FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
アクセスカウンター

マツダCX-5試乗レポート㉖ ディーゼル=45km/hでも楽しめるエンジン!

マツダCX-5の試乗レポート第26弾は、もちろんディーゼルモデル。

お馴染み渡辺陽一郎さんの試乗レポートをご紹介します。

ガソリン車の試乗レポートもこちらで紹介させて頂きましたが、
その際にも、買いはディーゼル!と書かれていましたので、
念願かなっての試乗だったようです。

さて、その評価は?
sponsored link

 

マツダ CX-5 SKYACTIV-D(クリーンディーゼル) 試乗レポート/渡辺陽一郎


http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/common_bg_h3_01.gif); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; line-height: 14px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-width: 1px; border-bottom-color: rgb(204, 204, 204); font-family: 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', Osaka, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3'; background-position: 2px 0px; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">いよいよ(ようやく?)CX-5 クリーンディーゼルに試乗だ!

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ]

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ]と筆者の渡辺陽一郎氏

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] リアビュー

悪路を走る機会が少なく、「背の高いクルマといえばミニバン」の日本では、SUVは販売しにくいジャンルとされてきた。

ところが、マツダ CX-5の受注は(SUVとしては)極めて好調だ。その背景にあるのは、「SKYACTIV-D」と呼ばれるクリーンディーゼルターボの存在だ。クリーンディーゼルは、受注全体の7割をも占めている。参照)マツダCX-5 驚異の売れ行き!ディーゼルが7割超

CX-5 XD(クリーンディーゼル)は生産開始が遅く、3月21日に公道でようやく試乗できたので、その結果を報告したい。参照)マツダCX-5最新情報:CX-5納期【3月末現在】

今回は、世間の関心が高いクリーンディーゼルと4WD仕様についてレポートしていきたい。

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] SKYACTIV-D + ディーゼルエンジン用i-stop

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート1

CX-5 ディーゼルの一番の魅力は、42.8kgf-mという超強力な最大トルクだろう。

トヨタ ランドクルーザープラドのV6・4リッターが発生する38.8kgf-mを軽く上まわる。しかもディーゼルとあって、発生回転数はわずか2000回転と低い。発進直後に超強力な最大トルクがドライバーを襲うわけだ・・・。

などと考えながらビビリつつアクセルを踏むと、意外にも(?)普通に発進。もちろん力強いが、肩透かしを食らった気分になった。

実はこの設定こそ、CX-5の持ち味でもある。従来のクルマなら、アクセルの踏み始めの段階から駆動力を高め、ドライバーに「こりゃー凄い!!」と思わせただろう。

しかし日常的に使っていくと、驚かせるような設定では扱いにくいのだ。CX-5では、すべての機能にわたってサプライズ的な要素は抑えられている。

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート2

そこで、2,000回転付近を多用して走ってみる。

発進時はATレバーをDレンジに入れ、アクセルを軽く踏む。深く踏み込むと、エンジン回転がスグに2,000回転を超えてしまうからだ。発進して2,300回転くらいに達したら、少しアクセルを緩める。

前述のようにサプライズを避けたCX-5のアクセルは、ペダル操作に対する反応が忠実だ。微妙な調節がしやすいオルガンペダル(下端を床で支持する縦長のペダル)の特性を生かして少しアクセルを緩めると、滑らかにシフトアップする。

この操作を数回続けて4速あたりに達すると、42.8kgf-mの真実が見えてきた。

http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/common_bg_h3_01.gif); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; line-height: 14px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-width: 1px; border-bottom-color: rgb(204, 204, 204); font-family: 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', Osaka, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3'; background-position: 2px 0px; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">「本当にディーゼル?」実に滑らかな吹け上がり

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート3

わずかにアクセルを踏むだけで、車速が力強く上昇していく。官能的なエンジンといえば、一般的には高回転域の吹け上がりが機敏なタイプだが、CX-5のディーゼルでは対極の楽しさを味わえる。

低い回転域に身を委ねる快感。「時速45km/hでも魅力あるエンジン」は貴重だろう。厳密にいえば、意地悪にATのマニュアルモードを操作して1,500回転以下から加速を開始すると、最初の段階では車速の上昇が鈍い。

1,700回転付近に達すると、駆動力が盛り上がりを始める。この回転域が強力なトルクのスタート地点だと分かる。もちろん、Dレンジで走れば不都合は感じない。

ディーゼルが初体験のドライバーは、低回転域ではカリカリした特有のエンジン音が気になると思う。ディーゼルでは静かな部類だが、ガソリンと比べればクセのある音質だ。注意を要するが、50歳のオジサンになった筆者には懐かしい。

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート6

20年ほど前に運転したパジェロ、ランクル、デリカスターワゴンなどを思い出した。冷静に振り返れば当時のディーゼルは高回転域の伸びが悪く、何より窒素酸化物や粒子状物質の排出量がヒドかったが、思い出は都合の良い部分だけ残る。

あの頃の記憶が蘇り、しばし感慨にふけった。CX-5を買えば、30歳の頃に戻れるだろうか・・・とアホな妄想はともかく、42.8kgf-mの真実が分かったところで、さらにアクセルを踏み込む。

吹け上がりは非常に滑らか。本当にディーゼルか?という感じだ。

前述のカリカリ音も、3,000回転に近づくと気にならない。2500回転付近から最高出力の発生する4500回転付近までは、例えて言うならV型8気筒のガソリンエンジンと似た印象だ。昔のディーゼルとは異なる。参照)CX-5ディーゼルはまるでV8エンジン!

Dレンジでフルにアクセルを踏み込むと、約4,800回転でシフトアップ。

テストのためにマニュアルモードを使って同様の操作をすると、5,500回転まで回り切り、2~3秒後にシフトアップした。とはいえレッドゾーンの領域に飛び込んでおり、誤った運転の仕方だが、高い性能を備えることが分かった。

http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/common_bg_h3_01.gif); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; line-height: 14px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-width: 1px; border-bottom-color: rgb(204, 204, 204); background-position: 2px 0px; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">慎重に選んで欲しい、クリーンディーゼル選択の際の「タイヤサイズ」

走行安定性はどうか。基本的な挙動はCX-5 20S(ガソリンエンジン搭載車)に近いが、ターボを装着したディーゼルエンジンとATの容量拡大により、前輪側の荷重は100kgほど増えている。これに伴い、スプリングレートとボディの傾きを抑えるスタビライザーは強化された。

CX-5 XD(クリーンディーゼル)のタイヤは、20Sと同じ17インチ[ヨコハマ・ジオランダーG98]に加え、20Sでは用意されていない19インチ[トーヨー・プロクセスR36]も、XDではラインナップされている。

サスペンションの設定は、両タイプとも完全に同じだ。

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 225/65R17 102Vタイヤ & 17インチアルミホイール

まずは、4WDで17インチタイヤを装着したCX-5 XD(クリーンディーゼル)を試す。

20S(ガソリンエンジン搭載車)に比べると前輪側の重さを意識させ、操舵に対する反応は少し鈍い。峠道を積極的に走れば旋回軌跡を拡大させやすいが、一般的なSUVに比べれば良く曲がる。タイヤの歪みは感じるが不安はない。

危険回避を想定して不用意にアクセルを閉じても、後輪が踏ん張る。横滑り防止装置の作動にも遅れはなく、挙動の乱れを抑え込む。

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ] 225/55R19 & 19インチアルミホイール

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ] 試乗レポート5

では、前輪駆動の2WDではどうだろうか。タイヤの組み合わせを変え、19インチを履くCX-5 XD・Lパッケージ(クリーンディーゼル)を試した。

サイズは17インチが225/65R17なのに対し、19インチは225/55R19。19インチはタイヤ幅は同じで扁平率を55%に下げ、インチアップを行った。コーナーリング時の歪みが抑えられ、路面をつかむ力が強まった印象。

コーナーリング時の速度も高めやすい。微小舵角から操舵に対して正確に反応し、20S、さらにいえばアクセラなどの運転感覚に近づく。乗り心地は硬めだが、サスペンションの伸縮性は良好。粗さはなく、引き締まり感と表現できる。

従ってボディの重いディーゼルには19インチがピッタリともいえるが、好みの違いに収まるだろう。17インチは操舵に対する若干の緩さがSUVらしく、機敏に動かさないことで快適性を高める面もあるからだ。17インチは扁平率が65%に高まり、乗り心地も柔軟だ。

CX-5におけるタイヤサイズは重要な違いだから、購入前にはぜひ乗り比べて頂きたい。きっと、これもCX-5を買う楽しさになることだろう。

http://fsv-static.autoc-one.jp/common2/images/common/common_bg_h3_01.gif); background-attachment: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; line-height: 14px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-width: 1px; border-bottom-color: rgb(204, 204, 204); font-family: 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', Osaka, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3'; background-position: 2px 0px; background-repeat: no-repeat no-repeat; ">CX-5では装着したい!「セーフティクルーズパッケージ」

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ]

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ]

2WDと4WDを乗り比べ、4WDの効用も把握できた。4WDは雪道や未舗装路で強いが、舗装された峠道などを走る時の安心感にも結び付く。

例えばハンドルを1回転近く回す急なカーブを曲がる時、2WDでは高い駆動力によって内側の前輪が空転する場合がある。この時、4WDであれば電子制御される多板クラッチの締結力が強まり、後輪の駆動力配分を高めて走行安定性を確保する。

雨天の高速道路などでも前後輪に微妙な回転差が生じ、4WDの機能を生かせるから、総じて走行安定性が向上する。また、不意の降雪に見舞われた時、SUVが登坂路で立ち往生したら情けない。210mmの余裕ある最低地上高も、4WDとの相乗効果で走破力を高める。

4WDの価格は21万円。安い部類に入るので、積極的に選びたい。

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ] スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] サイドモニター

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] サイドモニター(拡大)

もうひとつ装着したい機能が、セーフティクルーズパッケージだ。3つの装備を組み合わせたメーカーオプションで、特に「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」に注目したい。フロントウィンドウの内側にレーザーセンサーを装着し、追突を防止するものだ。
参照)マツダCX-5 衝突回避システム

作動するのは時速4~30kmの範囲。時速20km以下なら完全に停止する。渋滞など、ゆっくり走っている時の追突に備えた機能だ。レーザーレーダーは雨や霧でも検知するが、CX-5の検知範囲は約10mだから、時速30km以上では作動しない。歩行者や自転車も検知することができない。

その代わり価格が安く、斜め後方の車両を認識して警告する「リア・ビークル・モニタリングシステム」「クルーズコントロール」と併せて7万8,750円に抑えられた。

注意したいのは、前述のようにレーザーレーダーの検知範囲が短いため、クルーズコントロールは従来型の単純に定速走行できる機能に留まるということだ。車間距離を制御して追従する機能はない。

ならばクルーズコントロールを省いて5万円以下にならないのか。開発者の返答は「もっと安く付けられます」。それならば、スマート・シティ・ブレーキ・サポートとリア・ビークル・モニタリングシステムも全車に標準装着して、量販効果に基づき価格アップを3万円程度に抑えて欲しい。価格据え置きの特別仕様車を設定する手もある。

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF/ボディカラー:ジールレッドマイカ] フロント

それにしても、CX-5は久々と言える程、実に興味深いクルマだった。20Sのガソリンエンジンは軽快な運転感覚が楽しく、XDのディーゼルは奥の深い魅力を秘める。参照)CX-5試乗:ガソリンモデルも素晴らしい!

一般的なディーゼルの使い方は高速道路の長距離移動だが、2,000回転付近を積極的に使えば渋滞時でも退屈しない。ハンドル/アクセル/ブレーキは、ドライバーの操作に対して忠実に反応し、車両との一体感が味わえる。さまざまな機能に気を配り、1台のクルマとして整合性を持って結実させた。参照)CX-5ディーゼルはスムーズでしなやかな乗り心地

唯一、難点を挙げるなら、1,840mmの全幅と良好とはいえない斜め後方の視界がある。最小回転半径も5.5mだから小回り性能もいま一歩。主力の市場は、SUVとあって相変わらず北米になるからだ。参照)CX-5は至高のディーゼル!ただ、やっぱりデカイ・・・

となれば、日本ユーザーとしては、ひとまわり小さな「CX-3」の登場を望みたい。エンジンは1.6リッタークラスのさらにエコ度を高めたディーゼルはどうか。良いクルマに乗ると、妄想もどんどん膨らむ。参照)「CX-5」に続き「CX-3」発売?!

日本のユーザーを見据えた今後の発展にも期待したい。

★★★関連記事ルート案内★★★
【CX-5】人気記事は、こちらから
【クリーンディーゼル】人気記事は、こちらから
マツダ【CX-5】試乗レポート一覧はこちらから
マツダ【CX-5】基本情報は、こちらから
マツダ【CX-5】実燃費情報は、こちらから
マツダ【CX-5】発売後情報一覧は、こちらから
マツダ【CX-5】の情報一覧はこちらから
マツダ【SKYACTIV】の情報一覧はこちらから
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/466-b6f617a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
トライトン ピックアップトラック 小型SUV SUVクーペ UX ヴェゼル レストア ジムニー シエンタ e-POWER コネクティッド i-MMD アクセラHV SKYACTIV-X S660 スポーツ UBER 自動運転 カラシニコフ PHEV アウトランダーPHEV XC60 ボルボ XC40 トゥーラン ティグアン ジムニーシエラ A110 アルピーヌ シビックTYPE-R 販売ランキング いすゞ クラリティ アイサイト RAV4 タコマ ハイランダー スパーカー イタルデザイン N-VAN 商用車 スープラ Z4 2000GT RX CX-4 コペン 試乗レポート モータースポーツ FR ミラココア ミラトコット ジュリア ステルヴィオ ウェイク スペーシアSUV スペーシアギア スペーシア ラグジュアリー センチュリー パジェロスポーツ ヤマハ ウルヴァリン CX-8 軽SUV カローラスポーツ SUVミニバン ホンダジェット 飛行機 週刊ニュース パジェロミニ ワゴン キックス スーパーキャリー 軽トラ 軽商用車 VIZIV エヴォルティス GR ランサー C-HR 商用バン スーパーキャリイ キャリイ SUZUKI フルモデルチェンジ ES MPV エクスパンダー エクリプス マクラーレン トロロッソ F1 TNGA モーガン クラシックカー 3輪 CarPlay ルーチェ RX-4 RX-9 ロータリースポーツ Fjクルーザー FT-4X FT-AC Tjクルーザー ハリアー IMx テスラ GT AMG メルセデス GTクーペ シトロエン ベルランゴ アテンザワゴン Gクラス レヴォーグ 124スパイダー アバルト 124GT エクリプスクロス ジャガー E-PACE アセント X2 パサート SGP デリカD6 Aクラス 魁コンセプト VOLVO レンジローバー VEZEL S2000 カーオブザイヤー LF-1 BREEZE レースクイーン ディフェンダー ランドローバー インフォテイメント ナビ AndroidAuto インサイト e-Palette STI 賀詞交歓会 新年 ランエボ 安全技術 初売り 年間ランキング クロスビー オートサロン GRハイブリッドスポーツ 3列SUV XBEE S-FR ヴェルファイア アルファード RX-8 CX-X レジェンド SH-AWD ランボルギーニ スーパーカー マツダコネクト 高級車 ft-4x ft-ac ハスラー ヴェヌーシア ナバラ T70 NISMO C001 中国 日本カーオブザイヤー ビアンテ プレマシー DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ WRX C4カクタス e-EVOLUTION タクシー キャデラック XT5 メルセデス・ベンツ’ マイバッハ アルテオン e-evolution LS 潜水艦 アストンマーチン F-TYPE オープン オデッセイ 5008 フェアレディZ ekワゴン デイズ Q5 GRMN スイフトスポーツ スイフト ハイラックス brz プラド ランドクルーザー FJクルーザー ハラックス T-SUV ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ スポーツセダン ステップワゴンHV Z5 LX エスクード コンパクトSUV GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ シボレー グレイス C3 エスクァイア JEEP ラングラー ステルビオ ランサーエボリューション コンバーチブル NSXオープン ゴルフR RX-VISION ミスフェアレディ e-power スイフトセダン ディザイア 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス ジープ グランドチェロキー Q2 最新モデル Q4 Q8 アウディ 3008 X7 燃費ランキング ティアナ アルティマ エスティマ LC CROSSOVER7 シビックタイプR CX-6 GLCクーペ MINIクロスオーバー MINI リコール セレナe-POWER セレナHV フィットRS C4ピカソ ディーゼルミニバン クラウンTGR バイク XVハイブリッド ロードスターRF スティングレー CX-7 S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ ムーヴキャンバス トール スライドドア ソリオ トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR ムラーノ ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV ソリオハイブリッド スイフトハイブリッド ノートe-POWER マークX カブリオレ トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ Vクラス グランツアラー トールカスタム 終売 SAI アイシス WR-V C4 X1 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ 魂動デザイン プロパイロット 500 QX50 VC-Tエンジン DS4クロスバック DS GLT 1シリーズ ZSX SX-4 S-CROSS プリウスSUV XMコンセプト QX30 D-MAX BT-50 Eクラス ドライブパイロット デザイン スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ 自動運転技術 308 508 SX4 SCROSS ルーテシア ポロ レネゲード XR-PHEV IDSコンセプト ATS F-PACE NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ハイゼット ハイゼットキャディー ウェイクバン GRIPZ X4 Xクラス N-WGN パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード C6 ハイドロ オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア エイプリルフール SWAY 人気記事ランキング WCOTY ラクティス カローラルミオン イスト ラッシュ iQ KOERU レヴァンテ ギブリ マセラティ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター タイグン T-ROC トゥアレグ シビック・セダン プロエース パッソモーダ DS3 ピュアテック LC500 スポーツクーペ LC500h ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX アルトワークス スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ GO-cross KWID GLSクーペ GLS GLE GLEクーペ LAPV レビン S660ネオクラシック 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビックセダン シビッククーペ スマートフォーフォー スマートフォーツー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ Q50 Q60 ヒュンダイ プリウスハンター アイオニック プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN コペンワゴン コペンクーペ キャスト i5 商用ミニバン エキスパート トラベラー エスカレード EQ900 G90 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン コンパクトセダン 1シリーズ インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW カー・オブ・ザ・イヤー ジェネシス サハラ Jeep クラブマン ポルシェ tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO NMKV TIPO エーゲ ヨタハチ スターレット KIKAI コスモスポーツ RX-7 マツダスポーツコンセプト ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シャア専用オーリス シビック・ツアラー GTE ゴルフGTE VITARA エスクードノマド シャラン CX-5クーペ ランチア イプシロン クラスラー Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス 3シリーズ ビーゴ テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ MKX クーガ フォーカス エクスプローラー リンカーン S60 V60 V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ IS200t RC200t iM-4 ブースタージェット iK-2 コペンセロ プラドディーゼル GLK Apple Applecar imove icar セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド スカイアクティブハイブリッド iA ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti ワーゲンバス バス サイオンiA カローラアクシオ カローラフィールダー iM CX-3試乗 MX-5 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ビート ミニ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ FIAT MIRAI 911 カイエン TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN ムーヴ SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ アイゴ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-up! e-Golf up! ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x イニシャルパリ エスパス S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム 自動車保険 C1 シエナ LEVORG試乗 LEVORG GLA GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 S-HYBRID ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500L 500e ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 e-booster 10速DSG 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード ラニアコンセプト コンセプトB GM CTS HAZUMI e-UP! VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana アクセラ試乗 TDI VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ納車 アクセラ発表後 GO レゾナンス X3 i-ROAD NM4 ゴルフカブリオレ シロッコ DKWT メルセデス・ベンツ City carplay iPhone セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ BMW2 2クーペ twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE XVHV フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER COTY アクアG's twinup! JPNTAXI フィットSUV ミニクーパー iV-4 カングー デジール R-space キャプテュル メガーヌ GC-PHEV エコドラ TOYOTOWN ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー クライスラー ツインエア 2シリーズ BMWクーペ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス 新型タントカタログ picasso エリシオン N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF GOLF7 ゴルフスポーツバン マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 衝突回避システム ゴルフ試乗 WISH ハイブリッド戦略 アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 i-DCD ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZROOX DAYZ試乗 DAYZ モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ラパン ショコラ N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ納期 IS300h ekカスタム DAYZライダー DAYZハイウェイスター ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 スポーツハイブリッド 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー ロータス トゥイジー 電気自動車 iBeetle RDX フォレスターライブ ニュルブルクリンク D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 PSA DSルビス FT-HT 乗りかえ割 ノッテコニッサン DIT メビウス パスファインダー ムーヴ試乗 スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ 投票 モコ ラ・フェラーリ フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン 前田敦子 オッティ D-R スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! ベンツAクラス Aクラス試乗 シビックワゴン クラウン試乗 クラウン発表後 HS250h アテンザレース 2012まとめ ドラえもん THS フォレスター試乗 ジェッタ FX ブラジル JX NONE試乗 3シリーズ UP!試乗 イーステクノロジー JUKE RJC ベンツBクラス FIAT500 UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー NONE納期

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>