進め、さいたま市の環境未来都市計画にも貢献していく予定です。最適なエネルギーマネジメントのあり方を提案するHondaスマートホームシステムは、2015年から一般に向けた販売を目指し推進していきます
このように、従来のエンジンを使った製品だけではなく、Hondaだからこそ実現できる、役に立つ領域の拡大とそのレベルの向上にチャレンジしていきます。

四輪事業
四輪事業では、世界中のお客様のニーズに、いち早く対応できるよう、競争力のあるコストで、ベストな仕様を実現する【グローバルオペレーション改革】を、【6地域同時開発】【現地最適図面】【生産効率向上】の取り組みで推進していきます。
このグローバルオペレーション改革は、2013年から発売する新型フィット(ジャズ)シリーズで推進しています。それぞれに個性のちがう、フィット(ジャズ)、シティ、小型SUVを、2年以内にグローバルで展開していきます。
成長著しい新興国でも先進国同様に、その国や地域の産業インフラに適合させながら、様々な市場ニーズにスピーディーに対応していきます。そのために、各地域が初期段階より同時に同レベルで開発に参画する【6地域同時開発】を進めます。短期間で各地域に同一モデルを投入することで、早い段階からグローバルでまとまった生産台数を確保することができます。これらの部品を最も競争力のある地域でまとめて作ることにより、調達価格を大幅に引き下げることが可能となります。
一方で、各地域の調達・生産インフラを最大限活用しながら、その地域のお客様の声に直接お応えできる商品を創造するために【現地最適図面】を採用し、お客様の喜びを最大化できるよう、全力を尽くします。
また、2013年7月稼働の寄居(埼玉県)や2014年春稼働のメキシコなどの新工場は、小型車専用とすることで、【生産効率向上】をはかります。
このように、グローバルにおける調達・生産のスケールメリットを高めながらも、地域によって異なるお客様のニーズに応えていきます。
 
日本では、生産体制の進化と軽自動車を含めた小型車のラインアップ強化により、持続的に成長していくことを目指します。
生産領域については、今年4月より開発・調達・品質部隊が鈴鹿製作所に集結し、スピーディーで高効率な開発・生産体制を構築しました。軽自動車をメインに生産しながら、自己完結できる体制作りを進めています。
埼玉製作所では、寄居、狭山各々に特徴を持たせ、得意分野を強化していきます。
寄居工場は、世界をリードしていく役割を担い、革新技術を投入した、世界トップクラスの省エネルギー工場です。新たな生産技術の投入により、高効率な体質を構築し、新型フィットシリーズなどの小型車を集中生産する予定です。
狭山工場では、2本ある生産ラインの一部を集約するなどして、多機種生産をさらに進化させ、10機種以上を混流生産できる高効率体制を確立していきます。
販売領域についてですが、圧倒的なパッケージングでご好評をいただいているN BOXは、おかげ様で、届出車で5ヵ月連続No.1という、快挙を達成しました。
11月に発売のNシリーズ第三弾N-ONEを皮切りに、今後2015年までに、新たに軽自動車を6モデル追加します。ラインアップをよりいっそう強化するとともに、小型車については、先ほど申し上げた新型フィットシリーズを投入します。成熟したマーケットでの圧倒的な商品力により、Hondaのプレゼンスを飛躍的に高めていきます。
 
北米においては、販売好調なシビック、CR-V、オデッセイに加え、今月、新型アコードを発売しました。エンジン、トランスミッションを刷新し、走行性能や快適性、質感を飛躍的に高めた新型アコードはお客様から広く受け入れられることを確信しています。これら中核モデルの販売強化に加え、2014年春に稼働するメキシコ新工場では、新型フィットおよび派生モデルを生産します。モデルラインアップの拡充と競争力強化で、北米事業を磐石なものとします。
中国では、現地開発力の強化を行いながら、より中国のお客様にフォーカスした商品の投入を行っていきます。2013年からの3年間で、Hondaブランドは10機種以上のフルモデルチェンジや新機種投入を予定しています。さらに、自主開発モデルを引き続き投入するなど、ラインアップを強化していきます。また、世界で最も厳しい燃費規制が導入される中、ハイブリッドなどHondaが得意である環境技術を積極的に投入し、さらなる競争力の強化を行います。
アジアでは、競争の激しい低価格車市場で勝ち抜き、多様なお客様のニーズにお応えすべく、新型フィット(ジャズ)シリーズに加え、アジア戦略車であるブリオのプラットフォームを活用し、セダンタイプや多目的タイプを追加していきます。タイ、インドネシア、インド、マレーシアを中心とした域内相互補完体制を強化しながら、これらの販売を伸ばしていくことで、さらなる発展を目指します。
インドでは、新型ディーゼルエンジンを2013年度以降発売するモデルに順次搭載していきます。低燃費はもちろんのこと、現地調達、現地生産によりコスト競争力を高め、お求めやすい価格でお届けします。
これらの取り組みによって、2016年度に、成熟市場では、昨年度の約206万台から300万台以上へ、新興国市場では、昨年度から倍増の300万台以上に拡大していきます。先進国での事業の磐石化と新興国での飛躍的な成長により、全世界で600万台以上の販売を目指します。
 
エンジンなどの内燃機関やトランスミッションの効率向上、モーターなどの電動化技術の進化などによって、走りと燃費を高次元で両立させる、新世代パワートレイン技術群「Earth Dreams Technology」をさらに進化させます。
世界で最も普及しているガソリンエンジン車については、極限まで燃費性能を高める内燃機関の開発を続けていきます。新開発エンジンシリーズは新型アコードを皮切りに、順次拡大していきます。
ハイブリッド車については、それぞれに個性がある3つのシステムを機種に応じて搭載することで、より多くのお客様のニーズに対応していきます。
軽量・コンパクトな1モーターのハイブリッドシステムについては、モーターの出力とバッテリーの性能アップ、新開発のトランスミッションを組み合わせることで、モーター走行域を拡大します。また、回生エネルギーの回収効率を上げ、ハイブリッド車で燃費No.1を目指します
中型車領域では、新型アコードをベースとしたプラグインハイブリッド車を2013年初めに米国で発売するのに続いて、新たに2モーターを搭載したハイブリッドタイプも追加します。その後、日本やその他の地域にも展開していきます。なお日本で発売するプラグインハイブリッド車には、Hondaの発電機技術を応用した、コンパクトで外部給電が可能なインバーターを搭載します。
さらに走りを追求する領域では、高次元のスポーツハンドリングと燃費性能を両立した高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD(R)(Super Handling All Wheel Drive)」を、NSXやAcura RLX ハイブリッドタイプ、日本で2014年発売予定のレジェンド後継モデルに搭載していきます。他車を凌駕する走りと燃費性能で存在感を際立たせ、お待ちいただいているお客様のご期待に応えていきます。
バッテリーEVについては、世界最高の電費性能を達成したフィットEVのリース販売を今年の夏から日米で開始しました。今後もエネルギー事情の変化を踏まえ、さらなる普及を目指したEVの開発を行っていきます。
バッテリーEVのひとつの方向性である超小型車については、<マイクロコミューター>の考え方を発展させ、二輪車、四輪車の技術を持つHondaならではの新しいパーソナルモビリティーの開発を進めています。2013年には日本で実証実験を開始する予定です。
Hondaが究極の環境対応車と考え、業界に先駆け研究開発、販売をしてきました燃料電池電気自動車については、さらなる技術進化と大幅なコストダウンをはかった新型モデルを、2015年から日米欧で順次販売します。
 
夢のある尖った商品、わくわくする、楽しい商品も積極的に投入していきます。
 
次世代スーパースポーツNSXに加え、日本において、今後投入予定の軽自動車6モデルの1つとして、アグレッシブな走りを実現するオープンスポーツカーを、2014年に発売します
 
欧州においては、NSXの投入に加え、新たにシビック Type-Rを開発し、お客様の期待に応えていきます。今年から参戦するWTCC(FIA World Touring Car Championship)の技術もフィードバックし、「ニュルブルクリンクFF最速」を目指し、2015年投入を目標に開発を進めています
 
Acuraのラグジュアリー・フラッグシップセダンである新型RLXは、ハイブリッドタイプに加え、高いハンドリング性能を実現する世界初の新技術「プレシジョン・オール・ホイール・ステア」を搭載したモデルも投入します。Acuraならではの内外装や安全・環境性能の最新技術も備えた新型RLXを11月のロサンゼルス・オートショーにて初公開します。今後3年間でAcuraの全モデルを一新する予定です。Acuraは今後も北米や中国を中心にブランド力を強化しながら、世界に展開していきます。

結び
車と人と社会をつなげ、安心、快適で低炭素なモビリティー社会を実現する、テレマティクスサービス「HondaLink」を、2013年度中に世界60ヵ国以上で展開していきます。今後もASIMOなどロボティクス技術の拡大や、子どもたちの育成支援、交通安全普及活動などにも積極的に取り組み、喜びのさらなる拡大に向けて、Hondaらしく成長していきます。

ホンダの記事一覧は、こちらから。
車種別記事一覧は以下
NBOXNBOX+N ONEフィット(HV、シャトル)CR-Vシビック
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!


sponsored link


同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

No.1117 / 前田英友 [#qW34CR7g] 狙いはGood!あとはスピード!

私の周りにはFCV、EVはもちろんPHVも期待大ですよ!あとは他よりも早く発表だけでもすることですね。それに合わせて開発人のお尻に火をつけてやればできる子は多いはず!頑張って~!他の会社では無理っぽいからねらいめだ!

2014-12/10 19:58 (Wed) 編集

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/887-29b41c67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
RX レクサス UX 小型SUV ジムニー ハスラー クロスビー XBEE スポーツ 日本カーオブザイヤー プレマシー ビアンテ CX-8 DNコンパーノ FR VISIONCOUPE エクシーガ WRX VIZIV 魁コンセプト シトロエン C4カクタス e-EVOLUTION e-POWER タクシー キャデラック XT5 XC60 XC40 ボルボ Gクラス メルセデス・ベンツ’ AMG マイバッハ S660 テスラ パサート アルテオン センチュリー Tjクルーザー クラウン GR スープラ Fjクルーザー ティグアン SKYACTIV-X e-evolution エクリプス LS セダン コネクティッド アストンマーチン 潜水艦 ジャガー オープン F-TYPE オデッセイ i-MMD STI 5008 フェアレディZ ekワゴン デイズ Q5 パジェロスポーツ GRMN スイフト スイフトスポーツ 試乗レポート F1 マクラーレン トロロッソ ピックアップトラック ハイラックス brz FJクルーザー ランドクルーザー T-SUV プラド ハラックス ステルヴィオ ジュリア ランドクルーザープラド HCCI B4 モータースポーツ GT メルセデス 安全技術 サポカーS e-Pedal ワゴン フィットシャトル エルティガ ディーゼルHV エクスパンダー エクリプスクロス スポーツセダン ステップワゴンHV Z4 Z5 レストア LX エスクード コンパクトSUV GT3 3列SUV MPV インドネシア コンパクト ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール ランドローバー レンジローバー アイサイト レヴォーグ シボレー カマロ グレイス C3 エスクァイア ラングラー JEEP PHEV ステルビオ ランエボ ランサー ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ハリアー ゴルフ ゴルフR RX-VISION ミスフェアレディ e-power ディザイア スイフトセダン 空飛ぶ車 販売ランキング C-HR シビックTYPE-R ナンバープレート プレオプラス CX-9 グランドチェロキー ジープ Q2 アセント 最新モデル Q4 Q8 アウディ 3008 X7 X2 燃費ランキング ティアナ アルティマ FT-4X エスティマ LC CROSSOVER7 シビックタイプR SUVクーペ CX-6 GLCクーペ MINI MINIクロスオーバー リコール 中国 セレナe-POWER セレナHV フィットRS C4ピカソ ディーゼルミニバン アウトランダーPHEV クラウンTGR バイク XVハイブリッド ロードスターRF スティングレー CX-7 S650カブリオレ ヴィッツHV TNGA 初売り ネッツ トール スライドドア ムーヴキャンバス ソリオ トヨペット スイフトHV スペーシア スペーシアカスタム XR ムラーノ オートサロン RX-9 プチバン ルーミー タンク IOT ナビ ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV ソリオハイブリッド スイフトハイブリッド ノートe-POWER マークX カブリオレ トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー Vクラス トールカスタム 終売 SAI アイシス WR-V C4 X1 SUVミニバン シビック・ハッチバック GT-PHEV 2008 アバルト 124スパイダー 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ 魂動デザイン NISMO プロパイロット 500 VC-Tエンジン QX50 DS DS4クロスバック GLT 1シリーズ ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 D-MAX いすゞ BT-50 ドライブパイロット 自動運転 Eクラス デザイン スパイダー スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ 自動運転技術 SGP 308 508 SX4 SCROSS ルーテシア ポロ レネゲード XR-PHEV IDSコンセプト VEZEL ATS F-PACE CR-Z レジェンド NBOXスラッシュ プレミオ アリオン ハイゼット ウェイク ウェイクバン ハイゼットキャディー GRIPZ X4 Xクラス N-WGN ビートル パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ S2000 キャシュカイ 排ガス不正 ピックアップ CX-4 e-パワーシステム SUVオープン シエンタ QX マキシマ キックス アヴァンシア T90 ヴェヌーシア CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスHV オーリスワゴン オーリス オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン コペン シザースドア エイプリルフール i8 SWAY 人気記事ランキング WCOTY iQ イスト RAV4 カローラルミオン ラッシュ ラクティス KOERU レヴァンテ ギブリ マセラティ 試乗インプレッション ロータリースポーツ クラリティ FCV バレーノ アテンザSUV アクセラSUV MDX T-CROSS クロスポロ Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン トゥアレグ T-ROC シビック・セダン プロエース パッソモーダ DS3 ピュアテック スポーツクーペ LC500 LC500h ホンダセンシング Cクラス Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX アルトワークス スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ GO-cross KWID GLE GLEクーペ GLSクーペ GLS LAPV レビン S660ネオクラシック 提携 XC90 ベリーサ MRJ ホンダジェット シビックセダン シビッククーペ スマートフォーフォー スマートフォーツー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV Q50 スカイラインクーペ Q60 トゥーラン アイオニック ヒュンダイ プリウスハンター プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN コペンワゴン コペンクーペ キャスト i3 i5 商用ミニバン エキスパート トラベラー エスカレード CarPlay EQ900 G90 E-MEHARI カーオブザイヤー アクティブツアラー スヌーピー S-FR Q30 ディフェンダー オデッセイHV Aクラス タントカスタム コンパクトセダン 1シリーズセダン 1シリーズ インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW カー・オブ・ザ・イヤー ジェネシス サハラ Jeep クラブマン ポルシェ tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X NMKV TEATRO エーゲ TIPO スターレット ヨタハチ KIKAI コスモスポーツ RX-8 RX-7 マツダスポーツコンセプト ダウンサイジングターボ エアトライサー マイティデッキ シャア専用オーリス シビック・ツアラー PHV GTE ゴルフGTE VITARA エスクードノマド シャラン CX-5クーペ イプシロン クラスラー ランチア Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス 3シリーズ ビーゴ テリオス クロスアップ アップ LX570 ビターラ フォーカス リンカーン MKX エクスプローラー クーガ 軽SUV V40 V60 S60 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV エネチャージ SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iM-4 ブースタージェット iK-2 インプレッサスポーツ コペンセロ プラドディーゼル GLK Applecar icar imove Apple セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V カクタス エアクロス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド マツダコネクト ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン infiniti スカイラインクロスオーバー バス ワーゲンバス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 MX-5 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー ヴェルファイア アルファード LF-SA 124スパイダー イヴォーク イヴォークカブリオレ SA 2シリーズ フーガ ビート ミニ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ FIAT MIRAI 911 カイエン TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア試乗 アクアX-URBAN ムーヴ SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI SH-AWD A9 エスクワイア 86オープン グレース フィットセダン キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ アイゴ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-up! up! e-Golf ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x イニシャルパリ エスパス S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI X6 コンセプトクーペSUV Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ミラココア ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム 自動車保険 C1 シエナ LEVORG試乗 LEVORG GLA GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay AndroidAuto コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 S-HYBRID ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500e 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト GM CTS HAZUMI e-UP! VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana アクセラ試乗 TDI VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ納車 アクセラ発表後 GO レゾナンス X3 i-ROAD NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT メルセデス・ベンツ City iPhone carplay セブン160 エネチャージⅡ クロスハイカー 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 アクセラHV テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE XVHV フィットHV試乗 アクア試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER COTY アクアG's UP! twinup! JPNTAXI フィットSUV ミニクーパー iV-4 R-space キャプテュル メガーヌ デジール カングー GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー ツインエア クライスラー 2シリーズ BMWクーペ CB400 DUNK スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラーレス ミラクルオープンドア 新型タントカタログ picasso エリシオン ライフ N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ THSⅡ CMF GOLF ゴルフスポーツバン GOLF7 マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト LF-CC SUPERGT カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH ハイブリッド戦略 アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 i-DCD ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 DAYZ DAYZROOX モジュラーコンセプト 中期経営計画 パワー88 モジュール マーチニスモ 自動車保険ランキング チューリッヒ 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ納期 アテンザ発表後 IS300h ekカスタム DAYZハイウェイスター DAYZライダー ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 スポーツハイブリッド 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー エコスーパーチャージャー ロータス トゥイジー 電気自動車 iBeetle RDX ブルーモーション フォレスターライブ ニュルブルクリンク D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 DSルビス PSA FT-HT 乗りかえ割 ノッテコニッサン DIT メビウス アコードPHEV ハイランダー パスファインダー ムーヴ試乗 スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ 投票 ノート試乗 モコ ラ・フェラーリ フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン 前田敦子 オッティ D-R エコクール スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! トライトン Aクラス試乗 ベンツAクラス シビックワゴン クラウン試乗 クラウン発表後 HS250h クロスオーバー アテンザレース 2012まとめ 特別編集 ドラえもん パジェロミニ THS フォレスター試乗 ジェッタ JX FX ブラジル NONE試乗 アテンザ試乗 3シリーズ UP!試乗 イーステクノロジー JUKE ワゴンR試乗 ワゴンR発売後 RJC ベンツBクラス FIAT500 Nスポ セレナハイブリッド マイクロハイブリッド セレナ発売後 UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー NONE納期 アテンザムービー ラティオ 新興国 XV開発者インタビュー GTI ドゥエットッタンタ POLO i-ACTIVSENSE XV発表後 eQ 値引き AWD XV試乗 成長戦略 フィットEV バーソ ワゴンR発表後 SKYACTIV説明 320d ZOE twizy kangoo fluence PMTS S-cross

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター