Sponsored Link

TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
SponsoredLink

AUDI「新型Q2」発表:最小コンパクトSUVは299万円〜の戦略的価格設定でAUDIの柱に!

  • 2017-04/27 (Thu)
  • AUDI
AUDI超期待のコンパクトSUV「新型Q2」が国内発表です。
299万円〜という価格設定でもわかるように、AUDIのエントリーモデルになり...
AUDI Q2 14
sponsored link

AUDIのニュースリリースから

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、アウディラインナップで最もコンパクトなSUV、Audi Q2の日本向けモデルの商品概要と価格を発表し、本日から受注を本格化します。全国のアウディ正規ディーラー(125店舗:現時点)を通じての発売は6月中旬となります。

Audi Q2は、Audi Q3よりもさらに一回り小さいコンパクトSUVです。全長4,200mm、全高1,530mmのボディは日本の都市環境下でも優れた機動性を発揮する一方で、ワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティを確保しています。さらに、新しいデザイン要素であるポリゴン(多角形)を取り入れた個性的で存在感あるエクステリアや、軽量ボディと力強いTFSIエンジンによるシャープでスポーティなドライブ感覚、最新のアシスタンスシステムやコネクト機能の搭載を特徴としています。価格は299万円からで、手頃なサイズのなかにアウディの魅力を凝縮したコンパクトSUVとして、今後のアウディの販売の柱のひとつと位置づけています。

導入するAudi Q2は、85kW(116PS)の1.0ℓ TFSIエンジンを搭載したAudi Q2 1.0 TFSI及びAudi Q2 1.0 TFSI sportと、110kW(150PS)を発揮する1.4ℓ TFSIエンジンを積んだAudi Q2 1.4 TFSI cod sportの計3モデルです。また今回の発売を記念し、1.4ℓモデルをベースにした特別仕様の“Audi Q2 1st edition”を全国280台限定で販売します。アウディ ジャパンでは3月1日(水)より特設サイトを設け、カタログリクエストを受け付けてきましたが、本日の販売モデルの発表以降、受注活動を本格化していきます。店頭での発売フェア、および納車開始は6月中旬を予定しています。

Audi Q2 1.0 TFSIAudi Q2 1.0 TFSI sportAudi Q2 1.4 TFSI
cylinder on demand sport
全長 mm4,2004,200
全幅 mm1,7951,795
全高 mm1,5301,530
ホイールベース mm2,5952,595
車両重量 kg—*—*1,340**
JC08モード燃費
km/ℓ
—*—*17.9**
総排気量 cc9991,394
エンジン種類直列3気筒DOHC
インタークーラー付ターボチャージャー
直列4気筒DOHC
インタークーラー付ターボチャージャー
最高出力
kW(PS)/rpm
85(116)/
5,000-5,500
110(150)/
5,000-6,000
最大トルク
Nm/rpm
200/
2,000-3,500
250/
1,500-3,500
駆動方式FWD(前輪駆動)FWD(前輪駆動)
トランスミッション7速Sトロニック7速Sトロニック
トランスミッション7速Sトロニック7速Sトロニック
タイヤ215/60R16215/55R17215/55R17
車両本体価格(税込)2,990,000円3,640,000円4,050,000円

*:国土交通省 認可申請中
**:パノラマサンルーフ装着車の場合 +20kg

sponsored link


Audi Q2の概要

■ コンパクトなボディサイズながら、快適なハンドル操作とダイナミックな走りを両立
Audi Q2は、スクエアでエッジの効いたデザインが特徴のコンパクトSUVです。4,200mmの全長はAudi Q3と比べると20cmほど短く、それに対しホイールベースは2,595mmとし、前後オーバーハングを切り詰めています。
全高も1,530mmと、日本の住環境、道路事情にマッチしています。結果として、立体駐車設備の利用率が高い都市環境にも順応したボディ寸法です。また、最少回転半径5.1mのとり回しの良いボディに加え、標準装備したプログレッシブステアリングは町中や駐車時でも快適なハンドル操作を可能にする一方、ワインディングロードでのダイナミックなドライビングも実現しています。

■ 新鮮で存在感のあるエクステリア
ポリゴン(多角形)をモチーフにしたデザインが、これまでのアウディデザイン系譜にない、アクティブで新鮮な印象を加えています。フロントビューでは、ボンネットに立体的な造形を施し、8角形のシングルフレームグリルを高めに配置することでSUVらしさを演出。クーペを思わせる低いルーフラインが印象的なサイドビューでは、Cピラーに設置されたアイスシルバー(グレイシアホワイトでは、マットチタングレー)のブレード(Audi Q2 1.0 TFSI sport及び1.4 TFSI cylinder on demand sportに設定)が力強いアクセントになっています。リヤでも長いルーフスポイラーや、アーチ型をしたバンパー、アンダーボディプロテクション風のディフューザーなどにより、ダイナミックな印象が強調されています。

■ 軽量化を徹底したボディ
ボディシェルはきわめて高いねじり剛性を達成し、それがAudi Q2が持つ様々な優れた資質の源泉になっています。熱間成型の超高張力鋼板の使用比率はボディ全体の22%に達しており、要所を効果的に補強することで、事故時の乗員保護能力を高めつつ、ボディ重量を抑制しました。1.0 TFSIエンジンを搭載したAudi Q2の重量は1,205kgにすぎません(欧州仕様値)。この軽い車重と高いボディ剛性により、スポーティなハンドリングと快適な乗り心地の両立が可能になっています。またAudi Q2はエアロダイナミクスの面でも洗練されており、Cdは0.30と、SUVのなかではトップレベルの値を実現しています。

■ クラスを超えた居住性と使い勝手のいいラゲージコンパートメント
Audi Q2は、SUVとスポーティカーの持ち味を融合したクルマです。乗り降りがしやすく視界も良好。その一方で、前席にはスポーティなシートポジションを設定し、クーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保しました。ラゲージコンパートメントはサイドウォールが完全に平らな設計で、低めのラゲージシルと併せ、使い勝手を高めています。ラゲージ容量は5人乗車時でも405ℓ確保しており、60:40の2分割可倒式リヤシートを折りたためば、最大1,050ℓにまで拡大することが可能です。

■ 効率とドライバビリティを究めた2つのTFSIエンジン
軽い車重とパワフルなエンジンのおかげで、Audi Q2は運転を非常に楽しめるSUVになっています。エンジンは、1.0ℓ直列3気筒と1.4ℓ直列4気筒の2タイプのTFSI(過給機付き直噴ガソリン)ユニットが設定されており、いずれもスポーティなパフォーマンスと高効率を両立しています。また全モデルにスタートストップシステムとエネルギー回生システムを標準搭載し、無駄な燃料消費を防いでいます。トランスミッションは、2つの乾式クラッチを用いた軽量設計の7速Sトロニックで、重量をわずか70kgに抑える一方、高い効率とクイックで滑らかなシフト感覚を両立させています。

・高度に洗練された3気筒ユニット:1.0 TFSI(85kW / 116PS)
アウディのエンジンのなかでももっとも小さいこのTFSIユニットは、快適性とパワーの両立をテーマに開発されました。999ccの排気量から、85kW(116PS)の最高出力と200Nmの最大トルクを発揮します。3気筒ならではのコンパクトな設計に加え、アルミ製クランクケースの採用などにより、エンジン単体の重量をわずか88kgに抑えています。ピストンとコンロッドのバランス取りを丹念に行った結果、バランサーシャフトなしでもスムーズな回転フィールを得ることに成功しました。

・ハイテク4気筒エンジン:1.4 TFSI cylinder on demand(110kW / 150PS)
Audi Q2に設定されたもうひとつのエンジンである1.4 TFSI cylinder on demand(COD:シリンダーオンデマンド)は、1,395ccの排気量から110kW(150PS)の最高出力と250Nmの最大トルクを発揮します。1.0 TFSI同様、直噴システムとターボチャージャーを備え、さらにシリンダー休止システムのCODを採用することで、燃費効率を改善しています。CODにより、負荷100Nm以下の運転領域、及びエンジンスピード1,400~3,200rpmで無負荷走行をしているときに第2、第3シリンダーを休止。残る第1と第4シリンダーについては、高まる負荷に対応するようバルブの作動ポイントを変更して運転効率を高めています。2気筒だけでの運転でも、振動騒音は非常に低いレベルに抑えられています。

sponsored link


■ 軽量設計のサスペンションと標準装備のプログレッシブステアリング
サスペンションは、前輪には鋳造アルミ製ピボットベアリングを備えたマクファーソンストラット、後輪にはコンパクトで軽量なトーションビームのシステムを採用しました。ステアリングは全モデルに電動パワーアシストとともに、操舵量に応じてギヤレシオが変わる「プログレッシブステアリング」を搭載しています。またAudi Q2 1.0 TFSI sport及び1.4 TFSI cylinder on demand sportの両モデルには、アウディドライブセレクトが標準で搭載されており、ドライバーは、comfort、auto、dynamic、efficiency、individualの5つのモードから選択することで、エンジン、パワーステアリング、Sトロニックのほか、アダティティブクルーズコントロールの制御プログラムなども調整することができます。

■ 充実したアシスタンスシステム
Audi Q2は、ドライバーアシスタンスシステムの分野でも、コンパクトセグメントをリードするSUVです。日本向けのモデルでは、sportラインの各モデル(Audi Q2 1.0 TFSI sportと1.4 TFSI cylinder on demand sport)に、衝突軽減システムのアウディプレセンスフロントやアダプティブクルーズコントロールを標準設定しており、さらに「セーフティパッケージ」で、アウディサイドアシスト、アウディアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシスト、リヤクロストラフィックアシスト、アウディプレセンスベーシック、ハイビームアシストなどの最新ハイテク機能をひとまとめに選択することができます。

■ フルデジタルの多目的ディスプレイ:アウディバーチャルコックピット
Audi Q2シリーズでは、標準装備のアナログメーターパネルのほかに、オプションであらゆる情報を12.3インチサイズ1,440×540ピクセルの高解像度TFTディスプレイに映し出す「アウディバーチャルコックピット」が用意されています。NVIDIA社が開発した高性能グラフィックプロセッサーTegra 30により、精密、繊細にして自然な動きのアニメーションが実現しています。

■ MMIナビゲーションとアウディスマートフォンインターフェイス
Audi Q2にはインフォテイメントシステムとして、MMIナビゲーションがオプション設定されています。これにも高性能グラフィックプロセッサーのNVIDIA Tegra 30が搭載されており、8.3インチのディスプレイは、1,024×480ピクセルの高解像度を誇ります。またMMIナビゲーションを選択すると、Apple CarPlay及びAndroid Autoの機能である「アウディスマートフォンインターフェイス」も利用できるようになります。スマートフォンを車載のUSBポートにつなげば、スマートフォンにあるナビゲーション、電話、音楽、特定のアプリなどのコンテンツが、MMIモニター上にメニューとして提示され、そこから操作することができます。

■ 輝かしい受賞歴
Audi Q2は、昨年秋にヨーロッパで販売開始されて以来、数多くの賞を獲得してきました。発売直後にドイツ デザイン評議会が主催する「自動車ブランドコンテスト」の大賞を授与されたのを皮切りに、その後も、ドイツの「アウトビルト」誌と「ビルト アム ゾンタック」紙の読者投票と専門家の審査により選ばれる「2016ゴールデンステアリングホイール」(コンパクトSUVカテゴリー)、著名自動車誌「アウトツァイトゥンク」の「自動車トロフィー2016」、さらに、伝統ある「ドイツ デザインアワード」乗り物部門大賞など、栄誉ある賞に次々輝いています。また、Audi Q2は、昨年秋に実施されたユーロNCAPの衝突安全テストでも5つ星の最高評価を得ています。

sponsored link


日本への投入もエントリー価格も事前にお伝えしていたのですが、
Q2 AUDI
改めて、AUDIジャパンから正式発表です。

グローバルでは、昨年のジュネーブで発表されたモデルで、
1年遅れでの日本投入となります。
AUDI Q2 2017
AUDIでは、A1とともに、最もコンパクトなカテゴリーになりますが、
エントリーモデルが299万円というのは、AUDIジャパンも頑張りました。

sponsored link


コンパクトSUVは、グローバルでも国内でも新モデルが続々と登場しているカテゴリーですから、
AUDIとしても戦略的な価格設定をしてきています。
※各メーカーのコンパクトSUVギャラリーは、以下から!
コンパクトSUV

国内では、トヨタ「C-HR」とほぼ同サイズといえば、
わかりやすいですかね。
トヨタ C HR 外観 トヨタ自動車WEBサイト

sponsored link


海外メーカーでも、ここ最近のモデルでは、
プジョー「2008」あたりが、コンセプトが近いモデルですかね。
PSA-SUV.jpeg
プジョー「新型2008」日本発売は262万円と戦略的価格で「SUV」一挙投入戦略の序章に!

と、話がそれましたが、最後はAUDI「新型Q2」のデザインギャラリーを。
アウディ「新型Q2」発表;デザイン画像集
AUDI Q2 20

sponsored link


アウディの最新記事は、こちらから
※各メーカーのコンパクトSUVギャラリーは、以下から!
コンパクトSUV
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!


sponsored link


同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/3487-5c582a1b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
CX-8 3列SUV インドネシア 小型SUV MPV スポーツ スイフトスポーツ コンパクト ピックアップトラック ハイラックス レクサス NX ランドクルーザープラド ランドクルーザー A110 アルピーヌ シビック・タイプR WRX セダン スイフト レンジローバー ヴェラール ランドローバー レヴォーグ 安全技術 アイサイト カマロ シボレー グレイス シトロエン C3 ノア エスクァイア ヴォクシー ミニバン ステップワゴン ラングラー JEEP PHEV フェアレディZ アルファロメオ ジュリア ステルビオ ランサーエボリューション パジェロスポーツ ランサー ランエボ NSXオープン コンバーチブル STI ハリアー エクストレイル テスラ ゴルフ ゴルフR コンパクトSUV RX-VISION プラド e-POWER セレナ ミスフェアレディ e-power UX ディザイア スイフトセダン RX 空飛ぶ車 Gクラス マイバッハ C-HR 販売ランキング シビックTYPE-R ナンバープレート プレオプラス HCCI CX-9 ジープ グランドチェロキー Q2 アセント 最新モデル Q8 Q4 アウディ 5008 3008 X7 X2 燃費ランキング ステップワゴンHV アルティマ ティアナ LX FT-4X エスティマ LC CROSSOVER7 シビックタイプR エクリプスクロス エクリプス SUVクーペ CX-6 ジムニー GLCクーペ MINI MINIクロスオーバー リコール 中国 セレナHV セレナe-POWER フィットRS ディーゼルミニバン C4ピカソ アウトランダーPHEV Z5 スープラ クラウン クラウンTGR バイク ティグアン ワゴンR XVハイブリッド ロードスターRF スティングレー CX-7 S650カブリオレ ヴィッツHV TNGA 初売り ネッツ トール ムーヴキャンバス スライドドア ソリオ カローラ トヨペット インプレッサ スイフトHV スペーシア スペーシアカスタム XR ムラーノ オートサロン RX-9 タンク プチバン ルーミー 日本カーオブザイヤー IOT ナビ ノートHV フォーチュナー ディーゼルSUV ソリオハイブリッド スイフトハイブリッド ノートe-POWER マークX C4カクタス カブリオレ オープン メルセデス VIZIV トライベッカ GVC ソリオHV ジャスティ Vクラス グランツアラー トールカスタム SAI アイシス FJクルーザー 終売 ウィッシュ WR-V C4 X1 SUVミニバン S660 シビック・ハッチバック GT-PHEV 2008 アバルト フィアット 124スパイダー 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ ピクシスジョイ 魂動デザイン NISMO アテンザ プロパイロット 500 VC-Tエンジン QX50 DS4クロスバック DS GLT 1シリーズ ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 いすゞ D-MAX ドライブパイロット Eクラス 自動運転 デザイン スパイダー スピードスター ヒナタ ムーヴコンテ トゥインゴ 自動運転技術 SGP 508 308 SX4 SCROSS ルーテシア ポロ レネゲード XR-PHEV IDSコンセプト Z4 VEZEL ATS キャデラック F-PACE ジャガー レジェンド CR-Z NBOXスラッシュ プレミオ アリオン ウェイク ウェイクバン ハイゼットキャディー ハイゼット GRIPZ X4 Xクラス N-WGN ビートル パイロットドライブ レヴォーグSTI マイクラ S2000 キャシュカイ 排ガス不正 ピックアップ CX-4 e-パワーシステム SUVオープン シエンタ QX ティーダ マキシマ キックス アヴァンシア ヴェヌーシア T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード ハイドロ C6 デイズ ekワゴン オーリスHV オーリス オーリスワゴン オーリスハイブリッド ステルヴィオ パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン コペン シザースドア エイプリルフール i8 SWAY 人気記事ランキング WCOTY RAV4 ラクティス カローラルミオン ラッシュ イスト iQ KOERU レヴァンテ マセラティ ギブリ 試乗インプレッション ロータリースポーツ FCV クラリティ バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX T-CROSS クロスポロ Q1 ビアンテ プレマシー オデッセイ オデッセイハイブリッド 試乗レポート スプリンター T-ROC タイグン トゥアレグ シビック・セダン プロエース パッソモーダ DS3 ピュアテック スポーツクーペ LC500h LC500 i-MMD ホンダセンシング Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX アルトワークス スペースツアラー スペースツアラーハイフンコンセプト ロゴ フィエスタ フォード KWID GO-cross GLSクーペ GLE GLEクーペ GLS LAPV レビン S660ネオクラシック 提携 XC90 ボルボ ベリーサ ホンダジェット MRJ シビックセダン シビッククーペ スマートフォーフォー スマートフォーツー FT-1 eXコンセプト イグニス ピンクプリウス イグニスHV Q50 Q60 スカイラインクーペ トゥーラン アイオニック プリウスハンター ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー CX-2 マイクロバス BUDD-e ハスラー GRMN 86GRMN キャスト コペンクーペ コペンワゴン i3 i5 商用ミニバン トラベラー エキスパート エスカレード CarPlay G90 EQ900 E-MEHARI カーオブザイヤー アクティブツアラー スヌーピー S-FR Q30 ディフェンダー オデッセイHV Aクラス タントカスタム 1シリーズセダン コンパクトセダン 1シリーズ インプレッサ・セダン シビック・クーペ カー・オブ・ザ・イヤー 308SW ジェネシス Jeep サハラ クラブマン ポルシェ tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 タクシー カマル 500X TEATRO NMKV TIPO エーゲ FR エスクード ヨタハチ スターレット パサート KIKAI RX-8 マツダスポーツコンセプト コスモスポーツ RX-7 ダウンサイジングターボ エアトライサー マイティデッキ シャア専用オーリス シビック・ツアラー PHV ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ イプシロン ランチア クラスラー Gripz レガシィB4 F1 カクタスM Sクラス 3シリーズ テリオス ビーゴ アップ クロスアップ LX570 ビターラ エクスプローラー リンカーン フォーカス クーガ MKX 軽SUV XC60 V40 S60 V60 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV SHVS エネチャージ CLAシューティングブレーク CLA Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t ブースタージェット iM-4 iK-2 ボクサーハイブリッド インプレッサスポーツ コペンセロ プラドディーゼル GLK imove Applecar Apple icar セレリオ XE レビンHV DS4 DS5 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイドRS ジェイド ノートハイブリッド シャトル フィットシャトル Q3 A1スポーツバック マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 HR-V エアクロス カクタス ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド マツダコネクト ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 クロスオーバー7 エクシーガ インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti バス ワーゲンバス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ iM CX-3試乗 MX-5 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー ヴェルファイア アルファード LF-SA 124スパイダー イヴォーク イヴォークカブリオレ SA 2シリーズ フーガ ボクサーディーゼル ビート ミニ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ ディーゼルHV FIAT MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア試乗 アクアX-URBAN ムーヴ SYNAPTIQ S1 デミオセダン MIIRAI SH-AWD A9 エスクワイア 86オープン グレース フィットセダン キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ アイゴ パンダ 予防安全性能 B4 RC イエローマークX デカデカ e-Golf up! e-up! ディスカバリースポーツ ディスカバリー 500x イニシャルパリ エスパス S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI SHINARI X6 コンセプトクーペSUV Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ミラココア ESQ ジュークRS NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル セブン ケータハム 自動車保険 C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 AndroidAuto Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 ノアHV S-HYBRID フェzレディZ アクセラ納期 500L 500e ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 e-booster 10速DSG 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト CTS GM HAZUMI VEFEST e-UP! エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン ブリリア シティ パッソ+hana アクセラ試乗 TDI VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ納車 アクセラ発表後 GO レゾナンス X3 i-ROAD NM4 ゴルフカブリオレ シロッコ DKWT メルセデス・ベンツ City carplay iPhone セブン160 クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 アクセラHV テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 ゴルフヴァリアント 2014初売り 第3のエコカー クリオ ZE XVHV フィットHV試乗 アクア試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER COTY アクアG's twinup! UP! JPNTAXI フィットSUV ミニクーパー iV-4 デジール カングー メガーヌ R-space キャプテュル GC-PHEV エコドラ TOYOTOWN ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー ツインエア クライスラー BMWクーペ 2シリーズ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラーレス ミラクルオープンドア 新型タントカタログ picasso エリシオン NONE ライフ N-LIFE route3 AYLA UFC フィット発表後 プリクラッシュセーフティ THSⅡ CMF GOLF7 ゴルフスポーツバン GOLF マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 クラウンHV モモタロウ レジーナ ガンダム GT カローラHV スマートアシスト LF-CC SUPERGT カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH ポルテ スペイド ハイブリッド戦略 アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 i-DCD ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZROOX DAYZ試乗 DAYZ モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ 自動車保険ランキング チューリッヒ 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ショコラ ラパン N N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ発表後 アテンザ納期 IS300h ekカスタム DAYZライダー DAYZハイウェイスター ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 スポーツハイブリッド Twizy 超小型モビリティ 次期CR-V フェンダー エコスーパーチャージャー マクラーレン ロータス 電気自動車 トゥイジー iBeetle RDX ブルーモーション フォレスターライブ ニュルブルクリンク D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 DSルビス PSA FT-HT ノッテコニッサン 乗りかえ割 DIT メビウス アコードPHEV ハイランダー パスファインダー ムーヴ試乗 スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ 投票 ノート試乗 モコ フェラーリ ラ・フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン 前田敦子 オッティ D-R エコクール スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! トライトン Aクラス試乗 ベンツAクラス シビックワゴン クラウン発表後 クラウン試乗 HS250h クロスオーバー ジュークニスモ アテンザレース 2012まとめ 特別編集 ドラえもん パジェロミニ THS フォレスター試乗 ジェッタ ブラジル FX JX NONE試乗 アテンザ試乗 3シリーズ UP!試乗 イーステクノロジー JUKE ワゴンR試乗 ワゴンR発売後 RJC ベンツBクラス FIAT500 Nスポ セレナハイブリッド セレナ試乗 セレナ発売後 マイクロハイブリッド UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー NONE納期 アテンザムービー ラティオ 新興国 XV開発者インタビュー GTI NBOX+ ドゥエットッタンタ POLO i-ACTIVSENSE XV発表後 eQ 値引き AWD XV試乗 成長戦略 フィットEV バーソ フィールダー アクシオ ワゴンR発表後 SKYACTIV説明 320d kangoo fluence twizy ZOE PMTS S-cross 市販版アテンザ NBOX+発売後 C-MAX NBOX+カスタム NBOX+納期 JUKEニスモ BRZ開発物語

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター