FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
アクセスカウンター

日本メーカー【クリーンディーゼル】開発状況まとめ!

2010年夏時点での情報ですが、
クリーンディーゼルの技術的な課題や、日本メーカーの動きについてまとめられた、
非常にわかりやすい記事を見つけたので、ご紹介します。

よくよく読んで頂きたいのですが、
この記事では、1年半前の段階で、日本のクリーンディーゼル開発の前途は絶望的。
だとされています。

わずか1年半後に登場したマツダCX-5。
挙げられている課題を次々とクリアしているこのエンジンは、
まさに日本のものづくり技術が生んだイノベーション。

本当に、本当に、マツダの技術の凄さがわかるし、
この記事も正座をして読みたいくらいです。(大袈裟か・・・)
マツダCX-5開発物語 広島発クリーンディーゼルへの挑戦!

じっくりお読み下さい。
sponsored link

 

スーパークリーン・ディーゼル 最新技術の現状

ポスト新長期規制に適合したスーパークリーン・ディーゼル車、つまり最新のガソリン車と同等の排ガスレベルを達成している、というディーゼル車は日産エクストレイルメルセデスベンツE350ブルーテック、そして5月末にML350ブルーテック、つい先日発表された三菱パジェロだけである。

ただしメルセデスベンツのML350ブルーテックは少数限定輸入車扱いとされている。もっともそれ以前からCO2に限ってはディーゼルのほうが、20%~30%近く排出量は少なかったのだが、おもにNOx(窒素酸化物)がガソリン車よりも多く排出されていたため、その点に注力し適合させてきたと言える。
参照)マツダCX-5ディーゼル 実燃費はプリウスレベル!

日産エクストレイルに搭載されたM9R型はルノーとの共同開発で、当初のユーロ4適合から、ユーロ5、ユーロ6/ポスト新長期適合へと進化させてきた。2.0Lで173psという高出力で、当初、トランスミッションはMTのみであったが2010年8月にATがラインアップした。このエンジンは、現在のところエクストレイルのみに搭載され、国内販売モデルに限られているが、ユーロ5に適合している以前のエンジン・ユニットは、ヨーロッパではエクストレイルのほか、キャッシュカイ、さらにルノー車にも採用されている。

メルセデスベンツのスーパークリーン・ディーゼル技術、ブルーテックのコンセプトはかなり以前から提唱されていたものだ。アドブルー(ドイツ自動車工業会による商標:尿素水)と選択式還元触媒(SCR)の組み合わせによるNOx後処理を備えたブルーテックは、アメリカ市場への投入が最初(Tier2 Bin5適合。従来のCDIは規制除外の特定の州でしか販売できなかった)であったが、2009年秋から日本に投入され、国内排ガス規制のポスト新長期適合を果たしたわけだ。参照)各国のディーゼル規制:BMWディーゼルは、日本のポスト新長期規制をクリア!

このメルセデスベンツの尿素水+SCRの組み合わせは世界初とされているが、これは乗用車用という意味であって、先陣を切ったのは日産ディーゼル(2004年)であった。ただ、いずれにせよ日本ではスーパークリーン・ディーゼル乗用車の選択肢は日産エクストレイルとメルセデスベンツ、三菱パジェロしかないという現状である。
参照)マツダCX-5もスーパークリーンディーゼル:マツダCX-5クリーンディーゼル徹底解説!
参照)BMWもスーパークリーンディーゼル:
BMWディーゼルは、日本のポスト新長期規制をクリア!

では今後、日本でも続々とスーパークリーン・ディーゼル乗用車が登場するかといえば、現実にはあまり希望は持てそうにはない。そもそも、2005年頃から日本の自動車メーカーは乗用車用のスーパークリーン・ディーゼル開発に本格的に踏み込んでいた。ヨーロッパでのラインアップ展開ではディーゼルエンジンが不可欠なこと、日本では政府のエネルギー政策に応えるという二つの理由があった。しかし2008年のリーマンショックにより、自動車メーカーの開発予算は大幅に縮小されてしまい、日本の自動車メーカーの乗用車ディーゼルエンジン開発(特にポスト新長期規制向け)は、量産車展開には大きなブレーキがかけられてしまったからだ。

その結果、日産以外でスバル、三菱、ホンダ、トヨタ、マツダがヨーロッパ向けとしてユーロ5適合エンジンをラインアップしたものの、日本のポスト新長期規制をクリアするエンジンの登場は三菱を除き延期、もしくは中断されてしまっているのが現実だ。さらに、アメリカ市場で乗用車ディーゼルの普及率がアップするという予測がはずれ、EVやハイブリッドカーに急速にシフトしつつある現実の前に、日本のメーカーはさらに及び腰になってしまったのだ。
注)現在では、日本勢も続々とディーゼル開発を本格化
参照) トヨタ「アベンシス」ディーゼルは、CX-5と同レベル?
参照)
ホンダ「新型シビック」クリーンディーゼルは、CX-5以上の燃費?!
参照)
三菱「新型アウトランダー」発表!ディーゼルもある!
参照)
スバルのディーゼル国内投入は2013年!

経済産業省が推進する次世代自動車普及戦略では2020年にスーパークリーン・ディーゼル車の普及を5%と見積もっているが、現状では空想的といえる。一方のヨーロッパではディーゼル・エンジン車は約50%の普及率になっていることはよく知られている。2000年頃から特に普及が加速しているが、その理由はCO2の削減に有効であることが知られたことと同時に、ディーゼルエンジンの高性能化が果たされ、ガソリン車とそん色ない乗り味になったことなどがユーザー層に支持されたからだ。
参照)マツダ「CX-5」 クリーンディーゼルは“安い、きれい、軽快”

欧州ディーゼル次世代戦略 次世代予測

もともとヨーロッパ市場では、走行距離が多いため、ガソリンエンジンより燃費と低速トルクに優れるディーゼル・エンジンが市民権を得ていたが、ディーゼルに新世代の技術投入が行われ、さらなる高性能化が実現したことでいっそう普及が促進されたというわけだ。ただ、車種的には中型、大型車が主流であり、燃料の軽油は、ガソリン価格と同等レベルのため、実用燃費や性能で選択されていると見るべきだろう。
参照)CX-5ディーゼルvsエクストレイルvsプリウスα実燃費対決

日本の自動車メーカーはヨーロッパ市場に展開するために、ユーロ4からユーロ5規制に適合するディーゼルエンジンを開発したが、ヨーロッパ市場に限定した生産基数から考えて、とても採算が取れるレベルにはない。また、ディーゼル・エンジンの製造コストは一定数の量産を行ったとしても、同クラスのガソリンエンジンの2倍以上とされ、コスト負担が極めて大きいのだ。
参照)マツダは低コスト化を実現:マツダCX-5 マツダのディーゼル戦略

確かに、コモンレール・システム、ピエゾ・インジェクター、可変ジオメトリーターボ、電子制御EGRシステムといった現在のディーゼル・エンジン特有の高価な装備、エンジン内部部品のコスト、さらに大トルクに適合する専用トランスミッションまで含めると、ガソリンエンジン車との価格差を50万円程度にする限り採算割れは確実だろう。さらに、ポスト新長期規制やユーロ6規制に適合させるためには、主としてNOx処理のためにNOxトラップ触媒、あるいは尿素水/SCRが必要とされ、さらにコストはアップする。したがって技術的な開発はともかく、日本国内での量産展開は厳しいといわざるをえない状況にあると考えられる。
参照)マツダはディーゼルの課題を突破:マツダSKYACTIV-D徹底解説

MB_ML350 465480_797560_842_595_103318497892405a5343   tankv6

日本の自動車メーカーのクリーンディーゼル・エンジンの現状を概観する

日産はルノーの共同開発によりM9R型2.0Lエンジンを実現し、コモンレール式(1600気圧)、ダブル・スワールポート、ピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボ、圧縮比15.6、NOx処理はリーンNOx触媒を採用しポスト新長期規制に適合している。

ホンダはi-DTEC、2.2L エンジン180ps。同じくコモンレール式(1800気圧)、ピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボ、圧縮比16.3、Nox処理はリーンNOx触媒を採用しユーロ6に対応予定で、今のところ、国内販売予定がない。参照)現在は1.6Lも。ホンダ「新型シビック」クリーンディーゼルは、CX-5以上の燃費?!
★続報更新★ホンダ「シビック」ディーゼルはEURO6対応=年内にも国内投入?!

hondaD

↑ホンダのi-DTECディーゼル

三菱は欧州モデルのランサーに搭載している1.8Lの4N13型2.2Lの4N14型をラインアップ。コモンレール式(2000気圧)、ピエゾインジェクター、可変バルブ(MIVEC)による吸気バルブ早閉じ+片弁低リフト、可変ジオメトリーターボ(4N14型は排気+コンプレッサー翼可変)、圧縮比14.9(世界一の低圧縮比)。NOx処理はリーンNOx触媒を採用しユーロ5をクリアしている。そして、国内販売するパジェロは同様の燃焼技術に加え、NOxトラップ触媒、酸化触媒、DPF(ディーゼル・パティキュレイト・フィルター)でポスト新長期規制に適合している。
参照)三菱「新型アウトランダー」は、RVRディーゼルのパワーアップ版?
★続報★三菱「デリカD5」ディーゼルが2013年国内発売!=アウトランダーも・・・?! 

三菱4N13_14.9

↑三菱の4N13ディーゼル

トヨタは海外向けND型1.4LAD型2.0/2.2Lディーゼルを開発中。ユーロ5適合エンジンはヨーロッパの工場で生産中だ。トヨタのヨーロッパでのディーゼルエンジン比は15%程度。ユーロ6は、低圧縮化、可変バルブタイミング機構、コモンレール式、フィードバック制御ピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボ、リーンNOx触媒で適合させる予定だ。
参照)トヨタ「アベンシス」ディーゼルは、CX-5と同レベル?

トヨタ

↑トヨタのディーゼル

マツダはヨーロッパ向けMZR-CD 2.2L。コモンレール式(2000気圧)、ピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボ、圧縮比16.3、NOx処理はリーンNOx触媒、または尿素水+SCRで適合予定。
参照)SKYACTIV-Dの圧縮比は世界1の14.0:マツダSKYACTIV-D徹底解説!

スバルは水平対向2.0L。ユーロ4からユーロ5に適合、コモンレール式 ソレノイド式インジェクター 可変ジオメトリーターボ。ユーロ6適合は未発表。
参照)スバルのクリーンディーゼル「ボクサーディーゼル」を解説

subaru

↑スバルのディーゼル

このように最新の乗用車ディーゼルエンジンは、低圧縮化、クールドEGR、高圧インジェクターの採用を進め、NOx低減をはかっている。高圧インジェクターは燃焼、黒煙粒子の改善、それ以外は燃焼時のNOxを低減するためだ。黒煙粒子はDPFによって捕捉する。

NOxの後処理はリーンNOx触媒、または尿素水+SCRで処理することで、ユーロ6、Bin5、ポスト新長期規制に適合する。トラック、バスやメルセデスベンツの例のように比較的大型のクルマには尿素水+SCRが適合し、小型車はスペース的な要因でリーンNOx触媒を採用する。大型トラックやバルは圧縮空気システムを持つため尿素水の噴射には圧縮空気を使用するが、乗用車に採用するためには専用の噴射ポンプが必要になる。また約20Lの容量の尿素水のスペースも小型車には負担となる。
参照)マツダのブレークスルー:マツダSKYACTIV-D徹底解説!

unit 最新システム

いずれにしてもディーゼルエンジンでは黒煙粒子(PM)とNOxの発生は背反項目であり、またNOxは希薄燃焼を行うディーゼル燃焼の根本的な宿命である。黒煙粒子の対策とCO2対策は酸化触媒と粒子用のフィルターを一体化させることでほぼ解消できているが、NOxの処理が現在の規制で大きなテーマとなっている。NOx対策システムに高いコストを要すると、乗用車においては高額車以外では採用不可能だろう。
参照)NOx対策を低価格化したマツダの技術:マツダSKYACTIV-D徹底解説!

このようにスーパークリーン・ディーゼル・エンジンは製造コストを下げない限り、日本での普及は絶望的である。高価なピエゾインジェクターではなく比較的安価なソレノイド・インジェクター化や、NOx後処理装置の簡素化(低価格化)=低NOx燃焼化技術の実現が大きなテーマとなっていると考えられる。ただ、日本のように乗用車の走行距離が短い使用条件では、車両価格が高くなってしまうディーゼル乗用車では、ガソリン車と比較してコストパフォーマンスは割に合わない、というのも事実だと思う。一方で、燃費の良さと燃料代の安さでお得感を感じるのも事実である。

この記事を読んで頂ければ、よくわかりますが、
マツダCX-5に積まれているSKYACTIV-Dの技術の凄さがわかると思います。
これほど絶望視されていた技術を、あの価格で実現する。
まさにイノベーション!

さて、あとはどこまで普及するのか?
消費者にとってみれば、エコカーの選択肢が増えるのは、素晴らしいこと。
燃費性能にも走行性能にも優れるディーゼルエンジンは、
トヨタが目指す「FUN TO DRIVE, AGAIN」にもピッタリな気がするのですが、、、

さあ、トヨタを含めて日本メーカーがどこまで本気になるのか、
そして、マツダのブレークスルー技術が本場ヨーロッパでもどう評価されるのか。
コンパクトクラスのディーゼルが出てこれば普及曲線に確実に乗ってくるはず。

そういった意味でも、トヨタの1.4L、ホンダの1.6Lエンジンへの期待は大きい。
今後の各社の展開が楽しみでしようがありません。

最新クリーンディーゼル事情は、こちらから
BMWクリーンディーゼル情報一覧は、こちらから
【マツダCX-5】ディーゼル試乗レポートは、こちらから
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/430-76eb8ae7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
ライズ 試乗レポート スーパーカー スポーツ ラフジュアリー ベントレー スポーツセダン フライングスパー グランエース マジェスティ グランヴィア 小型SUV KICKS T-Cross UX UX300e GR オープン マツダ3 TCR サイバートラック テスラ ピックアップトラック スポーツカー フェアレディZ 1シリーズ バカボン ランドローバー レンジローバー ディフェンダー レヴォーグ MX-30 e-TPV CX-30 ロッキー コペンGR 空飛ぶクルマ ボーイング ポルシェ ゴルフ8 ベルランゴ リフター MPV N-WGN RX 終売 TYPE-R SUVクーペ プロサングエ RX-9 キャンピングカー プロエース キャンパー 商用車 ハイエース 鈴木修 豊田章男 DS DS3 Bクラス GLA SUVミニバン メルセデス・ベンツ GLB GOLF8 ゴルフ8 WR-V MAZDA3 SKYACTIV-X E-Four エクリプスクロス 4WD S-AWC TLX タイプS ホンダジェット 航空機 GXOR GX LCコンバーチブル LC オープンカー RX-8 ロータリースポーツ 時計 WRX STI ワゴン 商用バン プロエースシティ MR2 EVスポーツ Aクラスセダン Cセグメント メルセデス Aクラス コルベット シボレー C3エアクロスSUV ジュリア ステルヴィオ パジェロスポーツ デザイナー メガネ C4カクタス e-mehari MAZDA6 MAZDA2 高級車 LM GLE 3列SUV メルセデスベンツ マークX FJクルーザー ラッシュ ビーゴ カローラセダン カローラツーリング RX-VISION いすゞ ID.R レーシングカー C5エアクロス FRクーペ mazda3 アテンザオープン Xクラス レストア ファミリア Q60 Q70 ジムニーシエラ ジムニー ソリオ PHEV 神田松之丞 講談 コラボ R-Line エイプリルフール ekクロス 軽SUV マツダ3 タントSUV ウェイク ミニランクル デイズ モデルY ゴーン 教習車 ミニ レトロ クラシックカー MINI セリカ 3シリーズ CX-X CX-6 CX-10 アイゴ 電気自動車 無印良品 MUJI+Car ルーチェ Gクラス S60 ボルボ V60 インサイト オフローダー MX-5 サブスクリプション KINTO Q5 CX-4 1008 Z4 アルトワークス ランドクルーザー 2050 マクラーレン アーバンEV センチュリー S660 レトロデザイン N-VAN 東京オートサロン CX-1 記事ランキング エンジンサウンド スペーシアギア ベビーカー サウンドシッター MX-6 イタルデザイン XC40 日本カーオブザイヤー C-HR ダイソン S660ネオクラシック MBUX マツダコネクト 大坂なおみ カルロス・ゴーン センチュリーGRMN アルファード ヴェルファイア 公用車 CX-8 世界販売 C5 Jeep レネゲード T-ROC X1 MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI DS7 ラグジュアリー F-PACE ジャガー I-PACE AMG ブラバス ディーラー イーロンマスク A110 アルピーヌ ヴェゼル e-POWER コネクティッド アクセラHV UBER 自動運転 カラシニコフ XC60 ティグアン トゥーラン シビックTYPE-R クラリティ アイサイト ハイランダー タコマ スパーカー 2000GT モータースポーツ FR ミラココア ミラトコット スペーシアSUV ヤマハ ウルヴァリン カローラスポーツ 飛行機 週刊ニュース 軽トラ スーパーキャリー 軽商用車 エヴォルティス ランサー スーパーキャリイ キャリイ SUZUKI フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA 3輪 モーガン CarPlay RX-4 FT-AC ハリアー Fjクルーザー FT-4X Tjクルーザー IMx GTクーペ GT アテンザワゴン 124GT アバルト 124スパイダー E-PACE アセント X2 パサート SGP デリカD6 VOLVO S2000 VEZEL LF-1 BREEZE レースクイーン インフォテイメント AndroidAuto ナビ e-Palette 新年 賀詞交歓会 ランエボ 年間ランキング クロスビー オートサロン GRハイブリッドスポーツ XBEE S-FR レジェンド ランボルギーニ ft-ac ft-4x ハスラー ナバラ ヴェヌーシア T70 NISMO 中国 C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ e-EVOLUTION タクシー キャデラック XT5 メルセデス・ベンツ’ マイバッハ アルテオン e-evolution LS アストンマーチン 潜水艦 F-TYPE オデッセイ 5008 GRMN スイフト スイフトスポーツ ハイラックス brz ハラックス T-SUV プラド ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ グレイス エスクァイア JEEP ラングラー ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power ディザイア スイフトセダン 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー ジープ Q2 最新モデル Q8 アウディ Q4 3008 X7 ティアナ アルティマ CROSSOVER7 シビックタイプR GLCクーペ MINIクロスオーバー セレナHV セレナe-POWER フィットRS C4ピカソ ディーゼルミニバン クラウンTGR バイク XVハイブリッド ロードスターRF S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ ムーヴキャンバス トール スライドドア トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR タンク ルーミー IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER カブリオレ トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ グランツアラー Vクラス トールカスタム アイシス SAI C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ プロパイロット QX50 VC-Tエンジン DS4クロスバック GLT ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 D-MAX ドライブパイロット Eクラス デザイン スピードスター ヒナタ ムーヴコンテ トゥインゴ 自動運転技術 508 308 ルーテシア XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ウェイクバン ハイゼット ハイゼットキャディー GRIPZ X4 パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスワゴン オーリスHV オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY イスト iQ カローラルミオン KOERU マセラティ ギブリ レヴァンテ 試乗インプレッション FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX クロスポロ T-CROSS Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター トゥアレグ タイグン シビック・セダン パッソモーダ ピュアテック LC500 スポーツクーペ LC500h ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ GO-cross KWID GLS GLEクーペ GLSクーペ LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ ヒュンダイ プリウスハンター アイオニック プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN コペンクーペ コペンワゴン キャスト i5 トラベラー エキスパート 商用ミニバン エスカレード EQ900 G90 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン コンパクトセダン 1シリーズ インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO エーゲ TIPO ヨタハチ スターレット KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 コスモスポーツ ダウンサイジングターボ エアトライサー マイティデッキ シャア専用オーリス シビック・ツアラー GTE ゴルフGTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ リンカーン フォーカス エクスプローラー MKX クーガ V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル IS シエンタHV SHVS CLAシューティングブレーク CLA Google グッドウッド ミラジーノ IS200t RC200t ブースタージェット iK-2 iM-4 コペンセロ プラドディーゼル GLK icar Applecar imove Apple セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン infiniti スカイラインクロスオーバー ワーゲンバス バス サイオンiA カローラアクシオ カローラフィールダー iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォーク イヴォークカブリオレ SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ up! e-up! e-Golf ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 ヴィターラ SPA ジュークRS ESQ NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 プリウスFCV FCEV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック ノアHV S-HYBRID フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード ラニアコンセプト コンセプトB GM CTS HAZUMI VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 自動車取得税 消費税 アクセラ発表後 アクセラ納車 GO X3 NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT City iPhone carplay セブン160 エネチャージⅡ クロスハイカー BMW2 2クーペ twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 デジール カングー メガーヌ R-space GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー BMWクーペ 2シリーズ CB400 DUNK スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス 新型タントカタログ picasso エリシオン N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF ゴルフスポーツバン GOLF7 フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト LF-CC SUPERGT カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 衝突回避システム ゴルフ試乗 WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 モジュラーコンセプト 中期経営計画 パワー88 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ラパン ショコラ N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル IS300h ekカスタム DAYZハイウェイスター DAYZライダー ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 Twizy 超小型モビリティ 次期CR-V フェンダー ロータス トゥイジー iBeetle RDX ニュルブルクリンク CX-5納車 ME.WE 寄居工場 DSルビス FT-HT ノッテコニッサン 乗りかえ割 パスファインダー

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>