Sponsored Link

TOP ENTRY
Sponsored Link
Facebook
スポンサードリンク
SponsoredLink

Abarth「124スパイダー」日本発表:価格388万円〜はマツダ国内生産の恩恵?10/8発売開始!

マツダ「ロードスター」のフィアット高性能版、アバルト「124スパイダー」がついに国内発表!
既にお伝えしていますが、マツダが生産しているフィアットで、国産スポーツということになり…
アバルト124スパイダー¥
sponsored link

FCAのニュースリリースから

新型「Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)」を発表

436_news_image_124AbarthCV_46889D.jpg

  • アバルトならではのDNAを引き継いだ新たな2人乗りオープンスポーツモデル
  • マツダ・ロードスターのアーキテクチャーを基にデザイン等を独自開発したFR
  • イタリアンデザインをまとったインポートブランドとして初の国産スポーツモデル

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、アバルトブランド初のオープンスポーツモデルである新型「Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)」を、2016年10月8日(土)より全国のアバルト正規ディーラーにおいて販売開始します。当モデルは、1960年代のデビューとともに多くを魅了したオリジナルの「124スパイダー」のオマージュとして現在に蘇った新型車です。

新型アバルト124スパイダーは、本格的な2人乗りオープンカーの走りに加え、スリルとテクノロジー、安全性、イタリアンデザインを融合したモデル。アバルトならではのDNAを引き継いだ新モデルで幅広いファンを獲得することを狙います。マツダ株式会社のロードスターのアーキテクチャーをベースに、生産は同社が本社工場にて行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンションおよびステアリングフィールはFCAが独自で開発したモデルです。


sponsored link


パフォーマンスDNA:パワフルなエンジンとスポーティなトランスミッション
新型アバルト124スパイダーは、アバルト・レーシングチームの支援を得て開発され、パフォーマンス、クラフトマンシップ、技術的優位性というアバルトならではの価値を最高の形で具現化したモデルです。

卓越した運動性能を発揮すべく標準装備されているのが、機械式のセルフロッキングディファレンシャル。重量をアクスル間に集中させ、エンジンをフロントアクスルより後方に配置することで、最適なアジリティと優れたドライブフィールを実現しました。高度なメカニズムと軽量素材の使用によって車両重量を1,150kg(オートマチックモデルの場合。マニュアルモデルは1,130kg)に抑えた結果、パワーウェイトレシオはクラストップの6.2kg/hp(乾燥重量1,060kgとして)を達成しています。また、最適な重量配分により優れたフィードバックとアジリティを確保しています。

アバルト124スパイダーのサスペンションには、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリンク式を採用し、コーナリング時や減速時の安定性を高めるよう特別なチューニングを施されています。また、ステアリングのフィードバックは、パワーステアリングシステムに専用のスポーツ設定を採用することで最適化しています。

ボンネットの下に1.4リッターマルチエア4気筒ターボエンジンを搭載しており、最高出力170ps(排気量1リットル当たり約124ps)、最大トルク250Nm、0~100km/h加速は6.8秒(欧州仕様参考値)となっています。重要な要素であるエンジンノートについては、エンジンの回転数に応じて排気経路が変わる「レコードモンツァ デュアルモードエキゾーストシステム」をアクセサリー設定することで、心地よい深みのあるサウンドを実現しました。

トランスミッションは6速マニュアルと6速オートマチックの2タイプを設定。マニュアルはストロークの短いダイレクトなレバーによる速やかで正確なシフトが特長です。トルクコンバーターを採用したオートマチックは丹念なチューニングを施したことで、エンジントルクをフルに活用するとともに本格的なレーシング感覚を実現します。シフト操作は、センターコンソールのレバーでもステアリングホイールのパドルスイッチでもきわめてクイックに行うことができます。

パーフェクトな重量配分と軽量設計
新型アバルト124スパイダーは2人乗りオープンスポーツカーの新たなベンチマークとなるモデルであり、そのことは上記『パフォーマンスDNA』記載のデータが証明しています。

アバルトが長年のレース活動から得た教訓を生かし、ムダな重量を1g単位で削り取る徹底した軽量化を行いました。例えば今回採用されたアクティブボンネットシステムは、車の総重量が増えたり車体のバランスに多少の変更が生じても、歩行者衝突安全基準を満たすよう設計されています。当システムはクロスメンバーに取り付けたセンサーとエンジンルーム内の2個の小さな火薬充填部を用いるもので、歩行者との衝突を検知すると数ミリ秒で起動し、ボンネットとエンジンとの間に安全性を高める空間を確保することで、衝撃を和らげます。

スーパーカー並のメカニズムとサスペンション方式を採用
新型アバルト124スパイダーのサスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリンク式を採用し、コーナリング時や減速時の安定性を高めるよう特別なチューニングを施しています。ステアリングのフィードバックは、パワーステアリングシステムに専用のスポーツ設定を採用することで最適化しています。

当モデルのダイナミックなシャシー設定は、後輪のトラクションを最大限に引き出すもので、これによって常に最高の走りの喜びをもたらします。また、ビルシュタイン製のモノチューブショックアブソーバー、特別な設定のスプリング、オーバーサイズのアンチロールバーにより、最適なハンドリングと精度の高い走りを実現します。

ブレンボ製ブレーキシステム(フロントにアルミニウム製4ピストン対向キャリパー搭載)は、制動距離を最低限に抑えるとともに、ブレーキを長時間激しく使用した場合の耐フェード性にも優れており、常に快適かつ安全なブレーキフィールを確保しています。

純粋無雑なドライブフィール
新型アバルト124スパイダーは電子制御による最新のアクティブセーフティ装備や機能を備えています。一方でサーキット走行では、スポーツカーならではの感覚がつねに得られるようこれらの電子装備の機能をドライバーが限定することができるため、本格的なFR(後輪駆動)スポーツカーのトレードマークである機械的バランスとリニアなエンジンレスポンスを味わうことができます。

電子制御装置はドライブモードセレクターに統合されており、センターコンソールに設けたレバーを使って「ノーマル」と「スポーツ」の2つのパフォーマンスモードを切り替えることができます。「ノーマル」は日常走行向き、「スポーツ」はスポーティな走りに最適に調整されたモードです。このシステムが介入可能なパラメーターは多様で、アクセルペダルレスポンス、パワーステアリングのアシスト量、スタビリティコントロールおよびトラクションコントロールのしきい値などとなっています。オートマチック仕様ではシフトポイントやシフト速度も変更の対象となります。


sponsored link


アバルトDNAを忠実に表すデザイン:エクステリア
新型アバルト124スパイダーのデザインは、優れた機械的レイアウトを反映したものになっています。前後に長いボンネットでエンジンの重要性と170ps(250Nm)という強大なパワーを強調するとともに、オーバーハングを切り詰めることでアジリティを強調。また、パッセンジャー・コンパートメントは、リアアクスル近くまでに後退させることで、ドライバーが路面をはっきり感じられるようにしました。また、パフォーマンスを志向するデザインにもなっています。フロントバンパーの大型エアインテークやリアのディフューザー、気流改善に役立つリアスポイラーやウィンドスクリーンは風洞実験により形状を検証しました。

フロントエンドのオリジナルラインと六角形のフロントグリルは、アバルト124スパイダーの個性を主張する上で一役買っています。ボンネットのふくらみはエンジンが縦置きであることを示唆するもので、オリジナルの124 スパイダーを髣髴させるデザインとなっています。LEDヘッドライト(オプション設定)とリアライトは、昼夜を問わず当モデルの表情を豊かに演出します。また、リアライトクラスター内側にボディ同色のインサートを設けることで、光を放つリング状の面を形成しています。

アバルト124スパイダーのリアエンドには2つの特徴的な部分があります。1つはリアフェンダーとリアバンパーを継ぎ合わせた部分、もう1つは、オリジナルの124 スパイダーから特徴を引き継いだ横に長いリアライトです。上の面がトランクリッドに回り込むリアフェンダーの形状が、特徴的なリアのV字形を強調しています。

ボディカラーは全4色を設定。ソリッドカラーのホワイトとレッド、メタリックカラーのブルー、および三層コートのパールホワイトです。

17インチ アロイホイール、ウィンドスクリーンまわり、ロールバーカバーは、アバルト124スパイダーの大胆な佇まいを強調するカラーとしてガンメタリックで仕上げています。バンパーにはブラックグリルとコントラストをなすレッド仕上げのフロントスポイラーと牽引フックキャップをアクセサリーとして装着することが可能です。

アバルトDNAを忠実に表すデザイン:インテリア
シートはアルカンターラ/レザーまたはオールレザー(オプション設定)でサポート性と快適性を兼ね備えていると同時に、ドライバーがクルマのさまざまな動きを感じとることができるよう可能な限り後方に低くセッティングされています。操作部分も、アルミニウム製ペダルの位置、垂直に近いステアリングホイール、短いシフトレバーなど新型アバルト124スパイダーのスポーティなキャラクターに合致したつくりになっています。ダッシュボードには、赤い文字盤の大型タコメーターをドライバー正面の中央位置に配置し、プッシュボタンスタートシステムを採用しました。快適性の確保のためにシートヒーターを標準装備し、防音型のウィンドスクリーン、リアウインドウ、2層ソフトトップを設置することで高い遮音性能を実現しました。ソフトトップの開閉は運転席から片手で簡単に実施できます。

充実した安全装備
新型アバルト124スパイダーに標準装備している主な安全装備は以下のとおりです。
・ABS(アンチロックブレーキシステム)
緊急ブレーキ時にタイヤがロックした場合、ブレーキを踏んだままでも自動的にブレーキの解除・作動を繰り返すことでタイヤのグリップ力を回復させるとともに、クルマの走行安定性を保つ
・EBD(電子制御制動力配分システム)
制動力の前後配分を調節することで制動距離を最小限に抑え、あらゆる荷重条件下にて最適なブレーキコントロールを実現
・ESC (横滑り防止装置)
あらゆる走行条件下でコントロール性を高める。また、ドライバーによるステアリング操作と実際の進路に食い違いがあると判断すると、選択的にブレーキングを行うとともに、スロットルを制御して車を正しいラインに戻す。

なお、サーキットで走行する際は上記すべての機能を限定させることができる点も当モデルならではの特徴。クルマのバランスと運動特性をフルに活用でき、純粋でダイレクトなドライブフィールを楽しむことができます。3点式シートベルトには、締め付け力を適切に調整するコンスタントフォースリトラクター(CFR)を採用しています。

先進のインフォテインメントシステム
新型アバルト124スパイダーには、先進のインフォテインメントシステム「124 SPIDER INFORTAINMENT SYSTEM」が搭載されています。主な特徴は以下のとおりです。
・FM/AMラジオと多彩な外部機器接続によるマルチメディアオーディオ機能
・CD/DVD再生、地上デジタルTVチューナーによるTV視聴(*1)
・運転席ヘッドレストスピーカー2個を含む6スピーカーシステム
・Bluetooth対応スマートフォンとの接続によるストリーミングオーディオ、ハンズフリー通話、ショートメッセージの読上げ機能
・ナビゲーション機能(*2)と3年間の地図データ更新(*3)
・リアビューカメラとリアパーキングセンサーによる駐車支援
・7インチタッチパネルディルプレイによる停車時の使いやすい入力操作

*1 レザーシート/ナビゲーションパッケージ装着車
*2 レザーシート/ナビゲーションパッケージ装着車、またはナビゲーション用SDカードの別途購入が必要
*3 アバルト正規ディーラーでの更新作業が必要。別途手数料が生じます。


sponsored link


新型アバルト124スパイダーの概要は以下のとおりです。

<車両概要>

 アバルト124スパイダー
トランスミッション6速マニュアル6速オートマチック 
全国メーカー希望
小売価格(税込)
3,888,000円 [税抜3,600,000円]3,996,000円 [税抜3,700,000円]
 レザーシート/ナビゲーションパッケージ 216,000円[税抜200,000円]
メタリック/三層コート 54,000円[税抜50,000円]
ボディカラーホワイト(ソリッド)、レッド(ソリッド)、ブルー(メタリック)、パールホワイト(三層コート)
ハンドル位置
全長・全幅・全高4,060mm・1,740mm・1,240mm
車両重量1,130kg1,150kg
乗車定員2名
エンジン直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー
総排気量1,368cc
最高出力125 kW(170ps) / 5,500 rpm
最大トルク250Nm(25.5kgm)/2,500 rpm
燃料消費率
(JC08モード)
13.8km/ℓ12.0km/ℓ

※詳細は商品サイトをご確認ください(http://www.abarth.jp/124spider/

sponsored link


388万円〜ですか。思った以上に安いですね。
以下記事で、海外価格から430万円程度では?と予想したのですが、
abarth 124 spider primo contatto
FIAT「124Spider」の日本発売は『アバルトのみで国産車扱い』に!9月発表も430万円と高め?
400万円を下回る価格設定は、マツダが国内で生産している恩恵でしょうかね。

ただこの分だと、
海外ではマツダ「ロードスター」と同程度の価格で販売されているフィアット版は、、、
fiat124spider mazdamx5
【吉報】FIAT「124スパイダー」価格判明:なんとマツダ「ロードスター」と同価格or低価格設定!
日本国内での販売はなさそうですね…

sponsored link


以下、海外で先行発表されている、アバルト「124スパイダー」の試乗インプレッション。
アバルト「124スパイダー」試乗インプレッション【Automoto.it篇】
アバルト「124スパイダー」試乗インプレッション【Automoto.it篇】

アバルト「124スパイダー」試乗インプレッション【shmee150篇】
newcardesign.xsrv.jp wp  p 1855 preview true

sponsored link


そして、アバルト「124スパイダー」とフィアット版の比較映像も。
フィアット版vsアバルト版「124スパイダー」徹底比較インプレッション!【Autogefuhl篇】
fiat 124spider vs abarth 124spider

さらに、アバルト「124スパイダー」のデザインギャラリーも!
アバルト「124スパイダー」が欧州で受注開始;公式カタログ画像公開!
Abarth 124 Spider

フィアットの最新記事一覧は、こちらから
この記事が良かった!参考になった!という方は、「いいね!」をお願いします!


sponsored link


同じカテゴリの記事
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 


sponsored link

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ethicallifehack.blog.fc2.com/tb.php/3222-76dcd353

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

メーカー・車種別 もくじ

全記事の一覧表示/最近記事のRSS

SponsoredLink
タグクラウドとサーチ

> tags
インプレッサ 日本カーオブザイヤー スペーシアカスタム スペーシア ノートHV ノート e-POWER スイフト スイフトHV セダン カムリ EV ピックアップトラック フォーチュナー プジョー 3008 ディーゼルSUV ソリオ ソリオハイブリッド スイフトハイブリッド ノートe-POWER マークX C-HR 小型SUV C4カクタス シトロエン C4ピカソ ディーゼルミニバン メルセデス マイバッハ カブリオレ オープン トライベッカ VIZIV PHEV GVC ソリオHV ロードスターRF スポーツ タンク ルーミー ジャスティ トール RX ディーゼルハイブリッド RX-VISION グランツアラー ミニバン Vクラス トールカスタム ウィッシュ 終売 アイシス SAI FJクルーザー e-power WR-V 販売ランキング C4 X1 CX-6 CX-7 CX-9 SUVミニバン ゴルフ ティグアン レクサス UX シビックタイプR S660 シビック・ハッチバック GT-PHEV 2008 5008 124スパイダー フィアット アバルト 燃費不正 フリード+ 車中泊 bB ローグ エクストレイル ムーヴキャンバス ピクシス ピクシスジョイ 魂動デザイン セレナ NISMO RX-9 アテンザ プロパイロット 500 VC-Tエンジン QX50 DS DS4クロスバック GLT 1シリーズ ZSX S-CROSS SX-4 プリウスSUV XMコンセプト QX30 BT-50 いすゞ D-MAX 安全技術 Eクラス 自動運転 ドライブパイロット デザイン シビック・タイプR スピードスター スパイダー ムーヴコンテ ヒナタ トゥインゴ MPV 自動運転技術 SGP 308 508 SCROSS SX4 ルーテシア C3 ポロ JEEP レネゲード XR-PHEV IDSコンセプト スープラ Z4 Z5 セレナHV VEZEL キャデラック ATS F-PACE ジャガー レジェンド CR-Z NBOXスラッシュ アリオン プレミオ ウェイク ハイゼットキャディー ウェイクバン ハイゼット GRIPZ X4 ハリアー Xクラス N-WGN ビートル パイロットドライブ STI レヴォーグ レヴォーグSTI エスティマ マイクラ S2000 排ガス不正 キャシュカイ ピックアップ SUVクーペ CX-4 e-パワーシステム SUVオープン LX シエンタ QX マキシマ ティーダ キックス アヴァンシア ヴェヌーシア 中国 T90 CDX 自動車ニュース マツダスピード C6 ハイドロ ekワゴン デイズ WRX オーリスワゴン オーリス オーリスHV ヴィッツHV オーリスハイブリッド アルファロメオ ジュリア ステルヴィオ パッソ UR-V BR-V コンセプトD ブーン Gクラス コペン シザースドア MINI カマロ シボレー エイプリルフール ステップワゴン i8 SWAY 人気記事ランキング カローラ WCOTY RAV4 ラクティス カローラルミオン iQ イスト ラッシュ スイフトスポーツ KOERU レヴァンテ マセラティ ギブリ 試乗インプレッション ロータリースポーツ クラリティ FCV バレーノ アクセラSUV アテンザSUV MDX T-CROSS クロスポロ アウディ Q2 Q1 ビアンテ プレマシー オデッセイハイブリッド 試乗レポート オデッセイ スプリンター トゥアレグ タイグン T-ROC シビック・セダン ハイラックス プロエース パッソモーダ DS3 ピュアテック LC500h スポーツクーペ LC500 A1 ホンダセンシング i-MMD コンパクトSUV Cクラス・コンバーチブル Cクラス GLC ベイビーNSX アルトワークス スペースツアラー スペースツアラーハイフンコンセプト ロゴ フィエスタ フォード パジェロ ランサー KWID GO-cross GLS GLSクーペ GLEクーペ GLE LAPV レビン S660ネオクラシック 提携 XC90 ボルボ ベリーサ MRJ ホンダジェット シビックセダン シビッククーペ スマートフォーツー スマートフォーフォー FT-1 eXコンセプト マイルドハイブリッド イグニス ピンクプリウス イグニスHV Q50 Q60 スカイラインクーペ トゥーラン プリウスハンター アイオニック ヒュンダイ プレシジョン キャプチャー パジェロスポーツ アウトランダーPHEV レンジエクステンダー CX-2 BUDD-e マイクロバス 初売り オートサロン ハスラー 86GRMN GRMN キャスト コペンワゴン コペンクーペ i3 i5 商用ミニバン トラベラー エキスパート CarPlay エスカレード G90 EQ900 E-MEHARI カーオブザイヤー アクティブツアラー スヌーピー S-FR Q30 ランドローバー ディフェンダー オデッセイHV Aクラス タントカスタム 1シリーズ 1シリーズセダン コンパクトセダン インプレッサ・セダン シビック・クーペ カー・オブ・ザ・イヤー 308SW ジェネシス ラングラー Jeep サハラ クラブマン ポルシェ X2 tms SPG フレンチディーゼル TMS2015 タクシー カマル 500X TEATRO NMKV TIPO エーゲ FR エスクード ヨタハチ スターレット パサート シビックTYPE-R KIKAI RX-8 RX-7 マツダスポーツコンセプト コスモスポーツ ダウンサイジングターボ クラウン エアトライサー マイティデッキ HCCI シャア専用オーリス シビック・ツアラー PHV ゴルフGTE GTE エスクードノマド VITARA シャラン CX-5クーペ クラスラー ランチア イプシロン フェアレディZ Gripz XVハイブリッド レガシィB4 F1 カクタスM Sクラス 3シリーズ テリオス ビーゴ アップ クロスアップ ジープ ランドクルーザー LX570 ビターラ クーガ MKX エクスプローラー リンカーン フォーカス 軽SUV V40 XC60 V60 S60 スーペルレッジェーラ ソリオ・ハイブリッド パサートディーゼル 208 IS シエンタHV SHVS エネチャージ CLAシューティングブレーク CLA Google グッドウッド ミラジーノ RC200t IS200t iK-2 ジムニー iM-4 ブースタージェット ボクサーハイブリッド インプレッサスポーツ コペンセロ プラドディーゼル ランドクルーザープラド GLK imove Applecar icar Apple セレリオ XE レビンHV DS5 DS4 コンパクトFRスポーツ 東京モーターショー2015 ジェイドRS ジェイド ノートハイブリッド フィットシャトル シャトル Q3 A1スポーツバック AUDI マカン メルセデスAMG シエンタハイブリッド GEN2 ランサーエボリューション HR-V カクタス エアクロス ムラーノ ムラーノハイブリッド iA スカイアクティブハイブリッド マツダコネクト ラニア 308Rハイブリッド オーリス試乗 エクシーガ クロスオーバー7 インプレッサスポーツハイブリッド エクストレイルハイブリッド サイオン スカイラインクロスオーバー infiniti ワーゲンバス バス サイオンiA カローラフィールダー カローラアクシオ NX iM CX-3試乗 MX-5 アルトターボRS 1series カジャール 308GT ジュネーブモーターショー アルファード ヴェルファイア LF-SA 124スパイダー イヴォーク レンジローバー イヴォークカブリオレ SA 2シリーズ フーガ ボクサーディーゼル ビート ミニ ロードスター試乗 マクラーレンホンダ ディーゼルHV FIAT MIRAI カイエン 911 TT スタイルLB ピンククラウン 販売台数ランキング カローラ店 トヨタ初売り ネッツ マツダ初売り スバル初売り ホンダ初売り ダイハツ初売り 日産初売り J-STYLE スズキ初売り アルト試乗 ハリアーG's ストリーム 508RXH 508SW エスクァイア エスクァイア試乗 アクアX-URBAN ムーヴ SYNAPTIQ S1 グレイス デミオセダン MIIRAI SH-AWD A9 エスクワイア 86オープン グレース フィットセダン キックスコンセプト デミオ試乗 ジュリエッタ アイゴ パンダ 予防安全性能 B4 RC イエローマークX デカデカ up! e-Golf e-up! ディスカバリー ディスカバリースポーツ 500x エスパス イニシャルパリ S4 アクアミニバン ミニクロスオーバー ゴルフGTI SHINARI X6 コンセプトクーペSUV Bクラス ハイブリッドエア ヴィターラ SPA ミラココア ジュークRS ESQ NX試乗 ランドクルーザー70 ワゴンRハイブリッド スティングレー ワゴンR コミケ Sエネチャージ プリウスオープン 販売ラインキング NX200t デミオディーゼル ケータハム セブン 自動車保険 C1 シエナ LEVORG LEVORG試乗 GLA GLA試乗 ケイマン 燃料電池車 AndroidAuto Carplay コペン試乗 C-X17 ルマン ルマン24時間 FCEV プリウスFCV アクセラ発売後 ヴィッツ試乗 ハッチバック XL1 S-HYBRID ノア ノアHV フェzレディZ アクセラ納期 500L 500e ハリアーHV ハリアー試乗 e-NV500 10速DSG e-booster 86open ご当地ナンバー 4C チェロキー ヴォクシー 洗車不要 インテリジェントドライブ 新型車解説 TTオフロード コンセプトB ラニアコンセプト GM CTS HAZUMI e-UP! VEFEST エコスポーツ ブルーバード エククワイア A3 GT500 2008DKR エネチャージ2 ミト LF-NX 低燃費エンジン シティ ブリリア パッソ+hana アクセラ試乗 ランエボ TDI VIZIV2 消費税 自動車取得税 アクセラ発表後 アクセラ納車 燃費ランキング GO レゾナンス X3 i-ROAD NM4 ゴルフカブリオレ シロッコ DKWT メルセデス・ベンツ City iPhone carplay セブン160 i-ELOOP クロスハイカー エネチャージⅡ 2クーペ BMW2 twingo 108 CITY ゴルフR i-DAYZ パンダクロス ノア試乗 XS-1 デイズルークス レヴォーグ試乗 アクセラHV テリオスキッド Q40 ekスペース ヴォクシー試乗 エルグランド VEZEL試乗 ティアナ スポーツセダンコンセプト ハスラー試乗 新車販売ランキング アイサイト ゴルフヴァリアント 2014初売り 第3のエコカー クリオ e-tron ZE XVHV アクア試乗 フィットHV フィットHV試乗 クロススポーツ ハスラークーペ X-LANDER COTY アクアG's twinup! UP! JPNTAXI フィットSUV ミニクーパー iV-4 カングー デジール メガーヌ R-space キャプテュル GC-PHEV エコドラ TOYOTOWN ブレイドグライダー 痛車 FV2 AR エックスランダー クライスラー ツインエア BMWクーペ 2シリーズ DUNK CB400 スズキ「 アクセラ公式動画 86セダン 島耕作 ゴルフ7 ザ・ビートル・ターボ アクセラディーゼル 次世代アイサイト ミラクルオープンドア ミラーレス スライドドア 新型タントカタログ picasso エリシオン NONE N-LIFE ライフ route3 AYLA UFC フィット発表後 THSⅡ プリクラッシュセーフティ プラド CMF GOLF GOLF7 ゴルフスポーツバン マジェスタ フィットHV発表後 エクストレム A3スポーツバック IS350 クラウンHV モモタロウ レジーナ ガンダム GT カローラHV スマートアシスト SUPERGT LF-CC カローラHV発表後 クロスフィールダー Infiniti まとめ記事 ゴルフ試乗 衝突回避システム WISH スペイド ハイブリッド戦略 ポルテ アコードHV デュアルジェットエンジン 次期アクセラ コンセプト・アクティブ・ツアラー コンセプトアクティブツアラー 次期フィット アコードHV試乗 i-DCD ロードバイク 設備投資 新型車まとめ DAYZ試乗 DAYZ DAYZROOX モジュラーコンセプト パワー88 中期経営計画 モジュール マーチニスモ 自動車保険ランキング チューリッヒ 天然ガス 208GTi 208XY アコードPHV ラパン ショコラ N リコール N-ONE カローラハイブリッド 1週間記事まとめ 小型ディーゼル アテンザ納期 アテンザ発表後 IS300h ekカスタム DAYZライダー DAYZハイウェイスター ヴァンガード ベタープレイス XVHV試乗 スポーツハイブリッド 超小型モビリティ Twizy 次期CR-V フェンダー エコスーパーチャージャー マクラーレン ロータス トゥイジー 電気自動車 iBeetle RDX ブルーモーション ニュルブルクリンク フォレスターライブ D-X CX-5納車 ME.WE 寄居工場 DSルビス PSA アルティマ FT-HT 乗りかえ割 ノッテコニッサン DIT メビウス アコードPHEV ハイランダー パスファインダー ムーヴ試乗 スペーシア試乗 トッポ ルークス シンメトリカルAWD X-MODE 広島カープ 投票 ノート試乗 モコ ラ・フェラーリ フェラーリ コンパクトモビリティ ショッキングピンククラウン 前田敦子 オッティ D-R エコクール スズキグリーンテクノロジー ラフェスタ スペースUP! クロスUP! トライトン Aクラス試乗 ベンツAクラス シビックワゴン クラウン発表後 クラウン試乗 HS250h クロスオーバー ジュークニスモ アテンザレース 2012まとめ 特別編集 ドラえもん パジェロミニ THS フォレスター試乗 ジェッタ ブラジル FX JX NONE試乗 アテンザ試乗 3シリーズ UP!試乗 イーステクノロジー JUKE ワゴンR発売後 ワゴンR試乗 RJC ベンツBクラス FIAT500 Nスポ マイクロハイブリッド セレナ発売後 セレナ試乗 セレナハイブリッド UP!試乗レポート ノート開発者インタビュー NONE納期 アテンザムービー ラティオ 新興国 XV開発者インタビュー GTI NBOX+ ドゥエットッタンタ POLO i-ACTIVSENSE XV発表後 eQ 値引き AWD XV試乗 成長戦略 コンパクト フィットEV バーソ プリウスα納期 フィールダー アクシオ プチバン ワゴンR発表後 SKYACTIV説明 320d fluence kangoo ZOE twizy PMTS S-cross 市販版アテンザ NBOX+発売後 86納期 C-MAX NBOX+カスタム NBOX+納期 BRZ納期 JUKE-R JUKEニスモ BRZ開発物語 アクア納車後 スバル人気記事 日産人気記事 三菱人気記事 記事一覧 i-stop ハイブリッド4 プリウスα試乗 フィットシャトルHV フィットシャトル試乗 アルティス ピクシスセダン EVハイブリッド RX8 THSⅢ ディーゼル人気記事 アクア人気記事 トヨタ人気記事 マツダ人気記事 ホンダ人気記事 ニューモビリティコンセプト

NEWCAR-DESIGN
最新エントリーカレンダー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター