FC2ブログ
Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
アクセスカウンター

日産「新型ジューク」19年夏発売が確実!e-POWERもディーゼルモデルもある!

ついについに、日産「新型ジューク」発表のほぼ確定情報です。
発表予定は19年夏で、ノート、セレナに続く「e-POWER」搭載も確実で…
NISSAN JUKE 2019 EXTREM

sponsored link

ゴーン元会長の不正問題で揺れる日産。
モータージャーナリストから、真の問題は、欲しい車種がないこと…
と厳しい指摘も受けているのですが、
やったぜ日産

実際に、日本市場で新車が出るのは、
2年に1車種程度と、非常に寂しい状況です。
NOTE_20181021153000501.jpg

sponsored link


そんななか、いよいよ来年、
あの人気車種が、フルモデルチェンジを受けるという情報です。 その内容を簡単にまとめると、
  • 新型ジュークの発表は、19年夏ごろ(元々は18年内のはずだった)
  • ルノー日産のCMF-Bプラットフォームを採用
  • デザインは、エクストレイルのような日産フェイスに
  • ただし、ジュークらしさも残したエッジーなものに
  • パワートレインは、ガソリン、ディーゼル、ターボ
  • さらに、ハイブリッド(e-POWER)の設定も確実
海外では、デザイン予想イメージも出てきており、
いくつかご紹介しておきましょう。

sponsored link


以下は、18年内発表!という情報が出てきたときの記事ですが、
JUKE_2018090221295369b.jpg

このデザインの元ネタは、かつてのGripzコンセプト。
日産「新型グリップス コンセプト」発表;「Z」を受け継ぐコンパクトクロスオーバー!
Nissan Gripz Concept 2015 04

sponsored link


もっとシンプルなデザインになると、
ほぼ同じサイズ感で、南米を中心に発売されている「キックス」に似たもので、
NISSAN JUKE 2017
こんな感じですかね。

個人的には、間をとるわけではないですが、
キックスのコンセプト的な位置づけで発表された、かつてのコンセプトカー、
「エクストレム」のデザインは、次世代ジュークっぽいと思うんですけどね。
NISSAN EXTREM 2012 01
日産フェイスも備えた上でのデザインですしね。

来夏に発表と考えると、年度内のコンセプトやプロトタイプの発表が既定路線でしょうから、
欧州を舞台に、3月のジュネーブで公開?ということもありそう。
さてさて。

sponsored link


一応、AutoExpressの記事全文も。
Google翻訳での日本語訳もつけています。

New 2019 Nissan Juke: specs, exclusive pictures and release date

Next generation Nissan Juke set for launch in Summer 2019, with greener engines, a hybrid option, upgraded tech and a brand new platform

Since its launch in 2011, the original Nissan Juke has been a huge success story for the brand, arguably sparking the market trend of the supermini-SUV. However, in recent years, the Juke has came under pressure from rivals such as the Peugeot 2008 and the Renault Captur, and even premium cars like the Audi Q2, forcing the Japanese brand to revise its formula.

The next-generation Nissan Juke was supposed to arrive in September 2018, but its release date has been pushed back to Summer 2019. It will improve on the current car in as many ways as possible to tackle its growing list of rivals. Our exclusive images show how the new Juke could grow into a more refined, better quality and more efficient machine.

Most importantly, the new Juke will move to an all-new platform, ditching the aging B0 chassis from the Renault-Nissan Alliance in favour of its Common Module Family CMF-B platform.

The old chassis can be traced back to the 2002 Nissan Micra, and it’s starting to show its age, being both slow and expensive to manufacture. The latest CMF-B platform, derived from the current Micra, should solve both of these problems.

(ここまでの翻訳)
次世代の日産ジュークは2019年夏に発売され、より環境にやさしいエンジン、ハイブリッドオプション、技術の向上、新しいプラットフォーム

2011年の発売以来、オリジナルの日産ジュークはブランドの大きな成功事例であり、恐らくスーパーミニSUVの市場動向を呼び起こしています。しかし、近年では、Jukeは、プジョー2008やRenault Capturなどのライバル、さらにはAudi Q2のようなプレミアムカーからプレッシャーを受けて、日本のブランドのフォーミュラを改正することを余儀なくされました。

次世代の日産ジュークは2018年9月に到着する予定だったが、発売日は2019年夏に戻った。ライバルの台数にできるだけ多くの方法で改善する。私たちの独占的なイメージは、新しいJukeがより洗練された、より質の高い、より効率的なマシンに成長する方法を示しています。

最も重要なことに、新型Jukeは、Renault-Nissan AllianceのエージングB0シャシーをCommon Module Family CMF-Bプラットフォームに置き換えて、まったく新しいプラットフォームに移行する予定です。

古いシャシーは2002年の日産ミクラにさかのぼることができ、年齢を示すようになり、製造が遅くて高価になります。現在のMicraから派生した最新のCMF-Bプラットフォームは、これらの問題の両方を解決するはずです。

sponsored link


Design
The existing Juke still sells well, with over 100,000 examples finding homes globally each year but with new rivals emerging all the time an update on the winning formula is needed. Nissan’s chief creative officer, Shiro Nakamura, has revealed the next generation will remain “edgy and less mainstream”, but acknowledged that it would still be recognisable as a Juke.

The styling, therefore, will retain key Juke cues, such as the high-mounted headlights and distinct wheel-arch blisters, but it will incorporate the new Nissan “face” seen on the latest Qashqai. Plus, there’ll be a slightly longer wheelbase, as Nissan aims to address one of the main criticisms of the current model; rear legroom.

The Juke’s interior is set for a major overhaul, potentially taking its lead from the next Nissan Micra. Nissan looks to improve on quality, with a range of soft-touch plastics, higher-grade fabrics and materials, and an improved central infotainment display across the range, complete with smartphone connectivity, Apple CarPlay and Android Auto. The Juke’s cabin will also get a wider range of personalisation options, including different colours and finishes on the facia highlights.

Engines
The move to the new CMF-B platform will open up the Juke to a new range of engines. Options include a 1.0-litre three-cylinder petrol, a 1.5-litre diesel and a 1.6-litre turbocharged petrol that’s likely to be the range-topper, with an output of around 190bhp.

Nissan sources have also hinted that the next Juke could get a hybrid variant, using a range-extender powetrain that debuted on the sporty Gripz concept at the 2016 September Frankfurt Motor Show. When asked if the new Juke would feature a form of electrification, Nakamura told us: “It is very tough to meet our emissions requirements without hybrid. It is almost mandatory.”

European versions of the next Juke will continue to be produced at Nissan’s Sunderland plant. The brand’s main focus for 2018 was the launch of the all-new Micra supermini - a model which was fast-tracked after European buyers in particular reacted badly to the interior quality and refinement of the “global” version of the car. As such, the new Juke was pushed back. Hopefully, we’ll see a concept in the coming months, ahead of a production car debut thereafter.

(ここまでの翻訳)
デザイン

既存のJukeはまだ売れており、毎年世界中で家を見つけている例は10万件を超えていますが、新しいライバルが常に出現して勝ちの式が更新されています。日産のチーフ・クリエイティブ・オフィサー、中村史郎は、次世代が「ぎこちない、主流ではない」ままであると明らかにしたが、依然としてJukeとして認識できると認めた。

したがって、スタイリングは、ヘッドマウント・ヘッドライトやホイールアーチ・ブリスターなどの主要なジューク・キューを保持しますが、最新のQashqaiで見られる新しい日産の「顔」を取り入れます。さらに、現在のモデルの主な批判の1つに取り組むことを目指しているように、若干長いホイールベースがあるでしょう。リアレッグルーム。

ジュークのインテリアは、次の日産のマイクラからのリードを取る、大規模な見直しのために設定されています。日産は、柔らかいタッチのプラスチック、より高級な素材と素材、スマートフォン接続、Apple CarPlay、Android Autoを備えた中央インフォテインメントディスプレイの改良により、品質向上を目指しています。ジュークのキャビンには、さまざまな色やフェイシアのハイライトの仕上げなど、さまざまなカスタマイズオプションが用意されています。

エンジン
新しいCMF-Bプラットフォームへの移行により、Jukeは新しい範囲のエンジンに開放されます。オプションは、1.0リットルの3気筒ガソリン1.5リットルのディーゼル、およそ190bhpの出力を持つレンジトッパーになる可能性のある1.6リッターのターボチャージャーガソリンを含みます。

日産の情報筋は、2016年9月のフランクフルト・モーターショーでスポーティなグリフィスのコンセプトでデビューしたレンジエクステンダーのパワートレインを使って、次のジュークがハイブリッド車を得ることを示唆した。新しいJukeが電化の形をとるかどうか尋ねられたとき、中村は私たちに次のように語った。「ハイブリッドなしで私たちの排出量要件を満たすことは非常に困難です。ほとんど必須です。 "

次のJukeのヨーロッパ版は、日産のSunderland工場で引き続き製造されます。 2018年の主な焦点は、すべての新型Micraスーパーミニの発売でした。これは、ヨーロッパのバイヤーが車の内装の質と洗練度に悪影響を与えた後、速やかに追跡されたモデルです。このように、新しいジュークは後退した。うまくいけば、我々はその後の生産車デビューに先だって、今後数ヶ月でコンセプトを見るだろう。

sponsored link


インテリアも大きく変わりそうですね。
あと、補足ですが、レンジエクステンダーは、
電気を発電するためのエンジンを搭載する[e-POWER]のことですね。

日産の最新記事一覧は、こちらから
日産の最新モデルデザインギャラリーは、以下から
NISSAN 最新自動車画像ニュース NEWCAR DESIGN
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!




同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/4021-9029dcc5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
ワゴン カローラツーリング カローラセダン RX-9 スポーツ RX-VISION ピックアップトラック ISUZU D-MAX いすゞ MU-X MAZDA3 SKYACTIV-X ID.R レーシングカー 試乗レポート スープラ SUVミニバン RX C4カクタス C5エアクロス シトロエン 1シリーズ シビックTYPE-R メガーヌ FRクーペ mazda3 GR MAZDA6 アテンザオープン オープン Xクラス パジェロスポーツ ファミリア レストア Q60 Q70 ジムニー ジムニーシエラ ソリオ PHEV コラボ 神田松之丞 R-Line 講談 エイプリルフール ハイエース ekクロス 軽SUV CX-30 マツダ3 タントSUV ウェイク 小型SUV ミニランクル ラッシュ デイズ テスラ モデルY DS C3 ゴーン 教習車 Aクラス ミニ クラシックカー MINI レトロ セリカ MR2 3シリーズ CX-X CX-10 CX-6 アイゴ 電気自動車 MUJI+Car 無印良品 ルーチェ ステルヴィオ ジュリア Gクラス V60 ボルボ S60 インサイト オフローダー MX-5 KINTO サブスクリプション Q5 CX-4 スポーツカー GLB 1008 MAZDA2 Z4 アルトワークス ランドクルーザー マクラーレン 2050 アーバンEV ランドローバー センチュリー コペンGR ディフェンダー N-VAN レトロデザイン S660 東京オートサロン CX-1 記事ランキング UX スーパーカー エンジンサウンド スペーシア スペーシアギア サウンドシッター ベビーカー MX-6 イタルデザイン XC40 日本カーオブザイヤー C-HR ダイソン S660ネオクラシック MBUX マツダコネクト 大坂なおみ カルロス・ゴーン センチュリーGRMN ヴェルファイア アルファード 鈴木修 公用車 エクリプスクロス CX-8 世界販売 ベルランゴ MPV C5 レネゲード X1 T-ROC Jeep MaaS 魁コンセプト エスティマ TDI ラグジュアリー DS7 I-PACE ジャガー F-PACE AMG ブラバス ディーラー イーロンマスク アルピーヌ A110 トライトン SUVクーペ ヴェゼル e-POWER コネクティッド アクセラHV 自動運転 UBER カラシニコフ XC60 ティグアン トゥーラン クラリティ アイサイト タコマ ハイランダー スパーカー 商用車 2000GT モータースポーツ FR ミラトコット ミラココア スペーシアSUV ウルヴァリン ヤマハ カローラスポーツ 飛行機 ホンダジェット 週刊ニュース 軽トラ スーパーキャリー 軽商用車 VIZIV エヴォルティス ランサー 商用バン SUZUKI キャリイ スーパーキャリイ フルモデルチェンジ ES エクスパンダー エクリプス トロロッソ TNGA 3輪 モーガン CarPlay RX-4 ロータリースポーツ FT-4X Fjクルーザー FT-AC ハリアー Tjクルーザー IMx GTクーペ メルセデス GT アテンザワゴン レヴォーグ アバルト 124GT 124スパイダー E-PACE アセント X2 パサート SGP デリカD6 VOLVO レンジローバー VEZEL S2000 LF-1 BREEZE レースクイーン ナビ AndroidAuto インフォテイメント e-Palette STI 賀詞交歓会 新年 ランエボ 年間ランキング オートサロン クロスビー GRハイブリッドスポーツ 3列SUV XBEE S-FR RX-8 レジェンド ランボルギーニ 高級車 ft-4x ft-ac ハスラー ナバラ T70 ヴェヌーシア NISMO 中国 C001 ビアンテ DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ WRX e-EVOLUTION タクシー キャデラック XT5 メルセデス・ベンツ’ マイバッハ アルテオン e-evolution LS アストンマーチン 潜水艦 F-TYPE オデッセイ 5008 フェアレディZ GRMN スイフト スイフトスポーツ ハイラックス brz FJクルーザー プラド T-SUV ハラックス ランドクルーザープラド HCCI B4 サポカーS e-Pedal フィットシャトル エルティガ スポーツセダン ステップワゴンHV Z5 LX コンパクトSUV エスクード GT3 インドネシア ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール カマロ シボレー グレイス エスクァイア ラングラー JEEP ステルビオ ランサーエボリューション NSXオープン コンバーチブル ゴルフR ミスフェアレディ e-power スイフトセダン ディザイア 空飛ぶ車 ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー ジープ Q2 最新モデル Q8 Q4 アウディ 3008 X7 燃費ランキング アルティマ ティアナ LC CROSSOVER7 シビックタイプR GLCクーペ MINIクロスオーバー リコール セレナHV セレナe-POWER フィットRS C4ピカソ ディーゼルミニバン クラウンTGR バイク XVハイブリッド ロードスターRF S650カブリオレ ヴィッツHV ネッツ トール ムーヴキャンバス スライドドア トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム XR ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER マークX カブリオレ トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ Vクラス グランツアラー トールカスタム 終売 アイシス SAI WR-V C4 シビック・ハッチバック GT-PHEV 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ プロパイロット QX50 VC-Tエンジン DS4クロスバック GLT ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 ドライブパイロット Eクラス デザイン スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ 自動運転技術 508 308 ルーテシア ポロ XR-PHEV IDSコンセプト ATS NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ウェイクバン ハイゼット ハイゼットキャディー GRIPZ X4 N-WGN パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ e-パワーシステム SUVオープン QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード C6 ハイドロ オーリスワゴン オーリスHV オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア SWAY 人気記事ランキング WCOTY イスト iQ カローラルミオン KOERU レヴァンテ ギブリ マセラティ 試乗インプレッション FCV バレーノ アテンザSUV アクセラSUV MDX T-CROSS クロスポロ Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター トゥアレグ タイグン シビック・セダン プロエース パッソモーダ ピュアテック DS3 LC500 スポーツクーペ LC500h ホンダセンシング Cクラス Cクラス・コンバーチブル GLC ベイビーNSX スペースツアラーハイフンコンセプト スペースツアラー ロゴ フィエスタ KWID GO-cross GLS GLEクーペ GLE GLSクーペ LAPV レビン 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビッククーペ シビックセダン スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ Q50 アイオニック プリウスハンター ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー CX-2 BUDD-e マイクロバス 86GRMN キャスト コペンワゴン コペンクーペ i5 トラベラー 商用ミニバン エキスパート エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズセダン コンパクトセダン 1シリーズ インプレッサ・セダン シビック・クーペ 308SW ジェネシス サハラ クラブマン ポルシェ tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO エーゲ TIPO スターレット ヨタハチ KIKAI マツダスポーツコンセプト RX-7 コスモスポーツ ダウンサイジングターボ マイティデッキ エアトライサー シャア専用オーリス シビック・ツアラー ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ ランチア クラスラー Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス ビーゴ テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ エクスプローラー MKX クーガ フォーカス リンカーン V40 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t ブースタージェット iM-4 iK-2 コペンセロ プラドディーゼル GLK imove icar Applecar Apple セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti ワーゲンバス バス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア試乗 アクアX-URBAN SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-up! up! e-Golf ディスカバリースポーツ ディスカバリー 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI X6 コンセプトクーペSUV Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム 自動車保険 C1 シエナ LEVORG試乗 LEVORG GLA GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 プリウスFCV FCEV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 S-HYBRID ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST e-UP! エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ納車 アクセラ発表後 GO X3 i-ROAD NM4 ゴルフカブリオレ シロッコ DKWT メルセデス・ベンツ City iPhone carplay セブン160 エネチャージⅡ クロスハイカー BMW2 2クーペ twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE XVHV フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER アクアG's twinup! JPNTAXI ミニクーパー iV-4 デジール カングー キャプテュル R-space GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー 2シリーズ BMWクーペ CB400 DUNK スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラーレス ミラクルオープンドア 新型タントカタログ picasso エリシオン N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF ゴルフスポーツバン GOLF7 マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 クラウンHV モモタロウ レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH ハイブリッド戦略 デュアルジェットエンジン コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ DAYZROOX DAYZ試乗 モジュラーコンセプト 中期経営計画 パワー88 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ラパン ショコラ N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル IS300h ekカスタム DAYZハイウェイスター DAYZライダー ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー ロータス トゥイジー iBeetle RDX フォレスターライブ ニュルブルクリンク D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 PSA DSルビス FT-HT ノッテコニッサン 乗りかえ割 DIT メビウス パスファインダー スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ モコ フェラーリ ラ・フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン D-R スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! Aクラス試乗 シビックワゴン クラウン試乗 HS250h

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>