Sponsored Link
TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
アクセスカウンター

『トロロッソ・ホンダ』誕生は「レッドブル・ホンダ」への布石?マクラーレンと別離で!

マクラーレンと揉めに揉めていたホンダですが、ついにパートナー関係を解消。
ややこしい関係性の中で、来季はトロロッソを相棒にF1継続参戦となり…
f1-mclaren-renault-livery-render-3.jpg
sponsored link

マクラーレンとのパートナー解消に関する、ホンダのリリース

McLaren-HondaのF1レース活動について

 McLaren(マクラーレン)とHondaは、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)において、2015年のシリーズ復帰以来継続してきたパートナーシップを、2017年シーズン限りで終了することにいたしました。残る2017年シーズンのレースについては、McLaren-Hondaとしての参戦を継続します。

  • Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント

「今回、志半ばでMcLarenと袂を分かつのは非常に残念ですが、お互いの将来に向けた最善の道として決断しました。これまでMcLaren-Hondaを応援してくださったファンの皆さまをはじめ、2015年の復帰の準備段階から多くの苦楽を共にしてきたドライバーやチーム、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。
2017年シーズンはMcLarenと共に最後まで戦い抜き、2018年以降もF1レース活動を継続してまいります」

■McLarenグループ Executive Chairman兼執行委員会代表 シェイク・モハメド・ビン・イーサ・アール・ハリーファのコメント

「Hondaは、McLarenと同じく勝利を目指してF1に取り組んでいます。我々のパートナーシップが当初望んでいた結果を生まなかったとしても、共に歩んできた輝かしい歴史や、F1での成功を目指してきた努力は意義あるものだと思います。しかしながら、今この時点では、別々にレースに情熱を注いでいくことがお互いにとってベストと考え、今回の結論に至りました」

■McLarenテクノロジーグループ ザク・ブラウン Executive Directorのコメント

「HondaがF1にコミットし、力を注いできたことに疑いの余地はありません。残念ながら、今回のプロジェクトでは、McLaren、Hondaともに当初望んでいたような結果を得ることはできませんでした。そこにはさまざまな理由がありますが、決してHondaとMcLarenのどちらか一方の努力が欠けていたわけではありません。ただ、今は、それぞれが別々の道を歩みだす時が来たのだと考えています。
来年からはライバルとして、HondaがF1に参戦し続け、いつの日か頂点に返り咲くことを期待しています」

sponsored link


ということで、それぞれのコメントの端々にも感じるように、
結果が伴わまかったという事実が、今回の離婚の原因。
maclaren honda
マクラーレンのシャシー性能か、ホンダのエンジン性能か、
どちらも良くなかったという結論になる気はしますが、
ドライバーが言うように、一方的に原因があるようには思えません。
マクラーレン・ホンダMCL32 04
このあたりは、来年のマクラーレン-ルノーの結果次第で判明するかも。

sponsored link


また、先日お伝えしたように
このパートナー解消は、トロロッソ-ルノーの関係が終わったことを意味しており、

ホンダは、じっくりとは行かないでしょうが、
トロロッソと、中長期的なパートナー関係のもと、新たなチームを組むことになります。
以下、トロロッソとのパートナーシップに関するリリース。

Scuderia Toro Rossoへのパワーユニット供給を決定

 Hondaは、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)において、Scuderia Toro Rosso (スクーデリア トロ・ロッソ 以下、トロ・ロッソ)と2018年シーズンからのパワーユニット供給について合意いたしました。これにより来シーズンは、トロ・ロッソをワークスチームとした1チームへの供給体制となります。

  • Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント

「トロ・ロッソは、才能あるドライバーを数多く輩出してきた若さと勢いのあるチームで、彼らと共にチャレンジできることを、とても嬉しく思います。また、このパートナーシップの実現に向け、ご協力をいただいたリバティメディアとFIAに対して感謝を申し上げます。
ファンの皆さまの期待に応えられるよう、トロ・ロッソと共にチーム一丸となって戦ってまいりますので、応援をよろしくお願いいたします」

Scuderia Toro Rossoチーム代表 フランツ・トストのコメント

「Hondaと共にレースができることを、チーム全員がとても楽しみにしています。Hondaの創業者、本田宗一郎さんが二輪車で初めてレースの世界に入って以来、レースは常に彼らの企業文化の中心です。そのHondaと我々が一丸となってチャレンジすれば、大きな成果につながるのは間違いありません。
HondaのF1活動には、初参戦した1964年から始まる長い歴史があり、エンジンサプライヤーとして5回のドライバーズタイトルと、6回のコンストラクターズタイトルを獲得しました。このHondaの伝統と実力をもってすれば、我々の未来は実りあるものになると確信しています」

(ご参考)

Scuderia Toro Rosso(スクーデリア トロ・ロッソ)

所在地:イタリア ファエンツァ(Faenza, Italy)
代表:フランツ・トスト(Franz Tost)
初参戦:2006年
公式ウェブサイト:http://www.scuderiatororosso.com/

sponsored link



今回のトロロッソとのワークス体制は、
親分である、レッドブルとのパートナーも視野に入っているようですから、
ホンダとしても、マクラーレンにイジメられるよりは、ポジティブなのかもしれませんね。
以下、F1-gateの記事。


【F1】 レッドブル・ホンダの2019年の誕生が現実味

20170915-redbull_honda.jpg


レッドブルは、2019年にホンダのF1パワーユニット搭載するしか道がなくなったかもしれない。ルノーは、現行契約が終了する2018年以降はレッドブルにF1エンジンを供給しないことを伝えたと報じられている。

マクラーレンとホンダの決別に端を発した複雑なエンジン状況は、マクラーレンとトロ・ロッソが、ホンダとルノーのF1パワーユニットを交換するカタチで今週末にも決着がつくと考えられている。 

トロ・ロッソはホンダとの3年契約に合意したとされている。

正式発表はなされてないが、レッドブルとルノーは、現行契約を2020年まで延長することで合意していたとされている。そのため、当初、親チームのレッドブルは、来年以降のホンダの競争力を確認して、ルノーと継続するか、もしくはホンダに乗り換えるかを検討するとされてきた。

しかし、トロ・ロッソとルノーの契約解消の交渉が行われるなかで、ルノーはレッドブルとの提携も終わらせる道を選び、レッドブルにはそのような余裕はなくなったと報じられている。

すでに3チームに供給しているフェラーリとメルセデスには、供給先を拡大する意向はなく、過去にレッドブルとルノーの決別が決定的になった際も供給に興味を示さなかった。

それにより、レッドブルには2019年のエンジンの選択肢としてホンダとの契約に合意するしかなくなってしまった。

2013年まではタイトルを4連覇してきたレッドブルとルノーだが、2014年に1.6リッター V6エンジンが導入されて以降の4年間は6勝しかできておらず、レッドブルはルノーへの批判を繰り返している。まるでマクラーレンがホンダへしてきた批判と同じように。

事実、レッドブルとルノーの関係は2015年に一度壊れかけている。レッドブルはルノーのF1パワーユニットへの批判を繰り返し、契約破棄を申し出たが、他のサプライヤーを見つけられずに元サヤに納まった。しかし、そこでの傷跡は新たに結ばれた現行の3年契約に現れており、レッドブルはエンジンのネーミングライツをタグホイヤーに売り、ルノーの名前は表示されていない。

レッドブルとホンダはすでにMotoGPでのパートナーで成功を収めている。トロ・ロッソとの契約はホンダにエンジン代金を支払わないものだとされており、レッドブルの同様の契約を得られれば、財政的な利点を受けられる可能性がある。さらにホンダから資金提供を受ける可能性もあり、レッドブルのオーナーであるディトリッヒ・マテシッツの財政負担は大きく減少することにある。

レッドブルは、タグホイヤーとのスポンサーシップを継続させることはできるかもしれないが、ホンダのエンジンにタグホイヤーのバッチをつけることはなくなるだろう。

だが、ホンダのF1パワーユニットは2018年に改善の可能性はあるものの、2019年までにレッドブルが現状の戦闘力を維持できるほどの大幅な改善を見せるかには疑問符が残る。

また、レッドブルがホンダのF1パワーユニットを搭載することになれば、現在レッドブルに所属するドライバーにとっても大きな検討材料となるだろう。

ダニエル・リカルドは2018年までの契約となっており、マックス・フェルスタッペンも早期に契約を解除できるパフォーマンス条項が含まれているとされている。現在、2019年のメルセデスとフェラーリのシートは確定しておらず、二人の移籍が現実的になってくるはずだ。

一方、2021年に関しては、ポルシェがレッドブル・レーシングを買収して、F1にワークス参戦することが噂されており、ホンダとの契約は2年で終わることになるかもしれない。

また、レッドブルはホンダにトロ・ロッソを売却することを検討しているとされ、近い将来、F1グリッドの状況は大きく様変わりすることになるかもしれない。

だが、まずは2018年の状況だ。マクラーレン・ホンダとトロ・ロッソ ルノーの契約解消、マクラーレン・ルノーとトロ・ロッソ ホンダの誕生は、F1シンガポールの金曜フリー走行1回目の後にも発表になるとみれている。

sponsored link


レッドブルにとっては、ちょっと後ろ向きな話のように聞こえるのですが、
つい最近も、レッドブル陣営が、公にルノーを批判する記事が出ており、
両者にとっても、別離はいい選択なのかも。

レッドブル代表、ルノーのハイブリッドエンジンは「いつも後れを取っている」

レッドブル

【9月15日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するレッドブル(Red Bull)のクリスチャン・ホーナー(Christian Horner)代表は14日、エンジン供給元のルノー(Renault)がコンストラクターズのタイトルを複数回獲得している同チームとの提携を解消する方向に動いているとの衝撃的なニュースが報じられる中、同提供元のハイブリッド式エンジンは、「後れを取っている」と述べた。

 ホーナー代表はハイブリッド時代のF1に「フラストレーション」を感じているとしながらも、ルノーが来季終了をもってレッドブルを離脱するとのメディアの報道については一蹴した。

 第14戦シンガポールGP(Singapore Grand Prix 2017)の開幕を控え、同代表は英BBCに対し、「18年シーズン以降の話は、現時点ではただの臆測だ」とすると、「われわれには18年まで契約が残っている。それ以降のことについては、現在のところ単なるパドックのうわさにすぎない」と述べた。

 BBCをはじめ、英テレビ局スカイスポーツ(Sky Sports)、英紙デーリー・メール(Daily Mail)、F1サイトの「autosport.com」など各メディアでは、匿名情報として、ルノーが2018年以降はレッドブルとの関係を解消すると報じられている。

 それに関連する動きとして、マクラーレン(McLaren)がホンダ(Honda)と手を切ってルノーと手を組み、ホンダがレッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソ(Toro Rosso)と提携するとみられており、こうした一連の動きが確定すれば、マシンの競争力やドライバーにとってはさまざまな結果がもたらされる可能性がある。

 現在マクラーレン・ホンダに所属するフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)が、ホンダを見限ることを条件にマクラーレンに残留するとみられている一方で、レッドブルがホンダから供給を受けるなら、ダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)とマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)はチームを離れる意向を示すと予想されている。

 ホンダは2015年にF1に復帰して以降、電気とガソリンを動力とするパワーユニットのパフォーマンスが不調に悩まされており、レッドブルとルノーの関係もハイブリッド時代に突入してから対立が続いている。

 レッドブルとルノーは2010年から13年シーズンまでドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権を4度ずつ制しているものの、それ以降のタイトル争いではメルセデスAMG(Mercedes AMG)とフェラーリ(Ferrari)の後塵(こうじん)を拝する状態が続いている。

 ホーナー代表は、「われわれは優勝争いに食い込みたいだけだ。エンジン規定がハイブリッド式になってから、あらゆる側面でフラストレーションを感じている。この時代になって、われわれは常に後れを取っている。最も重要なのは、これからエンジン規定が終了する(2020年)までの間に、優勝争いに食い込めるように努力することだ」と述べた。

 一方、レッドブルとの契約が来季で終了するリカルドは、このチームで世界タイトルを勝ち取れる確信が必要だと訴え、「autosport.com」に対して、「どうにか表彰台には上っているが、現実的には選手権で優勝争いはできていないから、来季はこのチームにそれを強く望んでいる。それが自分にとって最低限の見解だ。今の状況が数年間続いている。来季は今年よりも大きなステップを踏み、勝利への確信が持てるようにすることが必要だ」と語った。


sponsored link


まあ、ホンダもレッドブルも、気分を入れ替え、来年に期待したいですね!
ちなみに、マクラーレン-ルノーには、既に以下のようなレンダリング画像が出てきています。
f1-mclaren-renault-livery-render-3.jpg
http://www.carscoops.com/2017/09/mclaren-alpine-2018-livery-study-really.html

そうそう。ALPINEは、日本でもA110が発売予定です。
ルノー アルピーヌ

sponsored link


ホンダの最新情報一覧は、こちらから
※ホンダの最新モデルデザインギャラリーは、以下から!
ホンダ最新モデルギャラリー
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!


sponsored link


同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/3618-bee2a8c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
パサート スープラ Z4 ホンダジェット 飛行機 スポーツ ジムニー SGP デリカD6 Aクラス FR RX 魁コンセプト パジェロスポーツ e-POWER XC40 小型SUV VOLVO レンジローバー SUVクーペ S2000 i-MMD VEZEL GR カーオブザイヤー LF-1 レクサス UX BREEZE レースクイーン ディフェンダー ランドローバー インフォテイメント AndroidAuto CarPlay ナビ インサイト セダン e-Palette STI VIZIV 新年 賀詞交歓会 ランエボ アイサイト 安全技術 初売り 年間ランキング クロスビー オートサロン GRハイブリッドスポーツ 3列SUV エクリプスクロス XBEE S-FR コペン アルピーヌ A110 ヴェルファイア アルファード N-VAN 商用車 RX-9 RX-8 ボルボ XC60 CX-9 CX-X レジェンド SH-AWD CX-8 ランボルギーニ スーパーカー マツダコネクト 高級車 センチュリー ft-ac ft-4x ハスラー キックス T70 ヴェヌーシア ナバラ レストア NISMO 中国 C001 日本カーオブザイヤー ビアンテ プレマシー DNコンパーノ VISIONCOUPE エクシーガ WRX シトロエン C4カクタス e-EVOLUTION タクシー キャデラック XT5 AMG マイバッハ Gクラス メルセデス・ベンツ’ S660 テスラ アルテオン クラウン Tjクルーザー Fjクルーザー ティグアン SKYACTIV-X e-evolution エクリプス LS コネクティッド アストンマーチン 潜水艦 ジャガー F-TYPE オープン オデッセイ 5008 フェアレディZ ekワゴン デイズ Q5 GRMN スイフトスポーツ スイフト 試乗レポート トロロッソ マクラーレン F1 ハイラックス ピックアップトラック brz プラド ランドクルーザー T-SUV FJクルーザー ハラックス ステルヴィオ ジュリア ランドクルーザープラド HCCI B4 モータースポーツ メルセデス GT サポカーS e-Pedal ワゴン フィットシャトル エルティガ ディーゼルHV エクスパンダー スポーツセダン ステップワゴンHV Z5 LX エスクード コンパクトSUV GT3 MPV インドネシア コンパクト ウィッシュ NX シビック・タイプR ヴェラール レヴォーグ カマロ シボレー グレイス C3 エスクァイア ラングラー JEEP PHEV ステルビオ ランサーエボリューション ランサー コンバーチブル NSXオープン ハリアー ゴルフR RX-VISION ミスフェアレディ e-power スイフトセダン ディザイア 空飛ぶ車 販売ランキング C-HR シビックTYPE-R ナンバープレート プレオプラス グランドチェロキー ジープ Q2 アセント 最新モデル Q8 アウディ Q4 3008 X7 X2 燃費ランキング ティアナ アルティマ FT-4X エスティマ LC CROSSOVER7 シビックタイプR CX-6 GLCクーペ MINIクロスオーバー MINI リコール セレナHV セレナe-POWER フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ アウトランダーPHEV クラウンTGR バイク XVハイブリッド ロードスターRF スティングレー CX-7 S650カブリオレ ヴィッツHV TNGA ネッツ ムーヴキャンバス トール スライドドア ソリオ トヨペット スイフトHV スペーシアカスタム スペーシア XR ムラーノ ルーミー タンク IOT ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV スイフトハイブリッド ソリオハイブリッド ノートe-POWER マークX カブリオレ トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ Vクラス グランツアラー トールカスタム SAI 終売 アイシス WR-V C4 X1 SUVミニバン シビック・ハッチバック GT-PHEV 2008 アバルト 124スパイダー 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ 魂動デザイン プロパイロット 500 VC-Tエンジン QX50 DS4クロスバック DS GLT 1シリーズ ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 D-MAX BT-50 いすゞ Eクラス ドライブパイロット 自動運転 デザイン スパイダー スピードスター ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ 自動運転技術 508 308 SCROSS SX4 ルーテシア ポロ レネゲード XR-PHEV IDSコンセプト ATS F-PACE NBOXスラッシュ CR-Z アリオン プレミオ ウェイク ハイゼット ハイゼットキャディー ウェイクバン GRIPZ X4 Xクラス N-WGN ビートル パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ キャシュカイ 排ガス不正 ピックアップ CX-4 e-パワーシステム SUVオープン シエンタ QX マキシマ アヴァンシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 オーリスHV オーリスワゴン オーリスハイブリッド パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン シザースドア エイプリルフール i8 SWAY 人気記事ランキング WCOTY ラッシュ イスト iQ カローラルミオン ラクティス RAV4 KOERU ギブリ マセラティ レヴァンテ 試乗インプレッション ロータリースポーツ FCV クラリティ バレーノ アテンザSUV アクセラSUV MDX T-CROSS クロスポロ Q1 オデッセイハイブリッド スプリンター トゥアレグ タイグン T-ROC シビック・セダン プロエース パッソモーダ ピュアテック DS3 LC500 LC500h スポーツクーペ ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX アルトワークス スペースツアラー スペースツアラーハイフンコンセプト ロゴ フィエスタ KWID GO-cross GLE GLEクーペ GLS GLSクーペ LAPV レビン S660ネオクラシック 提携 XC90 ベリーサ MRJ シビックセダン シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV スカイラインクーペ Q50 Q60 トゥーラン ヒュンダイ アイオニック プリウスハンター プレシジョン キャプチャー CX-2 マイクロバス BUDD-e 86GRMN コペンクーペ コペンワゴン キャスト i3 i5 トラベラー エキスパート 商用ミニバン エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI アクティブツアラー スヌーピー Q30 オデッセイHV タントカスタム 1シリーズ 1シリーズセダン コンパクトセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ カー・オブ・ザ・イヤー 308SW ジェネシス Jeep サハラ クラブマン ポルシェ tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 カマル 500X TEATRO NMKV TIPO エーゲ ヨタハチ スターレット KIKAI RX-7 マツダスポーツコンセプト コスモスポーツ ダウンサイジングターボ エアトライサー マイティデッキ シャア専用オーリス シビック・ツアラー ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア イプシロン Gripz レガシィB4 カクタスM Sクラス 3シリーズ ビーゴ テリオス アップ クロスアップ LX570 ビターラ フォーカス リンカーン クーガ MKX エクスプローラー 軽SUV V40 S60 V60 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV SHVS CLA CLAシューティングブレーク Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iK-2 ブースタージェット iM-4 インプレッサスポーツ コペンセロ プラドディーゼル GLK Apple Applecar icar imove セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイド ジェイドRS ノートハイブリッド シャトル A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド スカイアクティブハイブリッド iA ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti バス ワーゲンバス サイオンiA カローラアクシオ カローラフィールダー iM CX-3試乗 MX-5 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー LF-SA 124スパイダー イヴォークカブリオレ イヴォーク SA 2シリーズ フーガ ビート ミニ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ FIAT MIRAI 911 カイエン TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508SW 508RXH エスクァイア試乗 アクアX-URBAN ムーヴ SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI A9 エスクワイア 86オープン フィットセダン グレース キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ アイゴ パンダ 予防安全性能 RC イエローマークX デカデカ e-Golf up! e-up! ディスカバリースポーツ ディスカバリー 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI コンセプトクーペSUV X6 Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ミラココア ジュークRS ESQ NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム 自動車保険 C1 シエナ LEVORG試乗 LEVORG GLA試乗 GLA ケイマン 燃料電池車 Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 S-HYBRID ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500e 500L ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 e-booster 10速DSG 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST e-UP! エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 TDI VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ発表後 アクセラ納車 GO レゾナンス X3 i-ROAD NM4 シロッコ ゴルフカブリオレ DKWT メルセデス・ベンツ City carplay iPhone セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 アクセラHV テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り クリオ ZE XVHV アクア試乗 フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER COTY アクアG's twinup! UP! JPNTAXI フィットSUV ミニクーパー iV-4 デジール メガーヌ R-space キャプテュル カングー GC-PHEV TOYOTOWN エコドラ ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー クライスラー ツインエア BMWクーペ 2シリーズ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス 新型タントカタログ picasso エリシオン N-LIFE ライフ route3 UFC AYLA フィット発表後 プリクラッシュセーフティ CMF GOLF7 GOLF ゴルフスポーツバン マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 モモタロウ クラウンHV レジーナ ガンダム カローラHV スマートアシスト LF-CC SUPERGT カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 衝突回避システム ゴルフ試乗 WISH ハイブリッド戦略 アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 i-DCD ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ DAYZ試乗 DAYZROOX モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ チューリッヒ 自動車保険ランキング 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ納期 アテンザ発表後 IS300h ekカスタム DAYZハイウェイスター DAYZライダー ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 スポーツハイブリッド 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー ロータス 電気自動車 トゥイジー iBeetle RDX ブルーモーション ニュルブルクリンク フォレスターライブ D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 PSA DSルビス FT-HT 乗りかえ割 ノッテコニッサン DIT メビウス アコードPHEV ハイランダー パスファインダー ムーヴ試乗 スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ 投票 ノート試乗 モコ フェラーリ ラ・フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン 前田敦子 オッティ D-R スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! トライトン Aクラス試乗 ベンツAクラス シビックワゴン クラウン発表後 クラウン試乗 HS250h アテンザレース 2012まとめ 特別編集 ドラえもん パジェロミニ THS フォレスター試乗 ジェッタ JX FX ブラジル NONE試乗 3シリーズ UP!試乗 イーステクノロジー JUKE RJC ベンツBクラス FIAT500 Nスポ UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー NONE納期 アテンザムービー ラティオ 新興国 XV開発者インタビュー GTI ドゥエットッタンタ POLO i-ACTIVSENSE XV発表後 eQ 値引き AWD 成長戦略 フィットEV バーソ

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>